STORE

HOW TO USE

シャンプー / パックコンディショナーの
使い方・洗い方

PRODUCTS

シャンプーの
使い方

パックコン
ディショナーの
使い方

シャンプーの使い方

頭皮を洗うシャンプーの3原則
1

アミノ酸系の泡で充分に泡立てる。
頭皮にやさしい
アミノ酸系で洗浄と潤いを。

2

指の腹で洗う。
指の腹を使って丁寧に。
爪を立てるのはNGです。

3

キレイに流す、しっかり乾かす。
洗浄後こそ要注意。
生乾きは頭皮トラブルのもと。

step01 濡らす前に髪のもつれをとる

髪と頭皮を濡らす前に側頭部に手のひらを当て、手で頭皮を包み込むように、頭皮全体を1~3分程度マッサージをします。そして、手ぐしかブラシで毛先のもつれをほぐします。

なぜ、濡らす前にほぐすの?

髪は濡れると絡まりやすくなるためです、これは、ホコリや古くなった角質を浮かせ、シャンプーのときに汚れを落としやすくしてくれる効果も。

step02 しっかりと頭皮をぬらし、湯洗いをする

髪だけではなくしっかりと頭皮をぬらし、まずはお湯だけで頭皮を軽く洗います。

ぬらし・すすぎ残しを防止する「ため洗い」

シャンプー前に頭皮をぬらしたり、すすぎをしたりする際は、シャワーを頭皮にあて、手のひらに貯めた湯に頭皮を浸す「ため洗い」をすることで、ぬらし・すすぎ残しを防止することができます。

step03 手の上でシャンプーを良く泡立て、髪を包み込むように

シャンプーを手のひらに1~2プッシュとり、泡立てます。髪に直接シャンプー剤を付けてゴシゴシ泡立てると余計な摩擦が生じたり、シャンプー液のムラができ、洗い残しの部分や、逆に必要以上の洗浄力で頭皮にダメージを与えたり、うるおいまで落としてしまったりする恐れがあるので注意しましょう。

洗う順番にもコツが!

右の下の図のように、a. えりあし→ b. 後頭部→ c. 側頭部→ d. 頭頂部→ e. 前頭部→ f. 生え際 の順で洗って下さい。頭の後ろ側からおでこに向かい、マッサージするように洗うのがコツです。こすらずに、地肌が動く程度の力で洗いましょう。
1回目のシャンプーは髪を洗う感覚で、シャンプーは若干多めに使用します。

step04 毛の流れに逆らうようにすすぐ

シャワーは下から上に向けて、髪の毛の流れに逆らうように流しましょう。シャンプーの泡やトリートメントが頭皮に残らないように、念入りに洗い流してください。

step05 2度目は頭皮をマッサージ洗い

もう一度 3 と同じように髪と頭皮にシャンプーを広げます。ただ、2回目は頭皮を洗うことを意識してください。

爪を立てない!

親指を除いた4本の指の腹を頭皮に当て、擦らずに指圧しながら上下に動かします。マッサージをしながら、少しずつ指の位置をずらして頭皮全体を洗います。爪を立てると頭皮を傷つける恐れがあるため、必ず指の腹を使って下さい。

step06 時間をかけ、丁寧にすすぐ

シャンプーと同様に下から上へ髪の根本に指を潜り込ませるようにして、毛の流れに逆らうように流します。指の腹で直接頭皮に触れて、洗浄成分が頭皮に残らないようにしましょう。

実はシャワーを上から流すだけではダメ!?

上から流すだけでは、髪の表面の泡だけが流れ頭皮には届きません。髪と頭皮を指で広げて、手のひらにお湯をためるようにすすいでください。

パックコンディショナーの使い方

step07 コンディショナーを髪と頭皮に

指の腹で塗り伸ばしてください。髪だけではなく、頭皮全体にパックがつくようになじませてください。

頭皮につけて大丈夫!?

スカルプDのパックコンディショナーは、頭皮につけます。栄養成分をとどけ、頭皮にうるおいを与えながら、ベタつきを防ぎます。

step08 時間をおき、しっかり浸透させる

1分以上(3~5分間くらい)放置します。頭皮ケア成分が角質層まで浸透するのを待ちます。

step09 最後のすすぎは丁寧に

指の腹で触れた時に、髪と頭皮にツルツル感が残っている状態で、お湯が透明になるまですすぎます。