STORE

そのフケ・かゆみ、頭皮の乾燥が原因かも。乾燥を防ぐシャンプー選びのポイントは?

乾燥した土地と、シャンプーをする女性

頭皮がかゆい、パラパラとフケが出る…。髪のトラブルの原因はいろいろありますが、もしかするとそれは、頭皮が乾燥しているサインかもしれません。このまま乾燥している状態が続くと、頭皮を守るバリア機能が弱くなり、かゆみやフケだけでなく、将来の薄毛につながってしまう危険性があります。「でも、病院にいくほどではないし…」と思っている方に、頭皮の乾燥を防ぐ有効なセルフケアとしておすすめするのが、毎日使うシャンプー。肌の状態に合ったシャンプーを選んで必要なうるおいを守り、頭皮を健康に保っていきましょう。

sec.1 頭皮の乾燥を見分けるポイントは?

頭皮に違和感があっても、その原因がすべて「乾燥」であるとは限りません。あなたの頭皮が本当に乾燥しているかどうかを知ることが大切です。まずは下記の3点で、自分に当てはまるものをチェックしてみてください。
・頭皮が突っ張っている
・ピリピリとしたかゆみがある
・粉のようなフケが出る
いかがでしたでしょうか? それでは、1つずつ見ていきましょう。

頭皮が突っ張っている
頭頂部が「硬く突っ張る」、もしくは頭皮が「こる」「引っ張られている」。こんな感覚がある方は、頭皮の水分量や皮脂量が低下していることが考えられます。
ピリピリとしたかゆみがある
「ピリピリ」「チクチク」といった鋭角的なかゆみは乾燥のサイン。これは、乾燥によって頭皮のバリア機能が低下し、神経が過敏になっているためです。
粉のようなフケが出る
頭皮の乾燥が進むと、白くてパラパラと落ちる細かいフケが出ます。反対に、皮脂の多い「脂性肌」の方のフケは、湿っぽくて大きく、頭皮に貼りついています。

sec.2 頭皮が乾燥しやすいのは、どんな人?

頭皮の乾燥は、もともとその方が持っている体質などにもよりますが、乾燥を招くような生活習慣から起こっていることがほとんどです。次のような項目に当てはまる方は、乾燥が進みやすいため、日頃から保湿を心がけましょう。

顔や体が乾燥肌
顔の皮膚と頭皮はつながっています。顔が乾燥肌なら、頭皮も同じように乾燥しやすいと考えましょう。
洗浄力の強いシャンプーを使っている
シャンプーは、汚れを落とす洗浄成分=界面活性剤の種類によって、「せっけん系」「アミノ酸系」「高級アルコール系」の3つに分けることができます。このうち、洗浄力が高い「せっけん系」「高級アルコール系」のシャンプーを使用すると、汚れを落とすだけでなく、肌に必要なうるおい成分であるNMF(ナチュラルモイスチャーファクター) まで失われてしまうことが多く、トラブルを起こすことも少なくありません。
パーマやヘアカラーをしている
パーマやヘアカラーに使われる薬剤は、髪だけでなく頭皮にもダメージを与えます。薬剤を頭皮に直接つけない、期間を空けて施術するなどである程度のダメージは軽減できますが、影響は0にはなりません。
アウトドアが好き
紫外線を多く浴びる環境にいると、頭皮も日焼け(サンバーン)により水分が失われて乾燥します。
空調が効いた部屋にいることが多い
夏の冷房、冬の暖房が行き届いた部屋は乾燥しがち。頭皮の乾燥も進みやすい環境です。

sec.3 乾燥を防ぐためには、どんなシャンプーを選べばいい?

頭皮が乾燥する大きな原因のひとつが、洗浄力の強いシャンプーによる洗い過ぎ。1)汚れはしっかり取るけれど、必要な皮脂を残してくれる洗浄成分が入っている 2)乾燥対策に効果的な成分が入っている シャンプーを選ぶことをおすすめします。

「アミノ酸系」シャンプーで、頭皮のうるおいを残す
「せっけん系」「アミノ酸系」「高級アルコール系」といった洗浄成分のうち、「アミノ酸系」の洗浄成分が入ったシャンプーは、ほどよい洗浄力で頭皮のうるおいを残して洗えます。1日1回を目安に、地肌を中心に丁寧に洗いましょう。タイプが分かれているシャンプーなら、「乾燥肌用」「しっとり」「モイスト」などの表記があるものを選んでください。
アミノ酸系の界面活性剤は、脂肪酸+アミノ酸+アルカリ剤でつくられており、「ココイル(ヤシ油)~」「ラウロイル~」「ステアロイル~」「ミリストイル~」などの名称で始まります。シャンプーのHPや商品裏面にある成分表示などでチェックしてみましょう。
薬用シャンプーなら、さらに保湿効果がアップ
薬用シャンプーとは、厚生労働省から「医薬部外品」の認可を受けているもので、「ふけ・かゆみを防ぐ 」「毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ」「毛髪・頭皮を清浄にする」「毛髪・頭皮をすこやかに保つ(又は毛髪をしなやかにする)」のいずれかに有効だと認められた成分が配合されており、一般的なシャンプーより効果が期待できます。ふけ・かゆみを防ぐ成分(ex.ピロクトン、オラミンなど)や、肌荒れを防ぐ成分(成分名/グリチルリチン酸2K、アラントインなど)など、乾燥を防ぐ有効成分が入っている薬用シャンプーを選ぶことで、より効果的に頭皮の乾燥をケアできます。
ヘアトニックやローションで保湿ケアを
できれば洗髪後は、保湿効果のあるヘアトニックや頭皮用ローションで頭皮に潤いをあたえましょう。育毛効果のある薬用トニックなら血行促進もでき、さらに頭皮環境が良くなることが期待できます。
ふけ・かゆみを防ぐ成分(ex.塩酸ジフェンヒドラミン、dl‐α‐トコフェロール2‐L‐アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩)や、肌荒れを防ぐ成分(グリチルリチン酸ジカリウム)などが入っていれば、より乾燥対策に効果的です。

関連コラム

頭皮の湿疹はシャンプーが原因? 見直すべき3つのポイントは?

頭がかゆいと思って触ってみると、ポツポツ湿疹が! 原因はもしかしたらシャンプーかもしれません。今回は主な湿疹の種類や、湿疹対策になるシャンプーの選び方、そして使い方をご紹介します。

CHECK

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

見つけよう!あなたの冬の抜け毛ケア対策~乾燥編~

フケを放置すると、溜まったフケや酸化した皮脂が原因で、頭皮がかゆくなったり、ニキビの様な毛嚢炎が出来たりします。育毛に適した頭皮環境を維持するために出来ることとは?

CHECK

パサパサ髪は、シャンプーが原因? ツヤのある髪をつくるシャンプーとは?

「シャンプーを変えたら髪がパサパサになった」。果たしてシャンプーの何が悪いのか?どうしたらツヤのある髪をシャンプーで実現することができるのか?アンファースタッフが調査いたしました。

CHECK

スカルプケアシャンプーって何?
使うとどんなメリットがある?

スカルプ(Scalp)とは、英語で「頭皮」を指す言葉。その名のとおり、まさに頭皮のためにつくられたシャンプーです。スカルプシャンプーがどんなもので、使うとどんなメリットが生まれるのか。これから詳しくご紹介します。

CHECK

シャンプーにはどんな種類がある? 選ぶポイントは「洗浄成分」にあり!

シャンプー選びが間違っていると、かゆみやフケ、脂っぽさ、薄毛などのトラブルが起こるかもしれません。今回は「洗浄成分」の種類について、アンファーが詳しく解説します!

CHECK

頭皮マッサージと正しいシャンプー方法で健やかな髪を保つ

これから生えてくる髪も、ずっと健やかに保ちたい。薄毛も防ぎたい。そんな方におすすめなのが、頭皮マッサージをプラスしたシャンプー方法。シャンプーの本来の役割は「髪を洗う」ではなく「頭皮を洗い、マッサージをする」こと。その具体的な方法をご紹介。

CHECK