STORE

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

最終更新日:

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

枝毛は薄毛になりやすい状態のサインでもあります。男性の枝毛の原因と対策法。

何気なく抜けた髪を見たら、先端が分かれていた、という経験はありませんか。髪の毛の、主に毛先部分が枝分かれした状態になる「枝毛」は、髪の水分がなくなって髪が裂けやすくなると発生します。

「他人から見てもわかりづらいものだから気にしない」と感じる人もいるかもしれませんが、実は、枝毛ができる状態は薄毛(ハゲ)になりやすい頭皮の状態と一致します。薄毛(ハゲ)予防のためにも、枝毛を見つけたら対策が必要です。枝毛ができる4つの原因と対策方法をご紹介します。

sec.1 原因1:カラーリングや縮毛矯正などのダメージ

原因1:カラーリングや縮毛矯正などのダメージ

カラーリングや白髪染め、縮毛矯正を行なうと髪は少なからず傷み、枝毛になることもあります。カラーリングでなぜ髪がダメージを受けるのか、その原因を知りましょう。

髪ダメージの原因
■ カラーリング
髪の表面層、キューティクルは髪の毛をウロコ状に覆って保護しています。カラーリングの際はキューティクルをアルカリ液の作用によって開き、髪の内部に着色料を入れて定着させて髪に色をつけています。
色をつけるためにはキューティクルを開く必要があるのですが、キューティクルが開くとさまざまな問題が起こります。髪の保護ができなくなり、内部に閉じ込めていた水分や髪を構成する成分も外に流れ出るのです。水分を失った髪は乾燥してパサパサと見た目もさわり心地も悪くなります。
さらに髪の内部に浸透した着色料は、キューティクルの内部の層、コルテックスにもダメージを与えます。コルテックスは髪の毛の太さや固さに関わるタンパク質の層で、髪の毛の約8割はコルテックスでできています。いわば「髪の中味」ともいえるコルテックスが傷むことで髪は弱り、枝毛ができやすい状態になります。
■ 縮毛矯正
縮毛矯正の仕組みは還元剤で髪の毛のキューティクルを開いてアミノ酸の結合を切断し、高熱のヘアアイロンで切断したアミノ酸を再び結合させるというものです。
髪を形づくるアミノ酸の結合を切断するため、髪はかなりダメージを受けます。また、薬剤でキューティクルを開くため、髪内部の水タンパク質や水分が流れ出てて枝毛が生じやすくなります。
2か月に1度程度なら問題なし
個人差はありますが、カラーリングや縮毛矯正の頻度が2か月に1度程度ならば、髪へのダメージも許容範囲で済みます。逆に言えば、1か月以内にカラーリングを繰り返し行った場合、髪にダメージが蓄積しやすくなり、髪の傷みは深刻化します。枝毛だけでなく、切れ毛や抜け毛の症状も心配です。
なお、髪は1か月に1cmほど伸びますから、2か月おきに染めるのであれば2cm分しか伸びておらず、伸びてきた染めていない髪がまだ目立ちにくい状態でカラーを入れなおせます。
髪の健康を考えれば、カラーリングや縮毛矯正をしないのが理想ではありますが、使うのならば「早くても2か月に1回程度」の頻度を守りましょう。
また、安価なカラーリング剤ほど刺激が強く、色をつけることだけを優先して髪の保護に配慮していない傾向があります。ダメージが激しいと感じるなら、カラーリング剤の見直しや美容室で施術を受けることの検討をおすすめします。
また、カラーリングや縮毛矯正を施した後は入念にヘアケアを行なうことが大切です。一度傷んだ髪の毛は元に戻りませんが、ヘアケアによってダメージの進行は予防できます。

sec.2 原因2:紫外線のダメージ

紫外線は肌の日焼けだけではなく、髪にも重大なダメージを与えます。

紫外線によりタンパク質の結合力が弱る
紫外線を浴びた髪では、化学結合レベルの変化が起こります。髪を構成するアミノ酸の一種、シスチンは紫外線によって酸化し、変質します。シスチンはタンパク質とタンパク質とをつなぐ役割(シスチン結合)を果たしているのですが、変質すると「システイン酸」という物質が生成され、正常な髪と比べて結合力が弱まります。結合がほどけやすい髪、わかりやすく言うとちぎれたり折れたりしやすい、もろく弱い髪になるのです。

なお、一度システイン酸が発生した髪は元の状態には戻らず、新たに毛が生え変わるまでダメージは修復されません。
日焼け対策で髪のダメージを軽減
紫外線ダメージの予防には、肌とともに髪へのUVケア(日焼け対策)が有効です。
たとえば、スプレータイプの日焼け止めは髪を紫外線から守るために有効です。手軽に使って髪全体を保護できます。ただし紫外線ダメージを軽減する効果は2~3時間しか持続せず、また汗などの水分で容易に流れるため、ときどきつけ直しましょう。

スプレーだけでなく、帽子や日傘などで直射日光を防ぐのも効果的です。

sec.3 原因3:髪を乾かさないことによるダメージ

入浴後の髪にドライヤーを使わず、自然乾燥にまかせていると、髪と頭皮は深刻なダメージを抱えます。濡れた状態が長いので水分を保てると勘違いする人もいるようですが、髪はむしろ乾燥しやすくなります。

濡れたままの髪はキューティクルが開きっぱなしに
髪を守るキューティクルは、水分と熱で開く性質があります。髪が濡れたままの状態ではキューティクルは開きっぱなしで、水分で柔らかくなって剥がれやすい状態でもあります。もし濡れたままの状態で眠ると、頭と枕の間で髪同士が擦れあい、キューティクルが剥がれ落ちる機会が増えます。
剥がれたキューティクルは再生することはできず、剥がれた部分から中の水分が流出し、外部からの刺激に弱くなります。
雑菌の繁殖
頭皮には常在菌と呼ばれる様々な種類の菌が存在しています。これらの菌は髪の環境を整えるために必要な存在なのですが、水分が多いと過剰に繁殖し、頭皮の衛生状態を悪化させます。髪を自然乾燥にまかせていると、乾くまでのあいだに菌は繁殖し続けます。

菌が過剰繁殖した頭皮はかゆみが発生し、手で掻くことによって頭皮の表面が傷つくこともありますし、悪臭の原因にもなります。
正しい乾かし方で素早く負担なく
これらの問題への対策として、自然乾燥まかせはやめて、髪をきちんと乾かしましょう。入浴後はタオルで水分を拭き取ってからドライヤーで髪を乾かすのが望ましいです。濡れたままの状態を脱するために、手短に、効率よく乾かすのを意識してください。

ただし、ドライヤーの使い方が悪いと別のトラブルが起きるので要注意です。

sec.4 原因4:誤ったドライヤーの使い方によるダメージ

原因4:誤ったドライヤーの使い方によるダメージ

ドライヤーの熱は髪へのダメージとなります。ドライヤーを使うこと自体、ではなく、間違った使い方による過剰な熱がダメージとなるのです。

ドライヤーは温めすぎに注意
ドライヤーは髪の余分な水分を吹き飛ばして髪を乾かします。ただし、温風を当てすぎると髪に必要な水分まで吹き飛ばし、キューティクルを傷つけます。結果、髪は乾燥し、枝毛が発生しやすくなります。
素早く済ませる、少し湿っている程度がベスト
ドライヤーの温風は髪から最低20cm離して使い、同じ部分にあてるのは2秒まで、それ以上当て続けないことを守ってください。

ドライヤーは髪が完全に乾ききるまで使うのではなく、わずかに湿った状態で終わらせるのが適切です。完全に乾いたと感じるころには、髪はすでに乾燥しすぎの状態です。
また、キューティクルは熱によって開く性質があるため、仕上げに冷風に切り替えて髪全体に当てましょう。開いたキューティクルが収縮して再び髪を保護する状態に戻りますし、髪にこもった熱も冷めるため、予熱による髪の乾燥を防げます。

sec.5 枝毛を防いで薄毛(ハゲ)を予防

枝毛は髪のダメージや乾燥が原因で起こります。枝毛自体には不便や不都合を感じないかもしれませんが、枝毛になるほど髪がダメージを受けている状態では頭皮にもかなりダメージが蓄積されており、薄毛(ハゲ)症状を引き起こすには充分すぎるほど危険な状態です。

枝毛ができる原因は頻繁なカラーリング、紫外線に晒すこと、髪の自然乾燥(濡れたままの状態)や間違ったドライヤーの使い方などがあります。まずは自分の生活を見直し、どれが原因かを把握しましょう。ひとつではなく複数の原因が該当する人もいるかもしれません。思い当たるものを改善することで、自ずと枝毛は数が減り、やがて枝毛のない髪に戻るでしょう。

この記事の監修
アンファー株式会社

関連コラム

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

「頭頂部の地肌が、透けて見えるようになってきた」「円形脱毛症になった部分が、病後も気になる」など部分的な薄毛についてお悩みの方のために、スカルプDのスタッフがおすすめのカバー方法をご紹介します。

CHECK

AGAと壮年性脱毛症に違いはあるのか?30代以降の薄毛対策5つのポイント

AGAと壮年性脱毛症に違いはあるのか?30代以降の薄毛対策5つのポイント

CMや広告でよく耳にする「AGA(エージーエー)」や「壮年性脱毛症」。今回はそれぞれに違いがあるのか?また、その対策について解説します。

CHECK

薄毛原因と対策8選!薄毛の原因は遺伝だけではなかった

薄毛原因と対策8選!薄毛の原因は遺伝だけではなかった

薄毛を実感するタイミングや原因は人それぞれ。この記事では年代別の薄毛になる主な原因、そして薄毛対策もご紹介します。

CHECK

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛にならないためには、まず原因を正しく知ることが大切です。今の自分の状態を知りたい方は、ぜひ【危険な抜け毛&頭皮チェック】を。生活習慣の見直しや、抜け毛対策に効果的なシャンプーの選び方についてお伝えします。

CHECK

ミノキシジルとは?発毛効果や気になる副作用について詳しく解説

ミノキシジルとは?発毛効果や気になる副作用について詳しく解説

薄毛治療の現場でよく耳にする「ミノキシジル」。頭皮に関するお悩みを抱える人の中には、ミノキシジルの正体が気になっている方も多いでしょう。そこで今回は、ミノキシジルの効果や作用メカニズム、副作用について詳しくご紹介します。

CHECK

育毛剤とは?有効成分や発毛剤との違い、気になる効果も詳しく解説!

育毛剤とは?有効成分や発毛剤との違い、気になる効果も詳しく解説!

育毛剤について、よく理解しないまま使用していませんか?今回は、育毛剤に含まれている主な成分や効果、効果を最大限引き出す使い方のポイントまで徹底的に解説します。

CHECK

発毛剤は本当に効果があるの?育毛剤との違いや気になる副作用について徹底解説

発毛剤は本当に効果があるの?育毛剤との違いや気になる副作用について徹底解説

発毛剤に期待できる効果や、使用する前に知っておきたい副作用について解説します。発毛剤について知り、脱毛症を改善しましょう。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK

髪の毛が伸びるのが早い人と遅い人の3つの違い

髪の毛が伸びるのが早い人と遅い人の3つの違い

髪が伸びるメカニズムや、髪が伸びるのを早める方法についてご紹介します。

CHECK

男性注目・マカの基礎知識&「マカを飲むとハゲるの?」の不安に結論

男性注目・マカの基礎知識&「マカを飲むとハゲるの?」の不安に結論

マカの基本情報や、マカを飲むとどのように薄毛に影響するのか、マカの成分を育毛に役立てられるかどうかを解説します。

CHECK

スキンヘッドにする前に読んでほしいこと

スキンヘッドにする前に読んでほしいこと

スキンヘッドに向いている人の特徴や、スキンヘッドにするメリット・デメリットなどをご紹介いたします。

CHECK

富士額とM字型の薄毛(ハゲ)には【違い】がある 2つの見分け方とは

富士額とM字型の薄毛(ハゲ)には【違い】がある 2つの見分け方とは

富士額とM字型の薄毛の違いと、その見分け方について紹介します。

CHECK

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

薄毛(ハゲ)予防のためにも、枝毛を見つけたら対策が必要です。枝毛ができる4つの原因と対策方法をご紹介します。

CHECK

高校生が薄毛(ハゲ)になる原因とは?今からできる6つの対策法

高校生が薄毛(ハゲ)になる原因とは?今からできる6つの対策法

高校生でも薄毛になる原因や薄毛の分類、改善方法についてご紹介します。早めの対策で、健康な髪の毛を保ちましょう。

CHECK

納豆が薄毛にいいって本当? 納豆がもたらす髪への影響

納豆が薄毛にいいって本当? 納豆がもたらす髪への影響

納豆に含まれる成分はどのような効果があるのか、それらに薄毛を引き起こす原因はあるのかを詳しく検証しました。

CHECK

知らなくて平気?薄毛(ハゲ)を招く間違った糖質制限

知らなくて平気?薄毛(ハゲ)を招く間違った糖質制限

糖質制限をしたいなら、正しい方法を理解してから行なうことが大切です。そこで糖質の不足・過剰による髪や身体への弊害と、正しい糖質制限の方法についてまとめました。

CHECK

髪がパサパサな男は薄毛(ハゲ)になりやすい 夏と冬に要注意

髪がパサパサな男は薄毛(ハゲ)になりやすい 夏と冬に要注意

「髪のパサつきは何が原因か、どうすればパサつきを治せるか」。これらの2点を中心に解説します。

CHECK

毛根から血が出る理由 髪を抜くと薄毛(ハゲ)に影響するのか?

毛根から血が出る理由 髪を抜くと薄毛(ハゲ)に影響するのか?

髪を抜くとまれに出血する理由や、出血が引き金になる皮膚トラブルの説明を通して、髪を引き抜くことの危険性を知りましょう。

CHECK

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

太い毛と細い毛の見分け方や、細い毛を太くする方法について紹介します。

CHECK

湯シャンでワックスは落とせる?薄毛を予防するための髪の洗い方

湯シャンでワックスは落とせる?薄毛を予防するための髪の洗い方

湯シャンのメリットや、ワックスを使った日の洗髪方法など、頭皮にやさしい洗い方を紹介します。

CHECK

毛先の細い抜け毛が増えたら薄毛(ハゲ)進行のサイン

毛先の細い抜け毛が増えたら薄毛(ハゲ)進行のサイン

なぜ髪の成長に異常が起こるのでしょうか。そして、毛先が細い抜け毛が増えたときに有効な薄毛対策 についてもご説明します。

CHECK

生卵で薄毛(はげ)になる?1日に何個まで食べて良いのか

生卵で薄毛(はげ)になる?1日に何個まで食べて良いのか

生卵を食べることと薄毛(はげ)には、どのような関係があるのでしょうか。 についてもご説明します。

CHECK

寝癖が原因で薄毛(ハゲ)になる? 寝癖の原因と直し方を知ろう!

寝癖が原因で薄毛(ハゲ)になる? 寝癖の原因と直し方を知ろう!

どうして寝癖ができるか、どうすれば寝癖を予防できるかを解説し、寝ぐせと薄毛リスクとの関係も解き明かします。

CHECK

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

つむじ割れの原因や対処法を知り、薄毛のリスクを減らしましょう。

CHECK

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

生まれつきの猫っ毛は薄毛につながる?

猫っ毛とはどのようなものなのか?原因や対策についても解説します。

CHECK

タンパク質不足で薄毛(ハゲ)に!プロテインで髪は育つのか?

タンパク質不足で薄毛(ハゲ)に!プロテインで髪は育つのか?

タンパク質が髪に変わる流れや、薄毛対策に適したプロテインの選び方、プリテインを飲むタイミングをご紹介します。

CHECK

薄毛におすすめワックスは?ボリュームの出し方や付け方も解説!

薄毛におすすめワックスは?ボリュームの出し方や付け方も解説!

「薄毛におすすめのワックスの種類は?」「ボリュームを出せるつけ方は?」など、薄毛で、ワックスについて詳しく知りたい人のために、ワックスについてのよくある疑問を解説します。

CHECK

側頭部の薄毛(ハゲ)原因はAGAじゃなかった!症状別の効果的な改善策

側頭部の薄毛(ハゲ)原因はAGAじゃなかった!症状別の効果的な改善策

側頭部の薄毛の原因が甲状腺やAGA以外の脱毛症が関わる理由と、改善策をご紹介します。

CHECK

おでこが広くなったと感じたら…日常生活を見直しおでこ拡大を防ぐ!

おでこが広くなったと感じたら…日常生活を見直しおでこ拡大を防ぐ!

AGA以外でおでこが広くなる原因と、育毛剤を使った対策方法を紹介します。

CHECK

ヘルメットを着ける人が薄毛になる(はげる)前にできる3つのこと

ヘルメットを着ける人が薄毛になる(はげる)前にできる3つのこと

ヘルメットをかぶるとはげる可能性が高くなる理由として、摩擦、蒸れ、雑菌と3つが挙げられます。それぞれについて、詳しく検証します。

CHECK

短くて細い毛は薄毛の始まりかも?短い抜け毛の原因と減らす方法

短くて細い毛は薄毛の始まりかも?短い抜け毛の原因と減らす方法

ヘルメットをかぶるとはげる可能性が高くなる理由として、摩擦、蒸れ、雑菌と3つが挙げられます。それぞれについて、詳しく検証します。

CHECK

眠りながらヘアケアできる?ナイトキャップの効果と選び方

眠りながらヘアケアできる?ナイトキャップの効果と選び方

ナイトキャップの基礎知識や、効果についてご紹介します。

CHECK

豆乳は薄毛(ハゲ)対策に良いって本当?その栄養と大豆イソフラボンから見る育毛パワーをご紹介!

豆乳は薄毛(ハゲ)対策に良いって本当?その栄養と大豆イソフラボンから見る育毛パワーをご紹介!

豆乳の特徴とメリット、髪への影響や注意点について解説します。

CHECK

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介します。

CHECK

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

薄毛の人がパーマをかける際の注意点や、パーマが似合う薄毛タイプをご紹介します。

CHECK

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

Q 適切なシャンプー使用量と目安は?

シャンプーの使用量の目安や、適量でない場合に起こる可能性のある頭皮トラブルについて解説します。

CHECK

薄毛対策に効く食べ物とは?毎日の食事で摂りたい食品リスト

薄毛対策に効く食べ物とは?毎日の食事で摂りたい食品リスト

薄毛(ハゲ)になる食事や食習慣、予防に効果的な食べ物や食事の方法を説明します。

CHECK

ノコギリヤシの副作用って?ノコギリヤシ服用時に注意すべきこと

ノコギリヤシの副作用って?ノコギリヤシ服用時に注意すべきこと

薄毛(はげ)の予防になるのではないかと注目されているノコギリヤシについて、服用時の注意点や副作用を解説します。

CHECK