DISM

洗顔回数は1日何回が最適?ニキビ肌・オイリー肌・乾燥肌の洗顔のポイントを解説

最終更新日:

洗顔回数は1日何回が最適?ニキビ肌・オイリー肌・乾燥肌の洗顔のポイントを解説

肌の汚れや余分な皮脂を洗い流す洗顔。清潔で健康な肌を保つために不可欠な洗顔ですが、適切な回数は一日に何回なのでしょうか。そこで今回は、肌に最適な洗顔回数や、効果的な洗顔を行うためのポイントについてご紹介していきます。気になる肌質や季節別の洗顔回数についても解説していくので、ぜひご覧ください。

sec.1 洗顔は1日に何回すれば良い?

洗顔は朝と夜の1日2回が基本です。肌のベタつきやテカリから、一日に何度も洗顔したくなる人もいるかもしれませんが、過度な洗顔は肌に必要な皮脂や潤い成分まで洗い流してしまいます。結果的に、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こす恐れがあるので注意しましょう。逆に、洗顔の回数が少ないと肌についた汚れやホコリが落としきれず、肌トラブルを起こす原因にもなります。

朝洗顔が持つ役割

朝の洗顔には就寝中に分泌された汗や皮脂を落とす役割があります。また、就寝中に肌へ付着した、部屋の中の目には見えないゴミやホコリを落とし、清潔な肌状態にすることで、その後のスキンケアの効果を高めます。就寝中の汚れは日中の活動に比べて少なく、夜にも洗顔を行っていることから、朝の洗顔は軽めに行っても問題ありません。

夜洗顔が持つ役割

夜に洗顔を行うことで、日中の活動で分泌された汗や皮脂を落とすことができます。また、空気中にはゴミやホコリが舞っているため、外で活動を行うと、皮膚には汚れがたくさん付着します。これらを落とすのも夜の洗顔の役割です。1日の汚れを夜の洗顔で落としてから眠ることで、肌を休ませ、正常なターンオーバーを促すことができます。

sec.2 効果的な洗顔のポイント

間違った方法で洗顔を続けると肌の汚れが落ちないだけではなく、肌に大きな負担を与えてしまうことになります。乾燥を防いだり余計な皮脂の分泌を抑えたりするためにも、正しい洗顔方法を身に付けましょう。ここでは洗顔時に特に気を付けたいポイントをご紹介していきます。

≫正しい洗顔方法はこちら≪

洗顔料の使用量を守る

洗顔は適切な量を守って使いましょう。特にチューブタイプや石鹸タイプは、泡立ちが不十分だと、肌と洗顔料との間で摩擦が起こり、肌に負担がかかってしまいます。逆に使用量が多すぎて、肌に洗顔料が残ってしまうと、これも肌荒れの原因に。洗顔料はパッケージに記載された使用量を守って使いましょう

弾力ある泡を使う

弾力のある泡を使って洗顔することで、洗顔時に肌へ与える摩擦を減らすことができます。泡立てネットや専用の泡立て器などを使って、逆さにしても落ちないぐらいの弾力ある泡を作りましょう。商品によっては泡の状態で出てくるタイプの洗顔料もあるので、泡立てる手間を省きたい人は検討するとよいでしょう。

ぬるま湯を使用する

洗顔に利用する水は、32℃~33℃のぬるま湯がベストです。お湯が熱すぎると、肌に必要なうるおいまで洗い流してしまい、乾燥を招きます。逆に、冷水を使うと毛穴が開かず、しっかりと汚れを落とすことができません。ぬるま湯を利用することで、肌に必要な成分は残しつつ、不要な汚れや皮脂を落とすことができるでしょう。

泡が残らないように丁寧にすすぐ

洗顔時に肌につけた泡は、すすぎ残しがないようしっかりと落としましょう。この時、肌に強い刺激を与えてしまうことになるため、シャワーを直接当てるのは避けます。目安として、泡をつけていた倍の時間をかけて洗い流すとよいでしょう。特に、髪の生え際やもみあげ部分は、泡が残りやすい場所です。念入りにすすぎましょう。

洗顔後はすぐに保湿する

洗顔を行うと顔の皮脂や汚れが落ちますが、同時に肌表面は皮脂による膜のない乾燥しやすい状態になります。そのままにしておくと肌に必要な水分まで蒸発してしまうので、洗顔後はすぐに化粧水でうるおいをチャージし、乳液やクリームを使って肌に蓋をしましょう。

sec.3 洗顔回数に関するQ&A

原則1日2回の洗顔が基本ですが、時間がない場合はどちらを優先すべきなのでしょうか。また、肌質や季節によって洗顔回数を変化させるべきなのでしょうか。ここでは、洗顔回数に関する細かいお悩みにお答えしていきます。

Q.朝と夜の洗顔どちらが大切?

A.夜の方が大切です。
朝と夜、顔を洗う前の状態を比較すると、外に出て活動後の夜のほうが肌への汚れが蓄積しています。また、日中に体内から排出された皮脂は夜になる頃には酸化し、より肌荒れを引き起こしやすい状態になっているため、夜の洗顔は欠かせません。
寝ている間にも皮脂や汗は分泌されているので、朝の洗顔も必要ですが、より時間をかけて丁寧に行うべきなのは夜の洗顔でしょう。

Q.肌質・肌状況によって洗顔回数を変えるべき?

A.基本は2回。肌の状況によって洗い方やスキンケアを変えましょう。
洗顔後もすぐにベタつきが気になるオイリー肌の人は、洗顔のしすぎやそれに伴う乾燥によって症状が悪化している可能性があります。脂性肌だからといって洗顔回数を増やさず、最低限の保湿を丁寧に行いましょう。
乾燥肌の人は、1日2回とも洗顔料を使用すると、さらなる乾燥の原因に。朝の洗顔はぬるま湯だけで行うと良いでしょう。混合肌の人は、朝の洗顔時は、皮脂の出やすいTゾーンのみ洗顔料を使用するなど、場所によって洗い方を変えましょう。

Q.季節によって洗顔回数を変えるべき?

A.基本は2回。肌の状況によって洗い方やスキンケアを変えましょう。
季節によって肌が受けるダメージが汚れの種類は変化します。花粉の多い春や日焼け止めを塗る機会が増え、汗も出やすい夏は、特に念入りに夜の洗顔をする必要があります。一方、湿度が低く乾燥しやすい秋と冬は、夜のみ洗顔料を使用し、朝はぬるま湯のみで洗うとよいでしょう。洗顔後はすぐに必ず保湿し、乾燥を防いでください。

sec.4 DISMの洗顔で朝夜の洗顔をより快適に!

アンファーが開発した男性向けのスキンケアシリーズ「DISM」のラインナップは、1本で様々な役割を担うオールインワンタイプ設計のものばかり。毎日忙しい男性でも手軽に利用できるよう、考えて作られています。
今までスキンケアをしておらず、肌負債(※)が溜まった男性の肌もしっかり保湿して、より健康的な状態に導きます。

※紫外線や乾燥ダメージによる肌内部のダメージの蓄積

≫「DISM」シリーズの詳細はこちら≪

クリーミーフォームウォッシュ

ワンプッシュで濃密な炭酸泡が出てくるクリーミーフォームウォッシュは、肌の乾燥に悩む男性におすすめの洗顔料です。セラミドやヒアルロン酸などのうるおい成分が配合されているため、洗い上がりはつっぱらず、しっとりとしたなめらか肌が手に入ります。
また、きめ細かな炭酸泡(※)が毛穴の皮脂汚れを吸着するため、毛穴の黒ずみをケアしたい人にもぴったりです。

※炭酸ガス(噴射剤)

≫DISM「クリーミーフォームウォッシュ」のご購入はこちら≪

sec.5 洗顔回数は1日2回!適切な洗顔で肌トラブルを改善しよう!

洗顔の回数について、効果的な洗顔の方法や肌質・季節ごとの洗顔回数などと合わせてご紹介してきました。洗顔の回数は多すぎても少なすぎても肌トラブルの原因になります。1日2回適切な洗顔を行うことで、不要な汚れや皮脂をしっかり落としながら、肌に必要な成分を守りましょう。

RELATED

RANKING