STORE

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

こんな抜け毛は危険のサイン? 抜け毛を見分ける3つのポイントは?

シャンプー中の抜け毛が、以前より多くなったような気がする。どうして抜け毛が増えたのか、人と比べて抜け毛が多いのかよくわからない。そんな不安をお持ちの方に、アンファースタッフが「気をつけるべき抜け毛」の見分け方を正しくレクチャー。抜け毛が気になる人のシャンプー選びのポイントも、合わせてご紹介します!

sec.1 抜け毛にも種類がある?

健康な人の髪の毛は、2年~6年の成長期を過ぎると退行期・休止期に入り、次第に抜けていきます。これは「自然脱毛」と呼ばれ、誰にでも普通に起こる現象です。しかし、●シャンプーや整髪料のアレルギー ●ストレス・生活習慣の乱れ ●頭皮の乾燥 ●頭皮の皮脂過剰 ●疾患(AGA、FAGA)などが原因で、頭皮の状態が悪化すると、髪の毛の成長期が短くなり、多くが育ちきらないうちに抜けてしまうように。これを総称して「異常脱毛」といいます。

sec.2 抜け毛の原因

男性の脱毛症として最も多く、特徴的なものがAGA(男性型脱毛症)になります。AGAは加齢によって起こるだけではなく、20代など若い年代で発症することもあります。メカニズム的な原因を述べますと、男性ホルモンのテストステロンが酵素によって変異し、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンになってしまうことです。このジヒドロテストステロンが毛根を攻撃するのです。では、なぜその「酵素」が出るようになるのか?それは以下のような原因があります。

【1】加齢
男性更年期で男性ホルモンの分泌量が下がり、その結果ジヒドロテストステロンが発生することも原因の一つと考えられています。
【2】遺伝
祖父・父親がハゲだと子どももハゲる…そんな印象をみなさんお持ちだと思います。遺伝は薄毛に大きく影響しています。
【3】睡眠
髪が成長するのに、成長ホルモンはとても重要です。慢性的に睡眠不足の方は髪だけでなく皮膚・臓器の細胞の生まれ変わりにまで大きな悪影響を与えています。また、良質な男性ホルモン分泌に睡眠は大切な要素です。
【4】食事
日本の薄毛人口の増加には、食の欧米化が関わっていると推測されています。高脂肪な食事は血行を悪くし、髪の栄養が届きにくくなります。また、脱毛症とBMIの相関性が報告されていますので、低脂肪で栄養バランスのいい食事が大切であると言えます。
【5】ストレス
ストレスは活性酸素を発生させることはご存知でしょうか?さまざまな老化現象を加速させる活性酸素はもちろん毛根にも悪影響です。また、ストレスでジヒドロテストステロン生成が増加するとも言われています。
【6】紫外線
忘れられがちですが、紫外線も頭皮に悪影響です。髪で覆われているからと安心してはいけません。頭皮は体の中で最も太陽に近く、常に紫外線を浴びています。

このような多くの原因が絡み合って、男性型脱毛症を引き起こしています。ポイントは男性ホルモン変異と頭皮環境。あなたにも心当たりはありませんか?。

sec.3 「異常な抜け毛」はどう見分ける?

「異常脱毛」が起こっているかどうかは、抜け毛を見ればわかります!まずはじっくり観察してみましょう。

チェックポイント1…毛根の色・形
抜けた毛の根本、「毛根」の部分はどうなっていますか? 自然脱毛の髪の毛は、毛根が黒→根本へと次第に白くなっており、マッチ棒のように丸くふくらんでいます。しかし、
●色が全体的に白い(触るとベタベタする) ●色が全体的に黒い ●形が尖っている ●形にくびれがない ●先からしっぽのようなものが出ているというような毛髪は、何らかのトラブルが原因で抜けている可能性があります。
チェックポイント2…抜け毛の太さ・長さ
自然脱毛の抜け毛には、ある程度の太さがあります。いっぽう、抜けた毛が●細く弱々しい ●短い というような場合は、成長せずに途中で抜けてしまっているサインです。
チェックポイント3…抜け毛の本数
1日に抜けても良い髪の本数は、大体100本程度。
●1日の抜け毛が200本を超えている と、“薄毛”の危険性があります。 他にも、ご自分の体感で、
●排水溝に溜まる毛が増えた ●枕にたくさん髪の毛がついている ●気がついたらいつも床に髪の毛が落ちている などに思い当たるようなら、抜け毛対策を考えたほうがいいでしょう。

sec.4 今のシャンプー、合っていますか?

実は、抜け毛を含めた頭皮トラブルの原因のひとつが、「合わないシャンプー」を使っていること。
●自分の肌質に合っていない
●頭皮を守る皮脂を、必要以上に取りすぎてしまうこのようなシャンプーが、頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

抜け毛が多いと気になる方はもちろんですが、「何となくかゆい」「時々、ポツポツができる」「フケが出やすいかも」という自覚症状がある方。そして「洗ってもすぐ脂っぽくなりやすい」「頭皮が突っ張る」と感じる方。一度、使っているシャンプーを見直してみませんか? 自分に合ったシャンプーを見つければ、頭皮環境が整って健康な髪が育ちやすい状態になるかもしれません。

sec.5 抜け毛対策のシャンプーに必要なことは?

抜け毛が気になる人のシャンプー選びのポイントは、次の2つ! 「汚れはスッキリ、うるおいは残す」「頭皮をケアする成分が入っている」ことです。

汚れはスッキリ、うるおいは残す
丈夫な髪が育つ、柔らかくみずみずしい頭皮を保つために、頭皮の汚れをスッキリ落としながら、適度に皮脂を残せるシャンプーを選びましょう。とにかく清潔に!と何度も洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりすると、皮脂が必要以上に取り除かれて、頭皮が乾燥してしまいます。また、その乾燥を何とかしようと頭皮が過剰に皮脂を出してしまい、逆にベタつきの原因になることも…。
洗浄力の強さを決めるのは、洗浄成分。おもな洗浄成分には「せっけん系」「高級アルコール系」「アミノ酸系」の3つがありますが、他の2つに比べて洗浄成分が穏やかなのが「アミノ酸系」。アミノ酸系の洗浄成分は、「ココイル(ヤシ油)~」「ラウロイル~」「ステアロイル~」「ミリストイル~」などの名前がついています。商品のホームページや、商品裏面にある成分表示でチェックしてみましょう。
頭皮をケアする成分が入っている
抜け毛が気になる方は頭皮の健康を考えて作られている「スカルプシャンプー」を使いましょう。中でも、「薬用=医薬部外品」のスカルプシャンプーは、有効成分が配合されていて汚れをしっかり落とす・肌を保湿する・肌を柔らかく保つなど、頭皮環境を整える効果が期待できます。
※詳しく知りたい方は、スカルプケアシャンプーって何? 使うとどんなメリットがある?をご覧ください。
また、シャンプーを使う時には、頭皮マッサージをしましょう。頭皮が柔らかくなり、血行も促進されます。
※詳しく知りたい方は、頭皮マッサージと正しいシャンプー方法で健やかな髪を保つをご覧ください。

自分の頭皮タイプが気になる方は、下のチェックをお試しください。

頭皮タイプチェック こちらから

sec.6 まとめ

抜けた毛の毛根の色や形、太さ、そして本数をチェックすれば、今の抜け毛が深刻な抜け毛に繋がる可能性があるかどうかがわかります。今のシャンプーは、自分の頭皮に合わない成分が入っている、または洗浄成分などが強すぎて、頭皮環境を悪くしている可能性があるのかも。地肌を洗うアミノ酸系の洗浄成分と、頭皮の状態を整える成分が入った薬用のシャンプーで、健康な頭皮を保つことを心がけましょう。

薬用シャンプーはこちら

関連コラム

アンファーおすすめの抜け毛に効く運動

適度な運動は抜け毛予防に繋がります。それは栄養を運ぶ血流を改善することや若返りホルモンの分泌を活性化することにあります。すぐに始められる簡単な運動もご紹介!運動から健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

アンファーおすすめの抜け毛に効く食事

抜け毛に効く食事とはどんなものでしょうか?今回は髪の生成に必要な栄養素について解説。バランスの良い食事を心がけることで、健康な髪の毛を育てていきましょう。

CHECK

男性の抜け毛予防に必要なのは、シャンプー選びとAGAチェック!

シャンプー選びや抜け毛対策に加えて、男性にとって気になるAGAの特徴やチェックポイント、改善方法を詳しく解説。これであなたの抜け毛対策を、万全なものにしてください。

CHECK

育毛剤とは

医薬部外品である育毛剤。育毛剤に期待できる効果とは?
育毛剤に関する情報をここではご紹介します。

CHECK

発毛剤とは

発毛剤とは「発毛効果」が認められている医薬品。期待できる効果や効果が出るまでの期間とは?発毛剤に関する情報をご紹介します。

CHECK

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤、2つの違いは何か?
どちらを使うことが好ましいのか?
育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

CHECK