STORE

頭皮の臭いが気になる…。その悩み、シャンプーで解決できる?

頭皮が匂う男性と、横で鼻をつまむ女性のイメージ

外出後や汗をかいた時、枕や帽子に鼻を近づけた時…。ふとした時に気になるのが頭の臭い。ちゃんとシャンプーしているのに臭いが気になるなら、もしかしたら対策が間違っているのかもしれません。頭の臭いの原因やシャンプーの選び方を正しく知って、臭いを元から断ちましょう。

sec.1 頭皮の臭いの原因は?

頭が臭うのは、「皮脂の酸化」と「頭皮環境の悪化による、悪玉菌の繁殖」の2つが原因です。

皮脂の酸化
毛穴から分泌された皮脂は、放置しておくと体内の活性酸素と結びついて「酸化」を起こします。“古い脂のような臭い”は、この酸化が原因です。
頭皮環境の悪化による悪玉菌の繁殖
頭皮に限らず、私たちの体には、常在菌と呼ばれるさまざまな細菌が存在しています。種類は主に、肌によい働きをしてくれる「善玉菌」、状況次第で変わる「日和見菌」、そして肌トラブルの要因となりやすい「悪玉菌」の3つに分けられます。これらは皆、皮膚から出る汗や皮脂を分解しながら生きています。
通常の頭皮は、善玉菌が悪玉菌よりも多く強い状態。悪玉菌の働きを抑えて頭皮の健康を保っています。汗や皮脂自体には臭いはありませんが、善玉菌が汗や皮脂を分解してつくる物質にもほとんど臭いはありません。
しかし、睡眠不足やストレス、不衛生などの理由で悪玉菌の割合が増えると、悪玉菌は汗や皮脂を分解・酸化して、体に害のある物質を創りだすようになります。この物質が「臭い」の元になるのです。
また、意外な原因となるのが「洗いすぎ」。洗浄力の強いシャンプーで、必要以上に皮脂を取り去ってしまうと、乾燥した頭皮が潤いを補おうと、逆に皮脂を過剰に分泌するようになります。この皮脂が悪玉菌の繁殖を促してしまうのです。

sec.2 臭いを解消してくれるシャンプーは?

頭の臭いを防ぐためには、「余分な皮脂だけを落として潤いを残す」シャンプーで頭皮を清潔に保ち、頭皮を理想的な健康状態に近づけていくことがポイントです。

頭皮の潤いを残すためには、「アミノ酸系」の洗浄成分が入ったシャンプーを使うとよいでしょう。頭皮と同じ弱酸性の成分で刺激が少なく、汗や付着物などの汚れはしっかり落ちますが、皮脂を取りすぎることがありません。比較的洗浄力が弱いため、皮脂が気になる方は2度洗いをするとよいでしょう。また、前章でもお伝えしましたが、洗いすぎはかえって臭いの元。シャンプーを使うのは1日1回を目安にしてください。

より確実に臭いの対策をしたい方は、「薬用シャンプー(医薬部外品)」のご使用をお勧めします。
●ふけ・かゆみを防ぐ ●毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ ●毛髪・頭皮を清浄にする といった表示のあるシャンプーは抗菌性にすぐれており、悪玉菌の増加や働きを抑える効果が期待できます。ピロクトンオラミン(ふけ・かゆみを防ぐ)、サリチル酸(皮脂を溶解する)、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン(潤いを保ち、肌荒れを防ぐ)などの成分表示が、一つの目安となります。

sec.3 シャンプー以外にできる対策は?

当たり前ではありますが、十分な睡眠時間を確保する、ストレスをうまく解消する、適度な運動をするなど、健康的な生活を送ることが一番の方法です。食生活でも、栄養をバランスよく摂るようにしましょう。
中でも、「抗酸化作用」のある栄養素を意識して摂るようにすると、体内の活性酸素が減るため、皮脂の過剰な酸化を防ぐのに役立ちます。

【抗酸化作用のある主な栄養素】
●β-カロテン…プロビタミンAとも呼ばれ、体内でビタミンAに変わります。油脂と合わせると、より吸収がよくなります。ニンジン、カボチャ、小松菜、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
●ビタミンC…強い抗酸化作用があることで知られています。ピーマン(赤・黄)、アセロラ、レモン、ケールなどに多く含まれています。熱で壊れるものが多いので、なるべく加熱せずに摂取しましょう。
●リコピン…赤色・オレンジ色の色素成分。トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれています。加熱&油と組み合わせると吸収率が上がるため、トマトソースやケチャップもおすすめです。
●カテキン…お茶の渋み成分。緑茶や抹茶などはもちろん、大豆、小豆、ココア、りんご、柿などにも含まれています。
●アントシアニン…目にやさしいことでも知られる成分。ビルベリー、ブルーベリー、ブドウや青じそ、黒豆や黒ごまなどに含まれています。
●イソフラボン…女性ホルモンに近い働きをする成分。大豆や豆腐、納豆、豆乳、油揚げなどに多く含まれています。
日頃の食事で不足しがちな栄養素なら、サプリメントで補うのもよいでしょう。

sec.4 まとめ

頭皮の臭いの原因は、皮脂の酸化や悪玉菌の繁殖。しっかり洗浄&潤いを残すシャンプーで頭皮環境を改善し、清潔で健康な頭皮づくりを心がけましょう。規則正しい生活習慣や抗酸化成分の摂取も効果的です。

関連コラム

頭皮マッサージと正しいシャンプー方法で健やかな髪を保つ

これから生えてくる髪も、ずっと健やかに保ちたい。薄毛も防ぎたい。そんな方におすすめなのが、頭皮マッサージをプラスしたシャンプー方法。シャンプーの本来の役割は「髪を洗う」ではなく「頭皮を洗い、マッサージをする」こと。その具体的な方法をご紹介。

CHECK

そのフケ・かゆみ、頭皮の乾燥が原因かも。乾燥を防ぐシャンプー選びのポイントは?

頭皮がかゆい、パラパラとフケが出る。乾燥状態が続くと、頭皮を守るバリア機能が弱くなり、将来の薄毛につながってしまう危険性が。乾燥を防ぐセルフケアで、頭皮を健康に保っていきましょう。

CHECK

シャンプーにはどんな種類がある? 選ぶポイントは「洗浄成分」にあり!

シャンプー選びが間違っていると、かゆみやフケ、脂っぽさ、薄毛などのトラブルが起こるかもしれません。今回は「洗浄成分」の種類について、アンファーが詳しく解説します!

CHECK

スカルプケアシャンプーって何?
使うとどんなメリットがある?

スカルプ(Scalp)とは、英語で「頭皮」を指す言葉。その名のとおり、まさに頭皮のためにつくられたシャンプーです。スカルプシャンプーがどんなもので、使うとどんなメリットが生まれるのか。これから詳しくご紹介します。

CHECK

パサパサ髪は、シャンプーが原因? ツヤのある髪をつくるシャンプーとは?

「シャンプーを変えたら髪がパサパサになった」。果たしてシャンプーの何が悪いのか?どうしたらツヤのある髪をシャンプーで実現することができるのか?アンファースタッフが調査いたしました。

CHECK

頭皮の湿疹はシャンプーが原因? 見直すべき3つのポイントは?

>頭がかゆいと思って触ってみると、ポツポツ湿疹が! 原因はもしかしたらシャンプーかもしれません。今回は主な湿疹の種類や、湿疹対策になるシャンプーの選び方、そして使い方をご紹介します。

CHECK