STORE

WHAT IS MINOXIDILミノキシジルとは

壮年性脱毛症の病理、ミノキシジルの薬理作用について

最終更新日:

スカルプD メディカルミノキ5(第1類医薬品)に配合しているミノキシジル。
本コラムでは、壮年性脱毛症における頭皮環境と、「ミノキシジル」の薬理作用を解説します。

sec.1 ミノキシジルとは

ミノキシジル(Minoxidil)とは薬の名前ではなく成分の名前です。スカルプD メディカルミノキ5の主成分で、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。もともと高血圧治療の内服薬として開発された成分ですが、治療中の患者に多毛が認められたことから、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました。ミノキシジルには、外用薬のほかに内服薬がありますが市販の発毛剤として認められているのは外用薬のみです。

sec.2 壮年性脱毛症の病理

壮年性脱毛症の頭皮では次のような現象が起こっています。

毛 髪 硬毛の軟毛化

成長期の毛髪の割合が減少し、細い毛髪が増えると共に抜け毛が増えます。

毛 髪 毛包のミニチュア化

成長期の毛包が十分に成長せず、早く退行期・休止期に移行してしまい、毛包が小さくなっていきます。

監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

sec.3 ヘアサイクルと壮年性脱毛症

監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

sec.4 ミノキシジルの薬理作用

ミノキシジルは毛包に直接作用して、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって、次の作用を示します。

① 休止期毛包から
成長期
(初期)毛包への
移行促進作用
② 成長期(初期)毛包から
成長期(後期)毛包への
移行促進及び維持作用
毛 髪 新しい毛の発毛を
促進させます。
毛髪の成長
を促進させます。
毛 包 休止期の毛包に作用して、
活性化させます。
小さくなった毛包を、大きく
深く成長させます。

sec.5 ヘアサイクルとミノキシジルの作用

監修:東京女子医科大学 皮膚科 前教授・講座主任 川島 眞

壮年性脱毛症チェック

sec.6 ミノキシジル以外の治療薬とは

ミノキシジル以外でAGA治療に効果があると厚生労働省が承認しているのは、抜け毛防止、脱毛進行抑制効果のある「フィナステリド」と「デュタステリド」の2種類だけ。作用、効果、副作用、使い方などを正しく知り、AGA治療に活かしてください。

フィナステリド
フィナステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで脱毛を防ぎます。フィナステリドが阻害する酵素5αリダクターゼはⅡ型。Ⅱ型は前頭部や頭頂部などの毛乳頭に多く存在しています。頭頂部や前頭部は比較的薄毛になりやすい部位。毛乳頭というのは毛母細胞に脱毛指令を出すところです。フィナステリドは、頭頂部や前頭部などの毛乳頭に多く存在する5αリダクターゼの働きを抑えることで、M字脱毛症やつむじ部分の脱毛症の進行を遅らせる効果があります。臨床試験結果によると、フィナステリドの内服48週(約1年後)で50%以上の患者が症状の改善を実感しています。フィナステリド内服薬は国内では市販されていません。フィナステリド配合の医薬品を使用するには、クリニックで医師の診察を受け処方してもらう必要があります。
デュタステリド
フィナステリドが5αリダクターゼⅡ型のみを阻害(DHTの生成を抑制)するのに対し、デュタステリドは、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型両方を阻害します。Ⅱ型は前頭部や頭頂部などの毛乳頭に多く存在することはお話ししましたが、Ⅰ型は皮脂腺に多く存在し生成されたDHTが過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いで脱毛を促しているのです。5αリダクターゼⅠ型が毛穴を塞ぎ、Ⅱ型が脱毛指令を出すことに関わることでAGAがより進行するのですが、その両方を抑え込むのがデュタステリドです。Ⅰ型に効くだけでなく、Ⅱ型への作用もフィナステリドよりも高いと言われ、フィナステリドで思うような効果が出なかった人たちでも、効果が得られるのでは、と大きな期待が寄せられています。デュタステリド内服薬もフィナステリド内服薬同様、医療用医薬品ですので、薬局、ドラッグストアでは販売されていません。使用するには、病院やクリニックを受診し、医師に処方してもらわなければなりません。