STORE

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

最終更新日:

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

冬は湿度が夏の半分ほどになるうえ、暖房にも水分を奪われてしまい、髪も乾燥しがちです。この乾燥が髪や頭皮に大敵。乾燥から地肌を守ろうとして、頭皮では表皮の角化(ターンオーバー)がはやまり、いわゆるフケが多くなります。
フケをそのまま放置すれば、溜まったフケや酸化した皮脂が原因で、頭皮がかゆくなったり、ニキビの様な毛嚢炎が出来たりします。
艶のある美しい髪を守り、育毛に適した頭皮環境を維持するために、念入りな保湿ケアが必要と言えます。

sec.1 フケは頭皮のSOSサイン

頭皮は体の皮膚と同じように新陳代謝を繰り返しています。正常な頭皮の角質は、約1か月で新しい頭皮へ入れ替わります。この剥がれ落ちる角質が「フケ」になります。フケは誰にでも発生するもので、必要以上に怖がることはありません。
ところがこの角質の入れ替わりサイクルが様々な要因で崩れると、目に見えるくらいの塊で剥がれ落ちるようになります。フケが多発したりかゆみを伴うのであれば、それは頭皮からのSOSサイン。放置しておくと一時的な抜け毛の原因となるので、早めの対処が必要です。

sec.2 あなたのフケはどちらのタイプ?

パラパラ落ちる乾燥型
パラパラ型は頭皮の水分・皮脂が不足して乾燥することによって出るフケです。乾燥する冬場にフケの症状を訴える患者さんの多くがこの型です。皮脂量は10代後半~20代をピークに年齢とともに徐々に減っていくため、若いころと同じように洗いすぎて必要な皮脂までも洗い落とすと、乾燥性のフケの増加を招きます。
頭皮に張り付き、塊になって落ちる湿性型
ベタベタ型は、洗髪をしなかったり、洗い方が悪く皮脂や汚れが残っていたりすることなどが原因となります。通常このタイプは頭皮を清潔に保つことで改善がみられることが多いですが、「脂漏性皮膚炎」などの病気が潜んでいることも。かゆみから掻いてしまうとさらに悪化する悪循環に陥り治りにくくなりますので、早めの治療をおすすめします。
風呂でシャンプーをする男性の後ろ姿

sec.3 乾燥から髪と頭皮を守るには

冬は乾燥によって出ることがある乾いたフケ。頭皮の保湿を心がけ、健康な頭皮を保つことが抜け毛の対策につながります。
乾燥から髪と頭皮を守る対策方法をご紹介させて頂きます。

頭皮の保湿をしましょう

冬場の乾燥する時期には、保湿性の高いシャンプーや頭皮用ローションなどの使用をオススメします。この時期、かゆみやフケが気になりだしたら、まずは保湿から始めてみましょう。
頭皮用ローションを選ぶポイントは、保湿効果掛けでなく、抗炎症成分配合の物を選ぶとかゆみの改善につながります。
また、頭皮を洗う時や頭皮用ローションを使用するときには、頭皮をこすらず、指の腹で優しく揉みながら馴染ませるのがコツです。

シャンプーする女性
シャワーのお湯はぬるめで

シャワーのお湯の温度も、肌を乾燥させる大きな原因の一つ。
寒いからと言って、髪を洗い流す際に、お湯が熱すぎると頭皮の潤いが失われ、「過乾燥」状態になってしまいますので気を付けましょう。おすすめは38~40℃くらいのぬるま湯。
体はしっかりと湯船に浸かって、深部から温めるようにしましょう。

シャワーのイメージ
お部屋も加湿しましょう

暖房を使用すると、お部屋はますます乾燥してしまいます。加湿器を置いて湿度を保つことで、髪と頭皮のダメージを防ぐ大きな助けとなります。室内は湿度45~60%に保ち、髪と頭皮のダメージを防ぐようにしましょう。
また、冬は汗をかきにくいと思われがちですが、寒い外気と暖房の効いた室内の温度差が大きいため、意外にも汗をかきやすい環境です。発汗は頭皮にとって逆効果になりますので、高温多湿にならないように注意し、汗ばんだ日はしっかりシャンプーでケアしましょう。

加湿器のイメージ

フケ対策のシャンプー選びのコツは、そのフケ・かゆみ、頭皮の乾燥が原因かも。乾燥を防ぐシャンプー選びのポイントは?でも詳しく説明しています。ぜひご参照ください。

sec.4 意外と知らない冬のお肌トラブル「大人ドライスキン」

以前は乾燥肌でもなく、肌の状態を気にすることが少なかった人でも、年を重ねるにつれて肌が乾燥し、かゆみを感じることが多くなっていませんか?それは、「大人ドライスキン」の入口かもしれません。早めの対応を心がけましょう。

大人のドライスキンとは?

ひと口に乾燥肌とはいっても、子供と大人では乾燥のメカニズムが異なります。子供の場合、皮膚が薄い為に乾燥しやすいのですが、大人の場合は乾燥して分厚くたまった角層にヒビが入ることで乾燥肌が進行しています。
このため、大人のドライスキンには、そのメカニズムを考えたボディケアが必要なのです。「単なる乾燥」だと思ってそのまま放置すると「乾皮症」へと進行してしまう可能性もありますから、注意が必要です。

大人ドライスキンのメカニズム図
髪の乾燥は、バスタイムに起きている

大人ドライスキンには、「バスタイム」からのケアを心がけましょう。その理由は、肌を乾燥させる二大要因が「お風呂での洗い過ぎ」と「熱いお湯に長時間浸かること」にあるからです。そして、使用するタオルは柔らかい素材のものを使用することがおすすめ。ボディソープも、最近では大人ドライスキン向けの、皮脂を洗い過ぎないタイプが開発されていますから、試してみるのも一考です。

お風呂のイメージ

関連コラム

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪が目立つようになってきたので隠したい。でも白髪染めをすると炎症を起こすこともあり、抜け毛につながりそうで心配…。そこで、白髪染めと抜け毛の関係を解説!頭皮を守りながらできる白髪ケアの方法をお知らせします。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

冷えによって血行が悪くなると、髪に栄養が十分に行き届かなくなり、抜け毛の原因になることもあります。今年は冷えない体づくりを心掛け、冬の抜け毛を減らしましょう。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

フケを放置すると、溜まったフケや酸化した皮脂が原因で、頭皮がかゆくなったり、ニキビの様な毛嚢炎が出来たりします。育毛に適した頭皮環境を維持するために出来ることとは?

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

適度な運動は抜け毛予防に繋がります。それは栄養を運ぶ血流を改善することや若返りホルモンの分泌を活性化することにあります。すぐに始められる簡単な運動もご紹介!運動から健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く食事

アンファーおすすめの抜け毛にいい食事

抜け毛にいい食事とはどんなものでしょうか?今回は髪の生成に必要な栄養素について解説。バランスの良い食事を心がけることで、健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

シャンプー選びや抜け毛対策に加えて、男性にとって気になるAGAの特徴やチェックポイント、改善方法を詳しく解説。これであなたの抜け毛対策を、万全なものにしてください。

CHECK

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

シャンプー中の抜け毛が増えた方に、アンファースタッフが「気をつけるべき抜け毛」の見分け方を正しくレクチャー。抜け毛対策に役立つシャンプー選びのポイントも、合わせてご紹介します!

CHECK

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

壮年性脱毛症へ効果を発揮する成分ミノキシジル。そもそも壮年性脱毛症がヘアサイクルに与える悪影響とは?
乱れたヘアサイクルへのミノキシジルの薬理作用とは?
近年注目を集める成分ミノキシジルついてご紹介します。

CHECK

育毛剤とは

育毛剤とは

医薬部外品である育毛剤。育毛剤に期待できる効果とは?
育毛剤に関する情報をここではご紹介します。

CHECK

発毛剤とは

発毛剤とは

発毛剤とは「発毛効果」が認められている医薬品。期待できる効果や効果が出るまでの期間とは?発毛剤に関する情報をご紹介します。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK