STORE

重曹シャンプーで頭皮ケア!薄毛や白髪への効果と、実際の使用感をご紹介

最終更新日:

重曹シャンプーで頭皮ケア!薄毛や白髪への効果と、実際の使用感をご紹介

sec.1 重曹シャンプーとはどのようなものか

重曹とは「炭酸水素ナトリウム」のことで、近年この重曹がもつ洗浄効果や消臭効果が注目されています。その効果を活かそうとシャンプーに流用したのが「重曹シャンプー」です。

重曹は主に薬用、食用、工業用に使われていますが、入手しやすいのはスーパーやドラッグストアでも市販されている食用の重曹でしょう。安全性が高いので食品からボディケア、掃除まで汎用性の高い使用ができます。

重曹には油脂を乳化する作用があるので、毛穴に詰まった皮脂の除去効果が期待できます。また悪臭を中和分解する作用もあり、頭皮の臭いが気になる人にも向いています。

※乳化:水や油など混ざりにくい物質同士をうまく混ぜ合わせて、乳のようにドロドロと溶け出した液体にすること。

人の肌、そして髪も弱酸性ですが、重曹は弱アルカリ性です。そのため重曹シャンプーを使っただけでは重曹の性質により、キシキシとした感触が残って毛髪を傷めます。重曹シャンプーのあとはクエン酸をリンスとして活用し、髪をもとの弱酸性の状態に戻すことで髪をダメージから守る必要があります。

さらにクエン酸リンスは髪のキューティクルを引き締める効果も期待できるので、髪のコンディションを良好にする点でも優れています。

sec.2 重曹シャンプーのここが魅力

重曹の特性を活かしたシャンプーには、どんな効果があるのでしょうか。重曹シャンプーを使うメリットをご紹介します。

毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とす
重曹は油脂の乳化作用に加えて、スクラブクリームのように微細な粒子があるので、毛穴に詰まった汚れを効率的に洗い流す効果が期待できます。市販のシャンプーほどの泡立ちや爽快感は薄いものの、充分な洗浄効果があります。
頭皮の嫌な臭いとかゆみを取り除く
頭皮のかゆみや臭いの主な原因は残留した皮脂です。頭皮に残った皮脂が酸化することで炎症を起こしてかゆくなることがありますし、また脂っぽい臭いの原因になります。こうしたトラブルを起こす皮脂や汚れは酸性なのですが、重曹はアルカリ性なので、中和分解によって皮脂トラブルを解消できます。また重曹には抗菌作用もあり、悪臭を吸収します。
抜け毛・薄毛の改善に効果が
酸化した皮脂による炎症が改善されれば、頭皮環境が良好になって血行促進にもつながり、健康的な毛髪が発毛しやすい状態になります。また炎症に悩む人は無意識に頭を掻く傾向があり、この行動が抜け毛を助長しているとみられています。炎症がなくなれば自然と頭を掻く回数も減っていくので、これも頭皮環境の改善につながります。
肌にやさしい洗い上げ
酸化した皮脂による炎症が改善されれば、頭皮環境が良好になって血行促進にもつながり、健康的な毛髪が発毛しやすい状態になります。また炎症に悩む人は無意識に頭を掻く傾向があり、この行動が抜け毛を助長しているとみられています。炎症がなくなれば自然と頭を掻く回数も減っていくので、これも頭皮環境の改善につながります。

sec.3 重曹シャンプーの白髪への影響

最近、髪の毛を梳かすたびに白髪が見える、増えてきた気がする、とお悩みの方もいるでしょう。白髪の原因は遺伝、加齢、ストレスなどがあります。

重曹シャンプーを使うことで、白髪にどのような影響があるのかご紹介します。

白髪ができるメカニズム
髪の毛の色は、髪を生みだす部分で色づけされて、伸びていきます。その部分でついた色は変わることはありません。

色素をつくりだす細胞はメラノサイトと呼ばれ、この細胞の働きが鈍ったりすると、完全な黒ではなく、薄い茶色などになり、さらに細胞そのものが死んでしまうと白髪となってしまうのです。
原因により異なる対策
ストレスが原因で白髪になっている場合、生活習慣を改善し、ストレスを解消することなどで、メラノサイトを活性化させ黒髪に戻せる可能性があります。

しかし、遺伝や加齢で白髪になっている場合には、残念ながら戻す方法はないため、進行を遅らせることが対策となります。

原因がストレスの場合、遺伝の場合どちらも、頭皮の状態を良くすることが重要となります。

頭皮に合わないシャンプーを使い続けることで、皮脂を取り切れていなかったり、必要な皮脂まで取り除いてしまい、逆に皮脂が過剰分泌して、頭皮が炎症を起こす恐れもあります。生活習慣を改善させ、血流が良くなり栄養がしっかりと頭皮まで行き届いても、肝心の頭皮が炎症を起こしていては、黒く健康な髪の毛は生やすことが難しくなってしまいます。

市販のシャンプーを使っていて洗浄力が強く合わない場合など、重曹シャンプーで適度に皮脂を取り除き、健康な頭皮を保つことができれば、白髪はもちろん抜け毛、薄毛などの頭皮トラブルを解消することが期待できます。

また、頭皮が状態が硬く血流が悪いと必要な栄養が頭皮まで届かず、メラノサイトの働きも悪くなってしまうことがあります。生活習慣を改善しながら、頭皮のマッサージやツボ押しなども同時に行うと、さらなる効果が期待できるでしょう。

sec.4 重曹シャンプーとクエン酸リンスを作る

重曹シャンプーとクエン酸リンスを作る

重曹シャンプーとクエン酸リンスの作り方を紹介します。クエン酸リンスは重曹シャンプーの使用後に、髪のコンディションを整えるのに欠かせません。そちらも合わせて活用しましょう。

用意するもの
材料
重曹(大さじ一杯※1回分)、クエン酸(30ml※1本分)、容器(500ml)
備考
重曹シャンプーだけでは髪がきしみます。クエン酸リンスも組み合わせて洗髪したいので、重曹以外にクエン酸も用意します。食用のものであればどちらもスーパーやドラッグストアで購入できます。 またリンス原液は作り置きできるので、保存用に500mlの容器も用意します。中を洗って乾かしたペットボトルで充分です。
作り方
重曹シャンプーを作る(毎回)
洗面器に入れた1リットルのお湯に重曹大さじ1杯(約10g)を溶かしてよく混ぜます。これだけで重曹シャンプーは完成です。

重曹シャンプーはお湯に溶かす都合上、髪を洗うたびに作る必要があります。
クエン酸リンスを作り置きする
先にクエン酸リンスの原液を作ります。ペットボトルに500mlの水とクエン酸大さじ2杯(約20g)を入れ、よく振って混ぜます。これでクエン酸リンスの原液は完成です。長時間置いておくとクエン酸が沈殿していくので、使用前には毎回、軽く容器を振りましょう。

※使用する際に分量をはかるので容器にめもりを書いておくと便利です。

洗い方
入浴前にブラッシングする
重曹シャンプーに限らず、一般の入浴時でも事前に髪をブラッシングしておくことで髪表面の埃や汚れが浮かび、落としやすい状態になります。
ぬるま湯で1~2分洗う
40度以下のぬるま湯で流しながら、毛穴から汚れや脂を揉み出すイメージで頭皮をマッサージします。事前に頭皮の余分な皮脂や、汚れを落としやすくなり、洗浄効果が高まります。
重曹シャンプーで頭皮を洗う
洗面器などに作った重曹シャンプーを少しずつ手に取り、髪よりは地肌、頭皮を洗うイメージで、揉み込むようにシャンプーをします。作った重曹シャンプーを使い切るまで、これを何度か繰り返します。
クエン酸リンスで髪をケアする
クエン酸リンスを使用する際は、まず水やお湯で原液を希釈してください。作ったクエン酸リンスの原液10ml程度を、水かお湯が容量の3分の1ほど張ってある洗面器に入れます。原液をしっかりと混ぜた後に、薄めたリンスに浸るよう洗面器に髪の毛を入れ、クエン酸リンスを馴染ませるのです。

髪をリンスに馴染ませ終えたら、しっかりと洗い流しましょう。

重曹シャンプー、クエン酸リンスともに作り方、使い方は難しくないとご理解いただけたと思います。ただし、使い始めるにあたっていくつか注意しなければならない点があります。

sec.3 重曹シャンプーの注意点

重曹シャンプーの注意点

重曹シャンプーを使う場合、性質をしっかり理解し、注意点を把握することが大事です。間違った使い方は思わぬトラブルを招きます。重曹シャンプーを使う際の注意点を確認しましょう。

急に重曹シャンプーに切り替えない
いきなり重曹のみを頭皮に使用すると、刺激を感じることがあります。まずは今までのシャンプーに重曹を混ぜたもので洗うことから始めて、徐々に頭皮を重曹に慣れさせましょう。そこからだんだんシャンプーの量を減らして、最終的に重曹のシャンプーのみで洗うようにします。
頭皮を強くこすらない
重曹シャンプーの洗浄効果は高いので、髪や頭皮の汚れは、強く洗わなくてもしっかりと落ちます。また重曹には研磨作用もあるため、力を入れてゴシゴシと勢いよく洗うと、頭皮や髪を傷める原因になります。両手の指の腹を添えるようにあて、やさしくマッサージするイメージで洗いましょう。
重曹・クエン酸をしっかりすすぎ落とす
通常のシャンプー同様、重曹やクエン酸のすすぎ残しは頭皮にダメージを与える原因になります。洗い終わったあと、念入りにすすぎ落としましょう。

またタオルドライの際、強くこすって水分を拭き取ることもNGです。タオルは髪に押しあてて水気を吸い取るイメージで、残った水分はドライヤーの冷風で乾かすことで、髪を傷めずに済みます。

重曹シャンプーの特性を充分に理解せずに使用していると、トラブルを誘発します。頭皮を慣らしていく、強くこすらない、しっかりすすぐ、以上の注意点を意識して使いましょう。

sec.6 実際に重曹シャンプーを使って感じたこと

ネットで少し検索をすると、重曹シャンプーについての体験談や効果は多く見つかります。しかし、重曹シャンプーは頭皮に本当に良いのかどうかということは、自分で実際に使ってみなければわからないものです。そこで実際に重曹シャンプーを作り、自分の髪がどのように変わるのか確かめてみました。

初日

近所のドラッグストアで道具を一式揃え、重曹シャンプーを作成。基本的に混ぜるだけなのでとくに迷うことはありませんでした。使用感としては、洗っている最中は重曹が少ないのか、泡立ちが妙に少なく感じました。正直な感想としてはお湯で薄めたシャンプーで髪を洗っている気分です。また、混ぜ方が甘かったのかすすぎ洗いの際に多少粉っぽい感触があり、念入りに頭をすすぐ必要がありました。クエン酸リンスも同様に、製品のリンスに比べると薄さを感じます。慣れれば変わるかもしれませんが、最初は多少違和感があります。

2日目

先日の反省を活かし、手でもう少し細かくかき混ぜるように作った結果、粉っぽさは感じなくなりました。薄さに関しては昨日よりも慣れたのか、あまり気にならなくなっています。洗い上がりですが、ネットでもよく書かれているようにキシキシ感が強いため、クエン酸リンスはほぼ必須でしょう。クエン酸リンスを使ったあとは、基本的に市販のシャンプーとリンスを使ったようなサッパリ感です。匂いもとくになく、かゆみがひどくなることもありません。

3日目

重曹シャンプーを3日ほど使い続けた結果、髪の脂っぽさが適度に抜け、サラサラになった気がします。今までは髪を指ですくと指が少しベタつくような感じでしたが、今ではそういったベタつきはなくなっています。結論としては、普通のシャンプーと何ら遜色ありません。しかし、慣れないうちは粉っぽく感じることがあるので、細かく混ぜて作った方が良いかもしれません。

sec.7 重曹シャンプーは誰にでも魅力的なわけではない

重曹シャンプーを使っていて感じたのは、手間がかかるということです。重曹とお湯を混ぜるだけなのでシャンプー作りそのものは簡単ですが、毎日わざわざ重曹を用意してお湯に溶かすとなると、人によっては手間を感じるかもしれません。効果に関しても、人によっては頭皮ケアの効果を実感できない場合があります。重曹シャンプーと市販のシャンプーを比較すると、市販のシャンプーの方が頭皮ケアに適した成分が多く含まれていることもあります。よって、頭皮ケアを第一に考えているのであれば、重曹シャンプーよりもスカルプシャンプーを使った方が良いかもしれません。

スカルプシャンプーを使うメリット
スカルプシャンプーとは、頭皮のケアに特化したシャンプーのことです。洗浄成分にアミノ酸系の洗浄成分を使用していたり、頭皮のかゆみやフケを抑える成分が配合されていたりと、頭皮のケアに力を入れているのが特徴です。アミノ酸系の洗浄成分の特徴は、洗浄力がやさしく、必要以上に皮脂を洗い落とさず、頭皮への刺激も少ないということです。つまり、重曹シャンプー以上に頭皮ケアに優れたシャンプーといえます。重曹シャンプーにはコストの低さというメリットもありますが、頭皮ケアを重要視しているのであればより頭皮ケアをしやすいスカルプシャンプーの方が優れています。
おすすめのスカルプシャンプー
スカルプシャンプーは頭皮ケアに適したシャンプーですが、だからと言って手放しでおすすめするわけにはいきません。スカルプシャンプーの中にはアミノ酸系の洗浄成分を使用していないものもあり、高級アルコール系シャンプーを使用していることもあります。そのため、スカルプシャンプーを使用する場合は、そのシャンプーが信頼できるかどうかを調べておきましょう。

sec.8 重曹シャンプーは少しずつ試していこう

頭皮は重曹の刺激にすぐには適応できないため、重曹シャンプーは自分の頭皮環境や重曹への適性などを徐々に確認しながら取り入れていくことになります。あせらずにペースを守りましょう。

いくつか注意すべき点はありますが、きちんと重曹シャンプーについて理解し手順を守れば、重曹の特性を活かしたやさしいヘアケアができます。また、より確実に頭皮のケアを行ないたいのであれば、スカルプシャンプーを視野に入れましょう。コストパフォーマンスにおいては重曹シャンプーの方が優れていますが、頭皮ケアの効果においてはスカルプシャンプーの方が有効と言えるでしょう。最近頭がかゆくなったり抜け毛が増えてきたりしているのであれば、この機会に自分の身体と相談しながら、頭皮にやさしいシャンプーを始めてみませんか?

この記事の監修
アンファー株式会社

関連コラム

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

冬に男性のフケがひどくなるのはなぜ?原因や対策方法を解説!

フケは見た目の不潔さが気になるだけでなく、頭皮や髪のトラブルサインでもあります。一時的なものだからとそのまま放置するのはNGです。そこで今回は冬のフケの原因と対策方法をご紹介します。

CHECK

頭皮の湿疹(脂漏性皮膚炎)の原因は?対策方法や効果的なシャンプーの見つけ方をご紹介

頭皮の湿疹(脂漏性皮膚炎)の原因は?対策方法や効果的なシャンプーの見つけ方をご紹介

頭がかゆいな、と思って触ってみると、頭にポツポツ湿疹が! その原因は、もしかしたらシャンプーかもしれません。そこで、今回は主な湿疹の種類や湿疹対策になるシャンプーの選び方のポイント、そして使い方をご紹介します。

CHECK

そのフケ・かゆみ、頭皮の乾燥が原因かも。乾燥を防ぐシャンプー選びのポイントは?

そのフケ・かゆみ、頭皮の乾燥が原因かも。乾燥を防ぐシャンプー選びのポイントは?

頭皮がかゆい、パラパラとフケが出る。乾燥状態が続くと、頭皮を守るバリア機能が弱くなり、将来の薄毛につながってしまう危険性が。乾燥を防ぐセルフケアで、頭皮を健康に保っていきましょう。

CHECK

髪の毛の根元に白いものが見えたら要注意!特徴をチェックして正体を見極めよう

髪の毛の根元に白いものが見えたら要注意!特徴をチェックして正体を見極めよう

頭皮や髪の毛の白いかたまりは、シラミ、フケ、ヘアキャスト、角栓のいずれかと考えられます。特徴で見分けるチェック方法、発生する原因、対策法をご説明します。

CHECK

重曹シャンプーで頭皮ケア!薄毛や白髪への効果と、実際の使用感をご紹介

重曹シャンプーで頭皮ケア!薄毛や白髪への効果と、実際の使用感をご紹介

重曹シャンプーの効果や注意点などを解説します。

CHECK

中学生で大量のフケが出る原因とは?すぐに対策できる3つの頭皮ケア

中学生で大量のフケが出る原因とは?すぐに対策できる3つの頭皮ケア

中学生のフケの主な原因とそれらの解消方法をご紹介します。

CHECK

頭皮のボコボコはリンパが原因?かさぶたや病気が疑われる場合の対処法も解説

頭皮のボコボコはリンパが原因?かさぶたや病気が疑われる場合の対処法も解説

頭皮のボコボコの原因や対処法を解説します。

CHECK

産後のフケの原因は女性ホルモン低下とストレス!改善法はあるの?

産後のフケの原因は女性ホルモン低下とストレス!改善法はあるの?

産後のフケの原因や対策方法をご紹介します。

CHECK

フケ、かゆみ…頭皮の乾燥トラブルはベビーオイルマッサージで解決

フケ、かゆみ…頭皮の乾燥トラブルはベビーオイルマッサージで解決

頭皮が乾燥しがちな人におすすめの方法がオイルケアです。低刺激で値段も手ごろなベビーオイルを使った乾燥対策の頭皮ケアを、具体的な方法を含めて説明します。

CHECK

ホホバオイルで頭皮ケア!適度な保湿で乾燥や抜け毛、薄毛などを改善しよう

ホホバオイルで頭皮ケア!適度な保湿で乾燥や抜け毛、薄毛などを改善しよう

頭皮が乾燥する原因を確認し、頭皮ケアに最適なホホバオイルの特徴と使い方を知って、頭皮を正常な状態に保ち、トラブルを予防、改善する方法をご紹介します。

CHECK

頭皮ケアに馬油がうってつけ!? 効果と使い方について

頭皮ケアに馬油がうってつけ!? 効果と使い方について

髪の毛、頭皮に潤いを与えるとして人気の馬油(ばーゆ)。馬油の特徴や馬油を使ったマッサージ方法、馬油がもつ効果について紹介します。

CHECK

男性のフケの主な原因は?対策・予防法や正しいシャンプーの方法も解説

男性のフケの主な原因は?対策・予防法や正しいシャンプーの方法も解説

フケとは何か、フケが出る主な原因や疑われる病気についても解説します。また、予防や対策の方法についても紹介しますので、参考にしてみてください。

CHECK

髪のべたつきが気になる!べたつきの原因とその解消方法とは…

髪のべたつきが気になる!べたつきの原因とその解消方法とは…

髪がべたつく原因や、解消方法をご紹介します。

CHECK

頭のフケをなくす方法とは?シャンプー方法やヘアケアの見直しについて解説

頭のフケをなくす方法とは?シャンプー方法やヘアケアの見直しについて解説

フケの原因と、フケをなくすための方法を紹介します。 頭皮環境を正常に整えれば抜け毛予防にも役立つので、ぜひチェックしてみてください。

CHECK

フケを治す洗い方はある?フケが気になる場合に試したいシャンプー方法を解説

フケを治す洗い方はある?フケが気になる場合に試したいシャンプー方法を解説

フケの原因や、フケの予防を期待できる正しい洗髪方法をご紹介します。

CHECK