DISM

大人ニキビは思春期ニキビと違う?大人ニキビの原因や治し方解説

最終更新日:

大人ニキビは思春期ニキビと違う?大人ニキビの原因や治し方解説

大人ニキビとは、思春期を過ぎた大人にできるニキビのことです。思春期にできるニキビと大人ニキビは原因が異なるケースもあるため、正しく対処することが求められます。
この記事では、大人ニキビの原因や思春期ニキビとの違い、および大人ニキビの治し方について解説しています。

sec.1 大人ニキビと思春期ニキビは違う?

大人ニキビも思春期ニキビも、医学的に尋常性ざ瘡と呼ばれる点では共通していますが、ニキビができる原因や時期に違いがあります。

思春期ニキビはその名の通り、10代の成長期に多く見られるニキビで、主にホルモンバランスの変化により皮脂が過剰に分泌されることで生じます。ホルモンバランスが安定する年齢になると、自然と改善するのが一般的です。

大人ニキビは20代以降にできるニキビのことを指します。大人ニキビの場合はホルモンバランスの変化だけでなく、後ほど紹介するさまざまな原因が複雑に絡み合って発症する傾向にあります。大人ニキビは何度でも発生し、同じ場所に繰り返しできる傾向がある点も特徴の1つです。

sec.2 大人ニキビの原因

ホルモンバランスが安定する20代以降にできる大人ニキビ、いったい何が原因でできてしまうのでしょうか。
大人ニキビの主な原因としては以下の3点があげられます。

・乾燥
・ターンオーバーの乱れ
・ホルモンバランスの乱れ

ここでは、大人ニキビができる原因について詳しく解説します。

乾燥

大人ニキビができる原因の1つが肌の乾燥です。男性の肌の保水力は女性の半分以下であるといわれており、肌が乾燥しやすい傾向があります。
肌には、水分不足を察知すると皮脂を分泌して潤いを保とうとする働きがあります。そのため、皮膚が乾燥すると皮脂の分泌が過剰に。皮脂が角層や汚れなどと混じり合って毛穴に詰まることで、大人ニキビができるリスクを高めるのです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは肌が生まれ変わるサイクルのことです。
肌の表面は角層・顆粒層・有棘層・基底層の4層構造となっており、基底層で作られた角化細胞が上層へと移動し、最終的に角層を形成しやがて剥がれ落ちます。
ところが何らかの原因でターンオーバーの周期が乱れると、剥がれ落ちるべき角層(角質)が表皮に留まってしまうのです。本来はがれるはずの古い角質が毛穴を詰まらせてしまい、大人ニキビにつながります。

ホルモンバランスの乱れ

思春期ニキビだけでなく、大人ニキビもホルモンバランスの乱れにより発生することがあります。
ストレスなどが原因で交感神経が活発になると、男性ホルモンの分泌が増加。男性ホルモンの一種であるアンドロゲンには、皮脂の分泌を促進させる働き。があります。
アンドロゲンの作用により皮脂の量が増えると皮脂が排出しきれず毛穴に詰まり、ニキビができてしまうことがあるのです。

sec.3 大人ニキビの治し方は?

さまざまな原因によりできてしまう大人ニキビ。
大人ニキビを治すためには、日常の生活習慣を見直すことが欠かせません。具体的な方法としては以下の4つがあげられます。

・丁寧なスキンケアをおこなう
・十分な睡眠をとる
・普段の食べ物を見直す
・ストレスを減らす

ここでは、大人ニキビを治す具体的な方法について詳しく解説します。

丁寧なスキンケアをおこなう

大人ニキビを治すためには、丁寧なスキンケアを行なうことが大切です。肌表面に残っている古い角質や汚れは大人ニキビの原因となるため、毎日の洗顔でしっかりと落としておきましょう。
洗顔の際には肌へ刺激を与えないよう、洗顔フォームをしっかりと泡立て、優しく洗うのがポイントです。洗い終えたら洗顔フォームが皮膚の残らないよう、ぬるま湯でしっかりと洗い流します
洗顔後の乾燥も大人ニキビの原因となるため、洗顔後には保湿も忘れないように行ないましょう。

十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることも、大人ニキビを治すために必要です。なぜなら肌は眠っている間に修復および再生が進むからです。
肌のターンオーバーが活発に行われる「ゴールデンタイム」は22時から2時にあるといわれています。
ゴールデンタイムを含め、少なくとも毎日6~7時間の睡眠をとれるよう心がけましょう。

普段の食べ物を見直す

大人ニキビを治すためには、普段の食べ物の見直しも欠かせません。スキンケアはもちろん、内側からサポートをおこなうことで、大人ニキビを早く治すことが期待できます。大人ニキビを治すためには、次のような栄養素をしっかりと摂取するようにしましょう。

栄養素 働き 多く含まれる食品
ビタミンB群 皮脂の再生を促進する ウナギ・鶏レバー・ブロッコリー・玄米など
ビタミンC コラーゲンの生成をサポートする 柑橘類・ブロッコリー・ピーマン・アセロラなど
ビタミンE 皮脂の分泌量をコントロールする ナッツ類・カボチャ・サーモン・うなぎなど
βカロテン 肌の状態を良好に保つ ニンジン・モロヘイヤ・ニラ・カボチャなど

上記の食品とは反対に、脂っこい食べ物やスナック菓子、砂糖を多く使った食品などは避けた方がよいでしょう。
なぜなら脂質・糖質を多く含む食品を過剰に摂取した場合、皮脂の成分であるトリグリセリドを増加させる恐れがあるからです。
脂質・糖質の多い食品は減らしつつ、栄養バランスの取れた食事を心がけてくださいね。

ストレスを減らす

ストレスがかかると心身が緊張・興奮状態となり交感神経が優位になります。
交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌が促進され、皮脂の分泌量が増大するため、結果として大人ニキビができるリスクを高めます。
普段の生活でストレスを溜めないようにするのはもちろん、自分なりのストレス発散方法を見つけておきましょう。
ストレスを発散する方法としては、以下のような例が挙げられます。

・運動をする
・趣味に没頭する
・不安や悩みを人に話す
・ストレッチをしてリラックスする

sec.4 男の大人ニキビには「DISM」のスキンケアシリーズがおすすめ

男の大人ニキビには「DISM」シリーズを使ったスキンケアがおすすめです。男性の肌に30年以上向き合い続けたアンファーとDクリニックの企画開発により生み出されたアイテムは、忙しい男性のスキンケアをサポートします。

「DISM」シリーズの
詳細はこちら

クリーミーフォームウォッシュ

肌ダメージ修復にはプラスのケアも必要!メンズスキンケア「DISM」

クリーミーフォームウォッシュは、誰でも簡単に濃密な炭酸泡が作れる、エアゾール機能が特徴の洗顔料です。
大人ニキビを改善するにはたっぷりの泡を使った洗顔がおすすめですが、なかには泡を作るのが面倒で続けられない方もいるでしょう。
クリーミーフォームウォッシュならノズルを押すだけで濃密な炭酸泡が作れるため、忙しい男性でも手軽に正しいスキンケアが続けられます。

DISM「クリーミーフォーム
ウォッシュ」のご購入はこちら

オールインワンジェル

肌ダメージ修復にはプラスのケアも必要!メンズスキンケア「DISM」

オールインワンジェルは「化粧水」「乳液」「美容液」「マスク」「クリーム」の5つの機能が1つになったジェルです。洗顔後にはこれ1つで肌を保湿でき、化粧水の後に乳液やクリームなどを重ね塗りする必要がありません。
忙しい朝でもしっかり保湿ができるため、大人ニキビの改善につながるでしょう。

DISM「オールインワン
ジェル」のご購入はこちら

sec.5 大人ニキビを改善するには生活習慣の見直しが大切です

大人ニキビの多くは生活習慣の乱れによって肌が乾燥したり、ターンオーバーが乱れたりすることで発症します。そのため、食習慣や睡眠習慣を見直し、正しいスキンケアのやり方を身につけることが重要です。
また、ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ、皮脂の分泌量増大にともない大人ニキビができやすくなるため、自分なりのストレス発散法を実践するようにしましょう。

忙しい毎日、正しいスキンケアを実践するのが大変という方には、DISM(ディズム)の多機能スキンケアシリーズがおすすめです。短時間で効率よくスキンケアをおこない、大人ニキビを改善・予防しましょう!