STORE

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

最終更新日:

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪が目立つようになってきた。老け見えが嫌なので、できれば隠したい。でも、白髪染めをすると、アレルギーによる炎症を起こすこともあり、抜け毛につながりそうで心配…。そんな理由で白髪染めをためらっている方、多いのではないでしょうか。そこで、白髪染めと抜け毛の関係を解説! そして、できるだけ頭皮を守りながらできる白髪ケアの方法をお知らせします。

sec.1 白髪染めと抜け毛の関係は?

抜け毛には、加齢、AGA、ストレス…など、実にさまざまな要因がありますが、その一つになるかもしれないのが「白髪染め」。白髪染めがすぐに抜け毛を起こすとは言い切れませんが、抜け毛が生まれやすい環境を作ってしまう可能性があります。
「白髪染め」と一言でいっても、いろいろな種類があります。中でも、ヘアサロンや市販品として最も多く使われているのは、2剤式(2つの薬剤を混ぜて使用する)タイプのヘアカラー。2剤を混ぜることで起こる化学変化によって髪の毛の内部に染料を閉じ込め、色が長持ちすることから「永久染毛剤」と呼ばれています。

2剤式のヘアカラーに使われているのは、おもに次のような有効成分です。
●アルカリ剤(アミノフェノール、パラアミノフェノール、レゾルジン など)
⇒髪の表面にあるキューティクルを開き、染料が入りやすいようにする
●酸化染料(パラフェニレンジアミン、トルエン-2,5-ジアミン など)
⇒髪に色素を定着させる
●酸化剤(過酸化水素水)
⇒メラニン色素を破壊して髪を脱色、染料の色がそのまま発色するようにする

これらの成分は、永久染毛剤には欠かせないものですが、酸化染料のジアミン化合物は人によっては頭皮の痛みや赤み、またかぶれや湿疹などのアレルギー症状を起こすことが報告されています。また、アルカリ剤や酸化剤も、本来 “弱酸性”であるべき頭皮にとって、刺激となる可能性があります。髪を染めたことがある方は、薬剤を使った時に、頭皮に“ピリピリ”とした感触を感じたことはありませんか? それは、頭皮が刺激を受けているというサインです。自覚症状があるなしに関わらず、白髪染めによる刺激が続くと、個人差はありますが、頭皮は次第にダメージを受けやすくなっていきがちです。そうして頭皮環境が悪化すると、髪の毛が抜けて生え変わるヘアサイクルの周期が乱れ、通常ならば2~6年は生えているはずの髪の毛が、短命になってきちんと成長しないことも…。白髪染めが頭皮に与える刺激が、間接的・長期的に抜け毛につながっていく可能性が全くないとは言えません。

そうはいっても、とにかく白髪染めを使いたい!という方には、美容室やヘアサロンで染めてもらうことをおすすめします。費用はかかりますが、オーダーをすれば、薬剤を頭皮に極力つけないように施術してくれるサロンもあります。また、比較的刺激の少ないカラーを採用しているサロンも増えていますので、相談してみましょう。また、市販品のヘアカラーは一般の方でも上手に染められるよう、薬剤の濃度を濃く配合していることがあります。自分で染める場合は、必ず説明書きを確認し、なるべく頭皮に薬剤をつけない、塗布後の置き時間を守るなど、手順や注意事項を守ることが必要です。

sec.2 頭皮の環境を乱しにくい白髪染めは?

簡単な白髪対策をしたい!という方に、最近人気があるのがカラートリートメント。髪の毛の表層部のみを染める「半永久染毛料」と呼ばれるもので、「永久染毛剤」より色保ちは短いです。使い方は、お風呂場でシャンプーした後、通常のリンスやトリートメントのように髪の毛になじませ、5~10分後に洗い流すだけ。数日間使うと、白髪が自然な髪色に染まって目立たなくなっていきます。定期的に使う必要がありますが、トリートメント剤として髪や頭皮をいたわる成分が配合されているため、髪のパサつきが収まってまとまりやすくなったり、頭皮の環境を乱しにくいメリットもあります。

スカルプD ヘアカラーコンディショナー
◆W毛髪浸透成分※1で、染まりにくい髪も深染め※2できる
◆独自成分の黒豆豆乳発酵液※3で、髪にうるおいを与える
◆スカルプロテクト設計で頭皮をいたわる
◆8つの成分※4フリー
※1 イソステアロイル加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)/補修
※2 深みのある色に染めることです
※3 豆乳発酵液/保湿
※4 パラペン、ジアミン、シリコン、過酸化水素、エタノール、石油系界面活性剤、合成香料、アンモニア

購入する

sec.3 染めなくてもできる、白髪隠しとは?

もっと手軽に白髪を隠したい、という方に人気なのが、スプレータイプのカラー剤。朝のスタイリング後、白髪が気になる生え際や頭頂部分に吹きかけると、黒い樹脂が白髪をコーティングしてくれます。最近は、雨・汗などに強いタイプも出ており、色落ちの心配も少なくなっています。また、髪1本1本を太く見せてくれたり、頭皮の透けを目立たなくしてくれたりするものを選べば、同時に薄毛対策もできます。

スカルプD ブラックカバースプレー
◆気になる部分を自然に簡単カバー&髪型キープ
◆雨・汗でも落ちにくいのに、洗い流しは簡単
◆髪馴染みのいいナチュラルブラック
◆頭皮環境の悪化※5を防ぐ、スカルプモイスト成分※6を配合
※5 頭皮の乾燥
※6 豆乳発酵液・グリセリン(保湿成分)

購入する

sec.4 まとめ

美容院やサロンで使われている2剤式の白髪染めは、性質上どうしても髪や頭皮にダメージを与えてしまう可能性があります。健康な頭皮を保ちながら抜け毛のリスクを極力へらした白髪対策をしたいなら、半永久染毛料のカラートリートメントを。また、白髪を隠すカラースプレーなどを使用するのもおすすめです。

関連コラム

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪が目立つようになってきたので隠したい。でも白髪染めをすると炎症を起こすこともあり、抜け毛につながりそうで心配…。そこで、白髪染めと抜け毛の関係を解説!頭皮を守りながらできる白髪ケアの方法をお知らせします。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

冷えによって血行が悪くなると、髪に栄養が十分に行き届かなくなり、抜け毛の原因になることもあります。今年は冷えない体づくりを心掛け、冬の抜け毛を減らしましょう。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

フケを放置すると、溜まったフケや酸化した皮脂が原因で、頭皮がかゆくなったり、ニキビの様な毛嚢炎が出来たりします。育毛に適した頭皮環境を維持するために出来ることとは?

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

適度な運動は抜け毛予防に繋がります。それは栄養を運ぶ血流を改善することや若返りホルモンの分泌を活性化することにあります。すぐに始められる簡単な運動もご紹介!運動から健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く食事

アンファーおすすめの抜け毛に効く食事

抜け毛に効く食事とはどんなものでしょうか?今回は髪の生成に必要な栄養素について解説。バランスの良い食事を心がけることで、健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

シャンプー選びや抜け毛対策に加えて、男性にとって気になるAGAの特徴やチェックポイント、改善方法を詳しく解説。これであなたの抜け毛対策を、万全なものにしてください。

CHECK

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

シャンプー中の抜け毛が増えた方に、アンファースタッフが「気をつけるべき抜け毛」の見分け方を正しくレクチャー。抜け毛対策に役立つシャンプー選びのポイントも、合わせてご紹介します!

CHECK

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

壮年性脱毛症へ効果を発揮する成分ミノキシジル。そもそも壮年性脱毛症がヘアサイクルに与える悪影響とは?
乱れたヘアサイクルへのミノキシジルの薬理作用とは?
近年注目を集める成分ミノキシジルついてご紹介します。

CHECK

育毛剤とは

育毛剤とは

医薬部外品である育毛剤。育毛剤に期待できる効果とは?
育毛剤に関する情報をここではご紹介します。

CHECK

発毛剤とは

発毛剤とは

発毛剤とは「発毛効果」が認められている医薬品。期待できる効果や効果が出るまでの期間とは?発毛剤に関する情報をご紹介します。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK