STORE

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

最終更新日:

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

「頭頂部の地肌が、透けて見えるようになってきた」「円形脱毛症になった部分が、病後も気になる」……お客様からよく伺う、部分的な薄毛についてのお悩み。帽子や髪型などでカバーを試みてはいるものの、周りの視線を感じて気疲れしてしまったり、外出が憂鬱になってしまったりするなど、毎日の生活の中でも常に不安を抱えていらっしゃるようです。そこで、スカルプDのスタッフがいろいろなカバーの方法を検証! 最もおすすめのカバー方法をご紹介します。

sec.1 部分的な薄毛を隠す方法を、4つのポイントから検証!

部分的な薄毛を隠すために、ベストな方法は何か? よくある方法を、4つのポイントから検証してみました。

★カバー度:気になる場所をどれだけ隠せるか 
★自然さ:仕上がりが自然で、違和感がないか
★頭皮環境:頭皮に優しく、抜け毛リスクが少ないか 
★コスト:お金がかからないか

帽子やスカーフなどを使う
カバー度◯ 自然さ△ 頭皮環境△ コスト△
帽子やスカーフは、かぶればすぐに気になる部分を隠すことができ、頭全体を覆えるので、気になる部分が複数あっても安心。ハットやキャップなど形や色も豊富で、ファッション的にも楽しめます。ただし、カジュアルな印象になりやすいためビジネスシーンではNGになることも多いですし、TPOによっては取ったり外したりしなければなりません。また、帽子やスカーフの素材によっては静電気が起こったり、頭が汗で蒸れたりして、頭皮のトラブルに繋がりやすい点も要注意です。
気になる部分が隠れる髪型にする
カバー度△ 自然さ△ 頭皮環境△ コスト◯
髪の毛を長く伸ばして薄さが気になる部分にかぶせる、パーマなどで髪のボリュームを出すというのも、よく伺う隠し方の一つ。また、髪をしばったり編み込みにしたりして、薄毛部分の上でひとまとめにする、というヘアアレンジがHPなどでも多く紹介されています。ただ、風などで髪がなびくと、地肌が見えてしまう可能性があり、不安で気が休まらないことも多いようです。また、髪をきつくしばり続けると、特定の部分の頭皮に負担がかかり、そこから毛が抜ける「牽引性脱毛症」に繋がってしまうこともあります。
ウィッグ(かつら)を使う
カバー度◎ 自然さ△ 頭皮環境△ コスト×
すっぽりかぶって頭全体を覆い隠せる「全体用」と、気になる部分だけをカバーする「部分用」の2種類があり、どちらもカバー力は万全です。ただ、全体用はかぶるとかなりイメージが変わってしまう上、帽子と同じく汗で蒸れやすいのが難点。また、部分用は自分の髪質と似たものを選ぶのがなかなか難しく、不自然になってしまいがちです。オーダーメイドのウィッグなら、自然な感じにカモフラージュすることができ、通気性などにも優れていますが、比較的高額のため、コストパフォーマンスが悪くなりがちです。

sec.2 簡単・自然にカバーできる「ブラックカバースプレー」

結局、隠すにはどうしたらいいの……?と悩む方に、スタッフがベストな方法としておすすめするのは「ブラックカバースプレー」。一般的に増毛スプレーや薄毛スプレー、白髪用スプレーなどと呼ばれ、黒い粉状の樹脂を噴射して色をつけ、薄毛部分や白髪を隠すアイテムです。

ブラックカバースプレーを使う
カバー度〇 自然さ〇 頭皮環境〇 コスト◎
ブラックカバースプレーの長所は、何といってもお手軽感。気になる部分に吹きつけるだけで、ピンポイントでカバーすることができます。以前は「水に弱い」「平面的にベタっと色が付く」といった弱点が指摘されていましたが、現状ではかなり改良が進み、弱い雨や通常の汗では落ちないものや、立体的で自然な質感を出せるものが多く登場しています。また、気にならなくなったらすぐに使用をやめられるのもメリット。円形脱毛症の病後など、一時的にカバーしたい、というような場合も、無駄な出費がなく効率的にケアができます。

スカルプDが開発した「ブラックカバースプレー」は、ミクロの粉末とナチュラルブラックの樹脂が立体的な髪質感を出し、地肌を自然に目立たなくします。雨や汗では落ちにくいのに、シャンプーでさっと洗い流せる手軽さも魅力。頭皮をケアする保湿成分も配合されています。

ブラックカバースプレー

スカルプD ブラックカバースプレー
価格:¥2,343(税込)
◆気になる部分を自然に簡単カバー&髪型キープ
◆雨・汗でも落ちにくい
◆洗い流しが簡単
◆髪馴染みのいいナチュラルブラック
◆髪のハリコシをアップする、ナノプロテイン※1を配合
◆頭皮環境の悪化※2を防ぐ、スカルプモイスト成分※3を配合
◆爽やかなグリーンフローラルの香り

※1 加水分解ケラチン(羊毛)、イソステアロイル加水分解シルクAMP、加水分解ダイズタンパク  ※2 頭皮の乾燥  ※3 豆乳発酵液、グリセリン(保湿成分)

詳しくはこちら

sec.3 スタッフが実証。「ブラックカバースプレー」の効果は…?

「ブラックカバースプレー」をはじめとした、スカルプDのスタイリングシリーズは、360°の全方位から「増えみせ」ができるスタイリングが可能です。

【薄毛が気になるスタッフが、実際に使用してみました!】
使用アイテム:スカルプD ブラックカバースプレー+スカルプD ハードワックス
①洗髪後、ふわっと立ち上がるような形に髪の毛をセット
②ハードワックスで、空気感をキープしながら整える
③ブラックカバースプレーを、気になる地肌の部分が隠れるまで噴射する
④5分間乾燥、またはドライヤーで乾かす

頭頂部/Before

頭頂部/Before

頭頂部/After

頭頂部/After

透けていた地肌が隠れ、頭頂部の髪がボリュームアップ! 一気に若々しい印象に

正面/Before

正面/Before

正面/After

正面/After

ペタッとした印象だった髪も、しっかりと立ち上がってボリュームキープ。スタイリッシュなヘアスタイルに!

ブラックカバースプレーで、気になる部分をしっかりカバー。さらになりたいイメージに合わせたセット使いをすることで、よりご自分の理想に合ったヘアスタイルが実現できます。

  • 地肌を隠し、
    髪を太く見せる。

    PRODUCTS

    スカルプD 
    ブラックカバースプレー

  • マットで、
    ハードな仕上がりへ。

    PRODUCTS

    スカルプD 
    ハードワックス

  • 自然なツヤ感で、
    自在にアレンジ。

    PRODUCTS

    スカルプD 
    アレンジワックス

  • 細かいミストで、
    自然なボリューム感に。

    PRODUCTS

    スカルプD 
    ボリュームキープミスト

  • キメた髪を
    崩れずキープ。

    PRODUCTS

    スカルプD 
    ハードスプレー

スカルプD
スタイリングシリーズ

お出かけ前に、「ブラックカバースプレー」で薄さが気になる部分を手軽にカバー。「見えるかも…」という不安から解放されて、お仕事にレジャーに、毎日を思い切り楽しくお過ごしください!

この記事の監修
アンファー株式会社

関連コラム

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

地肌が見える…部分的な薄毛をカバーするベストな方法は?

「頭頂部の地肌が、透けて見えるようになってきた」「円形脱毛症になった部分が、病後も気になる」など部分的な薄毛についてお悩みの方のために、スカルプDのスタッフがおすすめのカバー方法をご紹介します。

CHECK

AGAと壮年性脱毛症に違いはあるのか?30代以降の薄毛対策5つのポイント

AGAと壮年性脱毛症に違いはあるのか?30代以降の薄毛対策5つのポイント

CMや広告でよく耳にする「AGA(エージーエー)」や「壮年性脱毛症」。今回はそれぞれに違いがあるのか?また、その対策について解説します。

CHECK

薄毛原因と対策8選!薄毛の原因は遺伝だけではなかった

薄毛原因と対策8選!薄毛の原因は遺伝だけではなかった

薄毛を実感するタイミングや原因は人それぞれ。この記事では年代別の薄毛になる主な原因、そして薄毛対策もご紹介します。

CHECK

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛を予防する方法は? 生活習慣の改善やシャンプーでケアできる?

薄毛にならないためには、まず原因を正しく知ることが大切です。今の自分の状態を知りたい方は、ぜひ【危険な抜け毛&頭皮チェック】を。生活習慣の見直しや、抜け毛対策に効果的なシャンプーの選び方についてお伝えします。

CHECK

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

壮年性脱毛症へ効果を発揮する成分ミノキシジル。そもそも壮年性脱毛症がヘアサイクルに与える悪影響とは?
乱れたヘアサイクルへのミノキシジルの薬理作用とは?
近年注目を集める成分ミノキシジルついてご紹介します。

CHECK

育毛剤とは

育毛剤とは

医薬部外品である育毛剤。育毛剤に期待できる効果とは?
育毛剤に関する情報をここではご紹介します。

CHECK

発毛剤とは

発毛剤とは

発毛剤とは「発毛効果」が認められている医薬品。期待できる効果や効果が出るまでの期間とは?発毛剤に関する情報をご紹介します。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK