STORE

WHAT IS DIFFERENCE 育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤は何が違う? 2つの特徴をくわしく解説!

最終更新日:

sec.1 育毛剤と発毛剤の違いについて

育毛剤と発毛剤は、よく混同されてしまいがちですが、それぞれが異なる目的や役割を持っています。
育毛剤は、「いま生えている髪の毛の維持にアプローチする」もの。将来起こるかもしれない薄毛や抜け毛を予防し、毛髪の健康を維持していくために使うものですので、薄毛が進行していない方におすすめなのが育毛剤です。
それに対して発毛剤は、「いま生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やす」ためのもの。AGA(壮年性脱毛症または男性型脱毛症)によって起こる薄毛や抜け毛を治療して改善するために使うものです。
育毛剤と発毛剤は、薬機法(旧薬事法)でも、その分類がはっきりと分けられています。育毛剤は、悩みの予防や現状の維持に使われる「医薬部外品」として、発毛剤は疾患や症状を治療・改善する「医薬品」として、それぞれ厚生労働大臣に認定されています。このように、育毛剤と発毛剤を比較した場合、明確な違いがあるのです。

育毛剤 発毛剤
分類 医薬部外品 医薬品
用途 抜け毛の予防 薄毛の治療
対象 健常な方 壮年生脱毛症の方

sec.2 育毛剤と発毛剤は効果が違う?

育毛剤(医薬部外品)には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりする働きがあり、健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。健康的な毛髪とは、ハリコシがあり、抜けにくい丈夫な毛髪のこと。また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防にも役立つため、薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、比較的幅広い方におすすめです。
一方、発毛剤(医薬品)には、発毛成分のミノキシジルが配合されており、新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。ミノキシジルが頭皮の中にある毛乳頭細胞に直接働きかけることで、毛髪をつくる毛母細胞を活性化させ、薄毛や抜け毛につながっているヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに、強くたくましい毛髪へと成長させます。すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育てて定着させるのが発毛剤の効果です。

sec.3 育毛剤と発毛剤は副作用も違う?

育毛剤と発毛剤の使い方としては、頭皮に直接塗布するタイプが一般的です。どちらにも、外用薬に共通して見られるような副作用が起こる可能性があります。過去、頭皮に以下のような症状が出たことがある方は特に、使用前に医師・薬剤師に相談することをおすすめします。

【育毛剤・発毛剤に共通してみられる副作用】
頭皮のかゆみ、かぶれ、赤み、発疹、フケ などの皮膚症状

一方、発毛剤に含まれているミノキシジルは、もともと高血圧を治療する「血圧降下剤」として開発されたため、発毛剤を使用すると人によっては全身性の、下記のような副作用が起こる可能性があります。

【発毛剤にみられる副作用】
頭痛、めまい、動悸、手足のむくみ、急激な体重増加、胸の痛みなど

心臓疾患、腎臓疾患、高血圧症、低血圧症などの既往歴がある方は、発毛剤を使用される前に、必ず医師または薬剤師に相談してください。

sec.4 育毛剤と発毛剤の違いを理解している人は少ない

前章で、育毛剤と発毛剤の違いについてはご理解いただけたかと思います。 では、一般の方々は、2つの違いについてどのくらい理解されているのでしょうか? アンファー株式会社では、男性1,000人を対象に “薄毛や抜け毛”悩みの対処法である、育毛剤や発毛剤に関しての調査を実施しました。
結果は、育毛剤と発毛剤の効果・効能の違いを正しく理解している人はわずか3%でした。育毛剤もしくは発毛剤を使用している人ですら、約10%の人しか理解していないことが分かりました。育毛剤と発毛剤、どちらも外用の場合は使い方こそ似ていますが、効果・効能、及び目的が異なる為、違いを理解しておく必要があります。

ニュースリリース:“育毛剤”と“発毛剤”の違いってご存知ですか?  90%の人が違いを知らないという事実!

sec.5 こんな時、育毛剤・発毛剤のどちらを使うべき?

育毛剤と発毛剤はそれぞれ効果が異なるため、毛髪の状態によって使い分けることが大切です。
現状、毛髪のボリュームダウンやハリ・コシの低下が気になっているという方は、育毛剤(医薬部外品)を選ぶのがおすすめです。今ある毛髪を大切に育てながら、頭皮状態を整えて抜け毛を防ぐ効果も期待できます。しかし、既に抜け毛・薄毛が進行している壮年性脱毛症または男性型脱毛症の方向けではございません。
一方、薄毛で頭皮が目立っている方、脱毛が多くなってきた方には発毛剤(第一類医薬品)が最適です。その原因がAGA(壮年性脱毛症または男性型脱毛症)であれば、薄毛や抜け毛を効果的に改善させることが期待できます。

※あなたのAGAの可能性を、10の質問でチェックしてみましょう。

壮年性脱毛症チェック

sec.6 育毛剤と発毛剤は併用してもいい?

「少しでも早く毛髪の悩みを解決したい。育毛剤と発毛剤を同時に使えば効果もアップするかも…?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この2つは、併用してはいけません。育毛剤や発毛剤の使用説明書の中にも大抵、「他の育毛剤・発毛剤・他の外用剤(軟膏・液剤など)の頭皮への使用は避けてください」という注意が記載されています。つまり、育毛剤と発毛剤に限らず、複数の種類の薬剤を同時に使用するのは避けなければならないということなのです。
併用してはいけない理由は2つあります。

1. 成分の吸収を妨げる可能性がある
通常、育毛剤や発毛剤はそれ1つで充分な効果を上げられるよう、成分の割合や濃度を調整して作られています。しかし、他の製品と合わせて使用してしまうとそのバランスが崩れるため、有効成分がうまく吸収されず、本来の効果を発揮できない可能性や、吸収量が増加する可能性があるのです。
2. 副作用のリスクが高くなる
複数の薬剤を併用すると、本来混ざるはずのない相性の悪い成分が混ざり合い、頭皮トラブルを起こすことがあります。また、本来は有効に働くはずの成分も、重複して吸収量が上がると、かえって頭皮に悪影響を及ぼすことがあります。同じ成分が配合されている場合、量が多くなり、副作用が発生する確率が高くなる可能性があるためです。

せっかくお金をかけて育毛剤と発毛剤を使用しても、逆に効果がなくなったり、副作用が出やすくなったりしては意味がありません。安心してケアをするためにも、安易な併用や誤った使い方をしてしまわないよう、自分に合った育毛剤・発毛剤を1つに絞って使いましょう。
※どうしても併用したい!という場合は、頭髪専門外来のあるクリニックや皮膚科などで、医師の指導を受ける事をおすすめいたします。

育毛剤も発毛剤も、毛髪の悩みが進行する前に、早い段階でお使いいただいたほうがよいのは同じです。ご自身の毛髪や頭皮の状態をしっかりと見定めて、適した方をお選びください。

スカルプDの育毛剤

  • 毛髪のボリュームがダウンしている
  • ハリ・コシが低下している
  • 毛髪を育てて頭皮状態を向上したい

医薬部外品

薬用育毛 スカルプトニック

詳しくはこちら

スカルプDの発毛剤

  • 壮年性脱毛症である
  • 頭皮の脱毛が目立っている
  • 髪を増やしたい
  • 薄毛や抜け毛を効果的に改善したい

第一類医薬品

スカルプD メディカルミノキ5

詳しくはこちら
この記事の監修
アンファー株式会社