STORE

冬の抜け毛の原因とは?食事やストレッチなど今からできる冬の抜け毛対策をご紹介

最終更新日:

冬の抜け毛の原因とは?食事やストレッチなど今からできる冬の抜け毛対策をご紹介

冬の体の冷えからくる血行不良はさまざまな体調不良を及ぼします。気になる抜け毛もそのひとつ。女性の悩みと思われやすい冷えですが、実は男性で冷えに悩む人も年々増えています。そこで今回は冬の抜け毛を悪化させないための冷え対策をご紹介。日常生活の中でできる対策方法から、身体をほぐすストレッチ法、身体を芯からあたためる食事まで、幅広くご紹介するので、ぜひご覧ください。

sec.1 冬の抜け毛は血行不良が関係している?

GOOD 髪に必要な栄養は、血液によって運ばれる
BAD 血行不良になると、髪に必要な栄養が行き届かない!!

髪は頭皮の奥深くにある毛細血管から、栄養を得て髪をつくっています。冷えによって血行が悪くなると、髪に「アミノ酸」や「ビタミン」「ミネラル」などの栄養が十分に行き届かなくなり、抜け毛の原因になることもあります。
また、冬は体の免疫力も低下しがち。体温が1℃下がると、免疫力が30%低下するとも言われており、悪い常在菌などの繁殖により頭皮環境が悪くなりやすくなるのです。
冷え性の男性が増えているといいますが、今年の冬は冷えない体づくりを心がけ、冬の抜け毛を減らしましょう。

sec.2 冷えから髪と頭皮を守る対策【生活習慣編】

生活の中に取り入れられる冷え対策法を、1日の行動に則って「OK習慣」と「NG習慣」の2パターンで紹介します。日々の生活を見直し、良い習慣を送ることを心がけましょう。

起床
OK

時間に余裕を持って起き、朝日を浴びながら大きく伸びをして、全身に血液を巡らせます。四股踏みができればベスト。朝食はきちんと摂ります。朝は排泄の時間なので、消化が良く体が温まるものが良いでしょう。

NG

ギリギリまで二度寝して、朝食抜きで家を飛び出すのはNG。朝食を抜くと体が温まらず新陳代謝が落ちて血行が悪くなります。寒さから冬は夏よりもエネルギー消費が高くなるので、朝食抜きでは午前中の活動に支障が出てしまうでしょう。

通勤
OK

通勤中の防寒対策は必須。首、手首、足首を温めると血行がスムーズになります。特にマフラーは血流が滞りがちの首を温めるのでおすすめ。屋外と屋内では温度差があるので、着脱しやすいベストや巻物などで調整できるようにしましょう。背筋を伸ばした大股歩きで代謝をアップ!

NG

上半身は厚手のコートを着て暖かくしていても、下半身の防寒対策はズボン1枚だけという人は注意。冷気は下に溜まっていくので、知らず知らずのうちに下半身が冷え、血行が悪くなっているかもしれません。

入浴
OK

ゆったりお湯につかると全身の血行がスムーズに。体の疲れが取れるだけでなく、リラックス効果もあります。入浴後は水分補給も忘れずに。脱衣所が寒いと血圧が急激に変化するので、暖房を入れて温めておくと良いでしょう。

NG

シャワーは体の表面だけしか温まらないので、体の芯は冷えたまま。これでは緊張が取れず、血行もよくなりません。また、熱いお風呂は急激に血圧が上昇するので危険です。お風呂の温度は42度以下に設定しましょう。

就寝
OK

血行を良くするためには、短くても熟睡できることが大切。手足が冷えていたり、緊張していると熟睡できないので、手足をグーパーと縮めたり広げたりして末端の血流を促したり、首筋や後頭部に手を当てて、手の温かさで緊張をほぐしましょう。

NG

眠る直前までスマホやテレビを見たり、カフェインをとったりしていると、交感神経が優位になり、熟睡できにくくなります。夜間に分泌される成長ホルモンは髪や頭皮の健康にも影響するので、適切な睡眠がとれないことは髪に悪影響しかないでしょう。

sec.3 冷えから髪と頭皮を守る対策【ストレッチ編】

冷えからくる肩コリによって、頭皮まで血行不良に陥ってしまうこともあります。肩こりの原因や対策をご紹介するので、肩コリを解消して、頭皮の血流もアップさせましょう。

肩コリの主な症状
肩や腰の筋肉が凝りやすくなった。あちこちが凝っていて体が重く感じる。凝っている場所を押すと硬くて痛い、肩を回すとグキグキと音がするといった不調を感じたら、血流が悪くなっているサインかもしれません。
肩コリの考えられる原因
重い頭と両腕を、私たちは肩と首だけで支えているため、緊張した状態が長く続き、疲労物質が溜まっていきます。加齢に伴い血行が悪くなると、さらに疲労物質が留まってしまうため、肩コリが起こりやすくなります。
また筋肉を使う機会が減ると、筋肉が固まって緊張しやすくなったり、疲れやすくなったりします。肩こりがひどくなり首の筋肉が硬くなると、脳への血流が悪くなり、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴りといった症状を引き起こす原因にもなります。
肩コリや血行不良におすすめ!簡単ストレッチ
STEP1
マッサージをする女性のイラスト

左右の首筋に指をあて、ゆっくりと円を描きながら両肩まで下ろします。コリコリとしたかたまりがあれば、指先を軽くあて、クルクルと円を描きながらマッサージします。

STEP2

息を吸いながら両肩を耳の辺りまで持ちあげて3秒間キープし、息を吐きながら力を抜きます。同じ動きを3回繰り返してから肩を5回後ろに回します。

マッサージをする女性のイラスト
STEP3
マッサージをする女性のイラスト

椅子に座り、左手を太ももの下にはさみ、右手で左側頭部をおさえます。気持ちいいと感じるところまでゆっくり首を曲げ3秒間キープします。これを左右1回ずつ。

STEP4

両腕を頭の後ろに上げ、右手で左のひじを押さえます。気持ちいいと感じるところまでゆっくりとひじを下に押して3秒間キープします。これを左右交互に1回ずつ行いましょう。

マッサージをする女性のイラスト

sec.4 冷えから髪と頭皮を守る対策【食事編】

身体を中から良くしていく食事は冬の抜け毛対策でももちろん大切。冬におすすめの食材から、身体の芯から温まるとっておきのレシピまでご紹介します。

冷え対策におすすめの食材

寒さからエネルギー消費量が多くなりやすい冬に摂りたい食材をご紹介します。

ヒヨコが成長するために必要な栄養成分を凝縮している卵は、「完全栄養食品」。
生命に必要な脂質類とタンパク質、カルシウム、リンや、ビタミンも豊富に含んでいます。美味しく簡単な卵料理で、冬老化に立ち向かいましょう。

卵のイメージ
冬の旬の食材

スーパーには、年間を通して売られている野菜や果物が多くあり、もうどれが旬のものなのか区別がつかなくなっていますが、旬の食べ物を摂ることは血行を良好にするための1つのポイント。冬の旬の食材は体を温める作用を持っているからです。ネギやしょうが、根菜類などを上手に使って、体を温め、血行の良いカラダをつくりましょう。

ネギのイメージ
冷え対策におすすめのレシピ2選

管理栄養士・国際中医薬膳師の清水加奈子さんが考案したとっておきの冷え対策レシピをご紹介します。

おすすめレシピ!タラとたっぷり野菜の豆乳坦々鍋
タラとたっぷり野菜の豆乳坦々鍋

●材料(2人文)
・甘塩タラ………4切
・キャベツ………200g
・ニラ………1束
・にんじん………1/2本
・きのこ(エリンギ、えのきなど)………100g
・にんにく………1片
・しょうが………1かけ
・豆板醤(またはラー油)………小さじ1/2
・ごま油………大さじ1

〈A〉
・豆乳………3カップ
・鶏がらスープ………1カップ(水1カップに鶏がらスープの素大さじ1を入れる)
・練り白ごま(またはピーナッツバター)………大さじ5
・白ごま………大さじ1

●作り方
①タラは食べやすく切る。キャベツはざく切り、にらは5cm幅、にんじんは太めの千切り、キノコは食べやすい大きさに、それぞれ切る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。
②鍋にごま油を熱し、にんにく、しょうが、豆板醤をいれる。
③香りが立ったら〈A〉を加え、弱火で煮立てる。
④①を加え、タラと野菜に火が通るまで煮て、完成。

調理のポイント
豆乳を入れたら弱火で加熱するのがポイント。強火で加熱すると、豆乳に含まれるたんぱく質が固まって膜ができてしまう。野菜を加えた後は中火でOK。

毎日出来る簡単レシピ!ホットはちみつレモンジンジャー
ホットはちみつレモンジンジャー

●材料(1人分)
・レモンスライス………1枚(またはレモン汁………大さじ1)
・はちみつ………大さじ2
・擦ったしょうが………小さじ1~2
・お湯………120~150ml

●作り方
①カップに材料を入れ、お湯を注ぐ。
②レモンスライスを浮かべる。

sec.5 冷えに負けない体づくりで、抜け毛を気にせず冬を越そう

冬の抜け毛の原因となる、冷えからくる血行不良。そんな血行不良を解消する対策をご紹介してきました。生活習慣やストレッチ、食事など、どれも生活の中ですぐに取り入れられるものばかり。健康で強い頭皮と髪のためにも、意識掛けながら生活できると良いですね。

この記事の監修
アンファー株式会社

関連コラム

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪染めで抜け毛が増える? 安心してできる白髪対策は?

白髪が目立つようになってきたので隠したい。でも白髪染めをすると炎症を起こすこともあり、抜け毛につながりそうで心配…。そこで、白髪染めと抜け毛の関係を解説!頭皮を守りながらできる白髪ケアの方法をお知らせします。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~冷え編~

冷えによって血行が悪くなると、髪に栄養が十分に行き届かなくなり、抜け毛の原因になることもあります。今年は冷えない体づくりを心掛け、冬の抜け毛を減らしましょう。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

冬に男性のフケがひどくなるのはなぜ?原因や対策方法を解説!

フケを放置すると、溜まったフケや酸化した皮脂が原因で、頭皮がかゆくなったり、ニキビの様な毛嚢炎が出来たりします。育毛に適した頭皮環境を維持するために出来ることとは?

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

キツい運動は必要なかった!抜け毛に効く「手軽」な運動習慣

必要なのはキツイ運動ではなく、毎日の生活に取り入れられるような簡単なものばかりです。激しい運動は苦手という人も安心してぜひご覧ください。

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く食事

今日から始められる抜け毛予防。食事で気を付けるポイントは?

抜け毛にいい食事とはどんなものでしょうか?今回は髪の生成に必要な栄養素について解説。バランスの良い食事を心がけることで、健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

シャンプー選びや抜け毛対策に加えて、男性にとって気になるAGAの特徴やチェックポイント、改善方法を詳しく解説。これであなたの抜け毛対策を、万全なものにしてください。

CHECK

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

こんな抜け毛は危険?見分ける3つのポイントと対策シャンプーについて

シャンプー中の抜け毛が増えた方に、アンファースタッフが「気をつけるべき抜け毛」の見分け方を正しくレクチャー。抜け毛対策に役立つシャンプー選びのポイントも、合わせてご紹介します!

CHECK

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

壮年性脱毛症へ効果を発揮する成分ミノキシジル。そもそも壮年性脱毛症がヘアサイクルに与える悪影響とは?
乱れたヘアサイクルへのミノキシジルの薬理作用とは?
近年注目を集める成分ミノキシジルついてご紹介します。

CHECK

育毛剤とは

育毛剤とは

医薬部外品である育毛剤。育毛剤に期待できる効果とは?
育毛剤に関する情報をここではご紹介します。

CHECK

発毛剤とは

発毛剤とは

発毛剤とは「発毛効果」が認められている医薬品。期待できる効果や効果が出るまでの期間とは?発毛剤に関する情報をご紹介します。

CHECK

クエスチョンマークのイメージ

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK

毛根鞘まで抜くと快感・・・。これって病気か毛を抜きたくなる癖? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

毛根鞘まで抜くと快感・・・。これって病気か毛を抜きたくなる癖?

毛根鞘とはどういうものなのか、そして毛を抜いてしまうトリコチロマニア(抜毛症)について紹介します。

CHECK

毛根が死滅したらアウト?髪の毛を復活させるために知るべきこと 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

毛根が死滅したらアウト?髪の毛を復活させるために知るべきこと

毛根が死滅する原因や、髪の生えるメカニズム、毛根を復活させる方法を解説します。

CHECK

抜け毛が増えた…その原因は石鹸シャンプーかも!? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

抜け毛が増えた…その原因は石鹸シャンプーかも!?

肌にやさしいはずの石鹸シャンプーでなぜ抜け毛が増えるのか?原因と改善法を検証します。

CHECK

フィンペシアの初期脱毛(休止期脱毛) いつ始まっていつ終わるのか?

フィンペシアの初期脱毛(休止期脱毛) いつ始まっていつ終わるのか?

フィンペシア・プロペシアによる初期脱毛(休止期脱毛)について解説します。

CHECK

髪の毛の生え替わり周期を知る!季節の抜け毛か脱毛症かチェック

髪の毛の生え替わり周期を知る!季節の抜け毛か脱毛症かチェック

髪の毛の生え変わりと脱毛症の違いを把握する方法や、抜け毛を抑える対策方法をご紹介します。

CHECK

前触れもなくごっそり髪が抜けた!それって高熱が原因かも!?

前触れもなくごっそり髪が抜けた!それって高熱が原因かも!?

中毒性脱毛症の概要、高熱から抜け毛が発生するまでの期間、症状が治まるまでの期間、抜け毛が起きた際の対処方法などについてご紹介します。

CHECK

【美容師監修】シャンプー時の抜け毛の原因とは!?「抜けている」ではなく「抜いている」かも!?正しい洗髪で薄毛・細毛対策!

【美容師監修】シャンプー時の抜け毛の原因とは!?「抜けている」ではなく「抜いている」かも!?正しい洗髪で薄毛・細毛対策!

シャンプーのやり方次第で、髪を健康な状態に導き、抜け毛を抑えることができます。シャンプーの仕方について、ヘアメディカルサロンの店長、伴亮(ばん りょう)さんに伺いました。

CHECK