STORE

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

最終更新日:

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

sec.1 髪の毛が細くて悩む人は多い

髪の毛の太さは生まれつきの体質や環境などによって決まるので人それぞれですが、自分の髪の毛が細いと悩んでいる人は多いようです。

太い毛と細い毛の見分け方や、細い毛を太くする方法について紹介します。

sec.2 太い毛と細い毛の違い

髪の毛はいったいどのくらいから太く、どのくらいまでが細いのか、一般的な判断基準をご説明しましょう。 太い毛と細い毛では、見た目や触った時の柔らかさなど、さまざまな違いがあります。

太い毛の特徴

● 丈夫でしっかり生えている
● 少ない本数でも見た目にボリュームがある
● 硬い髪質の人に多い
● 「コルテックス」の量が多い

細い毛の特徴

● 栄養不足のため、見た目が弱々しい
● 触ると柔らかい
● 毛量があっても見た目にボリュームがない
● 「コルテックス」の量が少ない

「コルテックス」とは毛皮質ともいい、髪の表面(キューティクル)のすぐ内側で繊維状の束の集合体になっていうものです。髪の毛の7割以上はこのコルテックスでできています。コルテックスの量は生まれつきの体質にもよりますが、髪の栄養状態によっても変わります。

太い毛と細い毛の見分け方
自分の髪の毛が太いか細いか、簡単に、すぐに自分でチェックできる方法を紹介します。 自分の短い髪の毛を1本だけ抜いて横に持って毛を見る、これだけです。 ピンと張っていたら太い毛、しなっと下に垂れていたら細い毛となります。 細い毛は、コシがなく弱いので、太い毛のようにピンと横にならずに垂れるのです。

sec.3 「髪の毛が細いから薄毛になる」はウソ

ところで、「髪の毛が細いと薄毛になる」と思っていませんか? 実は髪の細さが直接薄毛の原因とはなりません。でも薄毛の状態を想像すると、細い髪の毛を想像しがちですよね。 髪の細さと薄毛とはどんな関係があるのでしょうか?

ハゲると言われる理由
■ 髪の密度が低くなる
髪の毛一本一本が細いと、髪の密度が低くなって全体にボリュームが少なめの印象になります。かなり毛量があったとしても、髪が細いために頭皮が透けて見えたり、ボリュームが少なく見えたりするので、薄毛と勘違いされがちなのです。
■ 思い込み
細い毛は抜けやすいというイメージを持っていませんか? これも迷信で、髪が細いから抜け毛が多くなる、という根拠はありません。髪の毛は、頭皮が健康な人でも1日50~100本程度抜けます。抜け毛は髪質に関係なく起きることで、「細いから抜けやすい」とは限らないのです。
■ 髪の生命力を弱く感じる
太くて硬い毛は、健康的で生命力が強いという印象を与えます。対して、細くて柔らかい毛は、生命力が弱い印象があり、薄毛のイメージと重なるのです。

sec.4 後天的に毛が細くなった場合、薄毛になる可能性が高い

このように、生まれつき髪の毛が細いからといって、それが原因で薄毛になるわけではありません。ですが後天的に毛が細くなった場合は、AGAやFAGAが関係している可能性があるので注意が必要です。 細い毛が薄毛につながる可能性がある人を紹介します。

もともと剛毛だったのに毛が細くなってきた
髪質に変化がある場合、髪の毛の成長周期・ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。ヘアサイクルが乱れると、髪の毛が太く育つ前に抜け落ちて薄毛になっていくのです。ヘアサイクルが乱れる主な原因はストレスや睡眠不足。思い当たる人は改善しましょう。
抜け毛が増えてきた
髪の毛は、ひとつの毛穴から2~3本ほど生えます。しかし後天的に毛が細くなると、今までの太い時の毛穴の広さからするとスペースが広くなるので、抜けやすくなります。
寝ぐせがつかなくなってきた
髪のハリやコシがもとで寝ぐせがつきますから、寝ぐせがつかなくなってきたときは髪が細く弱々しくなり、ハリやコシがなくなってきたことが原因かもしれません可能性があります。
一部分の髪の毛が細くなってきた
つむじ周辺や前頭部の生え際など、一部分の髪の毛が細くなるというのは、AGAの症状のhとつです。毛髪全体ではなく、特定の部分の髪の毛が細くなってきた場合は要注意です。他にも細くなっている部位がないか確認しましょう。

sec.5 細い髪の毛を改善する方法

細い髪の毛を改善する方法

髪の毛が細い人も、日々の心がけ次第で太くしてくこともできます。細い髪の毛を太くするために効果的な方法を説明します。

バランスの良い食事を摂る

細い髪を改善するには、栄養バランスが整った食事を取る習慣が大切です。髪の毛は、食べ物から得られる栄養素があってこそ、丈夫なたくましい髪に育ちます。髪の毛の材料となる栄養素の中でも、とくにタンパク質やビタミン、ミネラルが重要です。それぞれ、髪にどういった効果があるのか見てみましょう。

■ タンパク質
タンパク質は、髪や皮膚、筋肉、内臓などを作るのに欠かせません。良質なタンパク質を摂取するには、納豆や豆腐などの大豆製品や卵がおすすめです。
■ ビタミン
ビタミン類は種類が多く、育毛に関してもさまざまな効果があります。ビタミンB群は、皮脂の分泌調整や新陳代謝の促進、髪の生成サポート、タンパク質吸収促進などの効果をもたらします。ビタミンCにはアンチエイジングやコラーゲン、タンパク質の生成促進の効果があります。ビタミンEはアンチエイジング、抗炎症作用、血行促進と頭皮の健康維持に必須です。

同じビタミン類でも、それぞれ異なるはたらきをします。これらは、ブロッコリーやトマトなどの緑黄色野菜やイワシなどの青魚から効率よく摂取できます。
■ ミネラル
ミネラルの中で、とくに亜鉛は毛根でアミノ酸をケラチンに合成するサポートします。効率よく摂取するには、亜鉛の含有量が多い牡蠣が最適です。また、アーモンドやカシューナッツなどのナッツ類も亜鉛を含んでいるため、手軽に摂取できる点でおすすめです。

ふだんからインスタント食品のような偏った食事が多い人や、ダイエットで食事制限をしている人は、髪に必要な栄養を摂取するために食事を見直しましょう。
質の良い睡眠をとる
質の良い睡眠は髪を太くするのに重要です。身体の成長や回復を促進する成長ホルモンは、深い眠りに入っている時に分泌されます。睡眠不足で成長ホルモンが分泌されないと、発毛に関わる器官が回復できず、髪の成長に悪影響を及ぼします。
過度な飲酒は控える
お酒は適量なら問題ありませんが、過剰に飲み過ぎると頭皮や髪の毛に悪影響をもたらします。体内にアルコールが入ると、それを分解するためにビタミンB1大量に消費されます。その影響で、ビタミンB1不足となり、体の代謝低下や血行不良などを引き起こします。

また、アルコールは胃や腸に存在する栄養を吸収する物質のはたらきを阻害します。とくに育毛で必要なビタミン類や亜鉛などのミネラルの吸収を阻害するため、お酒を飲むなら、嗜む程度の量に抑えることを意識しましょう。目安量としては、純アルコール量で20gとされています。ビールなら中瓶1本(500ml)、清酒なら1合(180ml)、ワインなら約1.6杯(200ml)が目安です。
髪にやさしいシャンプーを使う

髪が細くなっているときは刺激に敏感になっているので、低刺激なシャンプーを選びましょう。アミノ酸系シャンプーは低刺激で、髪にハリやコシも与えてくれるので、細い髪で悩んでいる人にはとてもおすすめです。

髪の毛が細くなってくると、あわせて頭皮が刺激に対して敏感になります。これはシャンプーに含まれる界面活性剤の種類によって、頭皮にもたらされる刺激の度合いが異なるためです。そのため、頭皮に刺激を与えないように、シャンプー選びが重要になります。

■ 高級アルコール系
ラウレス硫酸Na、ラウレス-2硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸TEAなどの成分が配合されています。頭皮や髪に強い刺激をもたらすので、敏感肌や乾燥肌の人には不向きです。
■ 石鹸系
脂肪酸Na、脂肪酸K、石鹸素地などの成分が配合されています。頭皮への刺激は高級アルコール系シャンプーほどではありませんが、皮脂を過剰に落とすため、乾燥肌の人に不向きです。
■ アミノ酸系
ラウロイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸Naなどの成分が配合されています。低刺激で頭皮を傷つけにくく、洗浄力も抑えめです。そのため、体質的に皮脂が多いタイプの人には不向きです。

シャンプーは大きく分けると、このような種類があります。これらの中で、比較的刺激が少ないタイプがアミノ酸系です。デリケートな頭皮に負担をかけずに済むので、丈夫でたくましい髪が育ちやすくなります。

ただ、急にマイルドな洗浄力のシャンプーに切り替えると、洗い上がりに不安を抱くでしょう。頭皮に刺激を与えず、しっかりと皮脂などの汚れを洗い流したいなら、スカルプD スカルプシャンプー ドライがおすすめです。

スカルプD スカルプシャンプー ドライは、低刺激なのに洗浄力が抜群で、頭皮が敏感な状態でもしっかり汚れを落とせます。また、髪の毛がしっかり定着させるため、頭皮の健康を整える作用の成分を配合しています。丈夫でたくましい髪が育つ土台を整えるのに役立ちます。さらに、有効成分が頭皮内に浸透させやすくするラメラエクスパンダーを配合しています。頭皮や毛根に必要な成分をしっかり浸透させるので、髪が丈夫に育ちやすくなります。
正しい方法で洗髪する
爪を立てたり、力を入れたりする洗髪方法は、髪や頭皮を傷めるだけなのでやめましょう。 正しい洗髪方法は、指の腹を使い、強くこすりすぎないようにして洗います。汚れや皮脂をしっかり落とそうと考えるあまり、力を入れすぎたり爪を立てて激しくこすったりといった間違った洗髪をする人は多いので、一度自分の洗髪方法を見直しましょう。

sec.6 細い髪をボリュームアップさせるヘアケア

細い髪をボリュームアップさせるヘアケア

「髪の毛が細くて、ボリュームが出ない」と悩んでいる人は、ヘアケアでの改善方法に挑戦してみてください。髪をボリュームアップするためのヘアケアについて紹介します。

ショートヘアにする
髪の毛が長いと、重力によって下に引っ張られるため、ボリュームがない髪になりがちです。トップが短く、全体的に髪の重量が軽いショートヘアにするとロングヘアよりもボリューム感を出すことができます。また、ショートヘアは、スタイリングでもボリュームを出しやすいのでおすすめです。
ドライヤーを有効活用する
ドライヤーを使う時は、髪を持ち上げるようにして乾かしましょう。髪の表面から風を押し当てるようにして乾かすとペタンとしてボリュームがない髪になります。持ち上げるようにして乾かすとふんわりと仕上がり、ボリュームを出しやすくなります。
毎日丁寧に髪を洗う
しっかりと洗髪できていないと、汚れた皮脂が頭皮に蓄積されてベタついた髪になり、ボリュームダウンの原因になります。見た目にも不潔感が出るので、頭皮や髪に付着した皮脂や汚れをしっかり落とすためにも、シャンプーを使って毎日ていねいに髪を洗いましょう。

sec.7 髪の毛が成長しやすい頭皮環境を整える

頭皮が透けて見えたり、ボリュームが出なかったりといった原因になるので髪の細さをコンプレックスに感じている人は多いです。ですが髪が充分に成長するための頭皮環境が整っていれば、細い髪の毛を太くすることもできるのです。充分な栄養を摂り、質の良い睡眠をとるといった生活習慣の改善から対策を初めて、髪の毛が成長しやすい頭皮環境を作ってあげましょう。 また、後天的に髪の毛が細くなってくるのは薄毛の前兆の可能性もあります。早めにヘアケアを始めることが大切です。

この記事の監修
アンファー株式会社

関連コラム

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

「頭頂部の地肌が、透けて見えるようになってきた」「円形脱毛症になった部分が、病後も気になる」など部分的な薄毛についてお悩みの方のために、スカルプDのスタッフがおすすめのカバー方法をご紹介します。

CHECK

AGAと壮年性脱毛症に違いはあるのか?30代以降の薄毛対策5つのポイント

壮年性脱毛症とは?AGAとの違いや30代以降の薄毛対策4つをご紹介

主に中年以降の男性に発症する壮年性脱毛症について、メカニズムや対策方法をご紹介します。よく耳にする「AGA」との違いも合わせて解説するので、ぜひご覧ください。

CHECK

薄毛原因と対策8選!薄毛の原因は遺伝だけではなかった

薄毛の原因と対策を徹底解説!シャンプーや食事改善など今すぐできる方法をご紹介

シャンプー方法や効果的な食事、頭皮マッサージなど、気になる薄毛の対策方法について徹底解説していきます。併せて主な薄毛の原因や、年代ごとの薄毛の対策方法についても解説していくので、ぜひ参考にご覧ください。

CHECK

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛にならないためには、まず原因を正しく知ることが大切です。今の自分の状態を知りたい方は、ぜひ【危険な抜け毛&頭皮チェック】を。生活習慣の見直しや、抜け毛対策に効果的なシャンプーの選び方についてお伝えします。

CHECK

ミノキシジルとは?発毛効果や気になる副作用について詳しく解説

ミノキシジルとは?発毛効果や気になる副作用について詳しく解説

薄毛治療の現場でよく耳にする「ミノキシジル」。頭皮に関するお悩みを抱える人の中には、ミノキシジルの正体が気になっている方も多いでしょう。そこで今回は、ミノキシジルの効果や作用メカニズム、副作用について詳しくご紹介します。

CHECK

育毛剤とは?有効成分や発毛剤との違い、気になる効果も詳しく解説!

育毛剤とは?有効成分や発毛剤との違い、気になる効果も詳しく解説!

育毛剤について、よく理解しないまま使用していませんか?今回は、育毛剤に含まれている主な成分や効果、効果を最大限引き出す使い方のポイントまで徹底的に解説します。

CHECK

発毛剤は本当に効果があるの?育毛剤との違いや気になる副作用について徹底解説

発毛剤は本当に効果があるの?育毛剤との違いや気になる副作用について徹底解説

発毛剤に期待できる効果や、使用する前に知っておきたい副作用について解説します。発毛剤について知り、脱毛症を改善しましょう。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

育毛剤に効果はある?ない?効果が出る期間の目安や使い方など詳しく解説!

育毛剤の効果や発毛剤との違いについて徹底解説。効果的な使い方も併せてご紹介。

CHECK

髪の毛が伸びるのが早い人と遅い人の3つの違い

髪の毛が伸びるのが早い人と遅い人の3つの違い

髪が伸びるメカニズムや、髪が伸びるのを早める方法についてご紹介します。

CHECK

男性注目・マカの基礎知識&「マカを飲むとハゲるの?」の不安に結論

男性注目・マカの基礎知識&「マカを飲むとハゲるの?」の不安に結論

マカの基本情報や、マカを飲むとどのように薄毛に影響するのか、マカの成分を育毛に役立てられるかどうかを解説します。

CHECK

スキンヘッドにする前に読んでほしいこと

スキンヘッドにする前に読んでほしいこと

スキンヘッドに向いている人の特徴や、スキンヘッドにするメリット・デメリットなどをご紹介いたします。

CHECK

富士額とM字型の薄毛(ハゲ)には【違い】がある 2つの見分け方とは

富士額とM字型の薄毛(ハゲ)には【違い】がある 2つの見分け方とは

富士額とM字型の薄毛の違いと、その見分け方について紹介します。

CHECK

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

【危険】枝毛が薄毛(ハゲ)進行のサイン!?男性が枝毛になる原因4選

薄毛(ハゲ)予防のためにも、枝毛を見つけたら対策が必要です。枝毛ができる4つの原因と対策方法をご紹介します。

CHECK

高校生が薄毛(ハゲ)になる原因とは?今からできる6つの対策法

高校生が薄毛(ハゲ)になる原因とは?今からできる6つの対策法

高校生でも薄毛になる原因や薄毛の分類、改善方法についてご紹介します。早めの対策で、健康な髪の毛を保ちましょう。

CHECK

納豆が薄毛にいいって本当? 納豆がもたらす髪への影響

納豆が薄毛にいいって本当? 納豆がもたらす髪への影響

納豆に含まれる成分はどのような効果があるのか、それらに薄毛を引き起こす原因はあるのかを詳しく検証しました。

CHECK

知らなくて平気?薄毛(ハゲ)を招く間違った糖質制限

知らなくて平気?薄毛(ハゲ)を招く間違った糖質制限

糖質制限をしたいなら、正しい方法を理解してから行なうことが大切です。そこで糖質の不足・過剰による髪や身体への弊害と、正しい糖質制限の方法についてまとめました。

CHECK

髪がパサパサな男は薄毛(ハゲ)になりやすい 夏と冬に要注意

髪がパサパサな男は薄毛(ハゲ)になりやすい 夏と冬に要注意

「髪のパサつきは何が原因か、どうすればパサつきを治せるか」。これらの2点を中心に解説します。

CHECK

毛根から血が出る理由 髪を抜くと薄毛(ハゲ)に影響するのか?

毛根から血が出る理由 髪を抜くと薄毛(ハゲ)に影響するのか?

髪を抜くとまれに出血する理由や、出血が引き金になる皮膚トラブルの説明を通して、髪を引き抜くことの危険性を知りましょう。

CHECK

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

「髪が細いとハゲる」はウソ!?髪の太さと薄毛の関係、毛を太くする方法

太い毛と細い毛の見分け方や、細い毛を太くする方法について紹介します。

CHECK

湯シャンでワックスは落とせる?薄毛を予防するための髪の洗い方

湯シャンでワックスは落とせる?薄毛を予防するための髪の洗い方

湯シャンのメリットや、ワックスを使った日の洗髪方法など、頭皮にやさしい洗い方を紹介します。

CHECK

毛先の細い抜け毛が増えたら薄毛(ハゲ)進行のサイン

毛先の細い抜け毛が増えたら薄毛(ハゲ)進行のサイン

なぜ髪の成長に異常が起こるのでしょうか。そして、毛先が細い抜け毛が増えたときに有効な薄毛対策 についてもご説明します。

CHECK

生卵で薄毛(はげ)になる?1日に何個まで食べて良いのか

生卵で薄毛(はげ)になる?1日に何個まで食べて良いのか

生卵を食べることと薄毛(はげ)には、どのような関係があるのでしょうか。 についてもご説明します。

CHECK

寝癖が原因で薄毛(ハゲ)になる? 寝癖の原因と直し方を知ろう!

寝癖が原因で薄毛(ハゲ)になる? 寝癖の原因と直し方を知ろう!

どうして寝癖ができるか、どうすれば寝癖を予防できるかを解説し、寝ぐせと薄毛リスクとの関係も解き明かします。

CHECK

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

つむじ割れの原因や対処法を知り、薄毛のリスクを減らしましょう。

CHECK

気になるつむじ割れ…将来薄毛(ハゲ)の原因になるかも?

生まれつきの猫っ毛は薄毛につながる?

猫っ毛とはどのようなものなのか?原因や対策についても解説します。

CHECK

タンパク質不足で薄毛(ハゲ)に!プロテインで髪は育つのか?

タンパク質不足で薄毛(ハゲ)に!プロテインで髪は育つのか?

タンパク質が髪に変わる流れや、薄毛対策に適したプロテインの選び方、プリテインを飲むタイミングをご紹介します。

CHECK

薄毛におすすめワックスは?ボリュームの出し方や付け方も解説!

薄毛におすすめワックスは?ボリュームの出し方や付け方も解説!

「薄毛におすすめのワックスの種類は?」「ボリュームを出せるつけ方は?」など、薄毛で、ワックスについて詳しく知りたい人のために、ワックスについてのよくある疑問を解説します。

CHECK

側頭部の薄毛(ハゲ)原因はAGAじゃなかった!症状別の効果的な改善策

側頭部の薄毛(ハゲ)原因はAGAじゃなかった!症状別の効果的な改善策

側頭部の薄毛の原因が甲状腺やAGA以外の脱毛症が関わる理由と、改善策をご紹介します。

CHECK

おでこが広くなったと感じたら…日常生活を見直しおでこ拡大を防ぐ!

おでこが広くなったと感じたら…日常生活を見直しおでこ拡大を防ぐ!

AGA以外でおでこが広くなる原因と、育毛剤を使った対策方法を紹介します。

CHECK

ヘルメットを着ける人が薄毛になる(はげる)前にできる3つのこと

ヘルメットを着ける人が薄毛になる(はげる)前にできる3つのこと

ヘルメットをかぶるとはげる可能性が高くなる理由として、摩擦、蒸れ、雑菌と3つが挙げられます。それぞれについて、詳しく検証します。

CHECK

短くて細い毛は薄毛の始まりかも?短い抜け毛の原因と減らす方法

短くて細い毛は薄毛の始まりかも?短い抜け毛の原因と減らす方法

ヘルメットをかぶるとはげる可能性が高くなる理由として、摩擦、蒸れ、雑菌と3つが挙げられます。それぞれについて、詳しく検証します。

CHECK

眠りながらヘアケアできる?ナイトキャップの効果と選び方

眠りながらヘアケアできる?ナイトキャップの効果と選び方

ナイトキャップの基礎知識や、効果についてご紹介します。

CHECK

豆乳は薄毛(ハゲ)対策に良いって本当?その栄養と大豆イソフラボンから見る育毛パワーをご紹介!

豆乳は薄毛(ハゲ)対策に良いって本当?その栄養と大豆イソフラボンから見る育毛パワーをご紹介!

豆乳の特徴とメリット、髪への影響や注意点について解説します。

CHECK

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介します。

CHECK

薄毛でもパーマをかけていい?注意点やパーマが似合う薄毛タイプを紹介

薄毛でもパーマをかけていい?注意点やパーマが似合う薄毛タイプを紹介

薄毛の人がパーマをかける際の注意点や、パーマが似合う薄毛タイプをご紹介します。また、薄毛のメンズに似合う髪型も解説。

CHECK

男性の薄毛が目立たない髪型を写真付きで紹介|スタイリング方法も!

Q 適切なシャンプー使用量と目安は?

シャンプーの使用量の目安や、適量でない場合に起こる可能性のある頭皮トラブルについて解説します。

CHECK

薄毛対策に効く食べ物とは?毎日の食事で摂りたい食品リスト

薄毛対策に効く食べ物とは?毎日の食事で摂りたい食品リスト

薄毛(ハゲ)になる食事や食習慣、予防に効果的な食べ物や食事の方法を説明します。

CHECK

ノコギリヤシの副作用って?ノコギリヤシ服用時に注意すべきこと

ノコギリヤシの副作用って?ノコギリヤシ服用時に注意すべきこと

薄毛(はげ)の予防になるのではないかと注目されているノコギリヤシについて、服用時の注意点や副作用を解説します。

CHECK