AGAとは

AGAを正しく理解することが、
自分に合った治療の第一歩です。

まだ大丈夫だと思っている方にも知って欲しい“AGA”の基本的な知識。
AGAのメカニズムや原因、治療薬の作用などを説明していきます。

AGAってなに?

AGAは「男性型脱毛症」という病気です。

成人男性特有の進行性の脱毛症で、日本人男性の場合は20代後半〜30代にかけて発症し、40代以降にかけて進行することが多いと言われています。前頭部や頭頂部が薄くなることが特徴で、症状が出る前に、できるだけ早く治療を始めることが大切です。

あなたもAGAかも?

このようなサインがある方は、
AGAの疑いがあります。

抜け毛の量が増えた おでこが広がってきた 地肌が透けてきた 髪の毛が細くなった 髪の先端が細い スタイリングしづらくなった

日本人男性のAGAの発症率は約30%と報告されています。20代のAGA発症率は約10%ですが、40代までには男性の約30%、50代までにはおよそ50%の男性がAGAを発症すると言われており、全ての男性にとって身近な問題だと言えるのです。

※出典:日本皮膚科学会ガイドライン
「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」

AGAはなぜ起きるのか?

AGAを発症していない人に比べて、
髪のヘアサイクルが短いことが原因です。

【正常】太く長い髪に育つ 1周期:2〜7年 2〜7年にかけて成長し、その後抜ける 【AGA】短く細いまま抜け落ちる! 1周期:1年以内 数カ月〜1年以内で成長しきる前に抜け落ちる

AGAを発症すると、頭髪のヘアサイクルが乱れ、髪が太く長く育つ“成長期”が短くなり、細く抜けやすい髪の毛が増えることで、薄毛が進行していきます。太く長く健常な髪の毛に育つ前に、抜け落ちてしまうのです。また、短期間でヘアサイクルが循環するため、正常より早く、毛根が死滅してしまいます。

AGAの治療薬とは?

抜け毛防止

まずは、守りの治療薬。
抜け毛を予防する、フィナステリドとデュタステリド。

AGAの治療薬には抜け毛を予防するいわゆる“守りのタイプ”のものと、発毛を促進する“攻めのタイプ”のものの2種類があり、守りのタイプのものは、ヘアサイクルを乱すDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制し、抜け毛を予防します。

抜け毛を抑えるメカニズムとは?

ヘアイサイクルを乱しAGAを進行させる原因である、DHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合して発生します。守りの治療薬“フィナステリドとデュタステリド”は、この5αリダクターゼを阻害し、AGAの原因(DHT)を抑制することができるのです。

フィナステリドとデュタステリドの差を詳しく見る

発毛促進

生やすなら、攻めの治療薬。
発毛を促進し薄毛を改善する、ミノキシジル。

タブレットタイプの内服薬と頭皮に直接塗る外用薬の2種類が存在し、それぞれ同じ有効成分ミノキシジルを含有した治療薬です。

ミノキシジルはなぜ生えるのか?

栄養不足により毛母細胞が不活性 ミノキシジルで 血流の改善によって栄養が行き届く毛母細胞が活性化

毛母細胞が分裂することで髪が作られます。ミノキシジルによって毛母細胞が活性化され、分裂が促されて、より長くて太い髪が作られるようになります。つまり、ヘアサイクルを延長させる働きを持つことから発毛を促す薬剤として用いられているのです。

ミノキシジルについて詳しく見る

AGA治療の始めどきは?

気になり出したときが、始めどき。
AGAを改善したり予防するには、対策を早く始めることが重要です。

髪の毛が作られるための、毛母細胞の分裂は無限ではありません。AGAが発症すると、通常よりも早く分裂の限界に達し、その後はどのような治療を試みても発毛を促すことが不可能になってしまいます。少しでも早く治療を始めることが、良い状態を維持できることに繋がるのです。

症例を詳しく見る

悩んでいるなら小さなことでもいますぐ相談を

診察費無料!オンライン診療

平日 / 土日祝ともに 10:00‐17:00

まずは、あなたの悩みをチャット相談

気軽に相談したい方はこちら!
24時間対応可能。

スカルプDクリニックはオンライン診療のポータルサイトを運営しています。予約、診療、処方薬の配送等についてはイースト駅前クリニック(医療法人社団イースト会)が行っています。