髪の先生 byアンファー
白髪の対策

白髪予防法とケア

白髪の対策2014.12

白髪予防法とケア

白髪予防法とケア

白髪予防はまず「紫外線」から頭皮を守ること

白髪の原因は、髪色のメラニンを作る色素幹細胞が老化によりなくなってしまうことが直接の原因です(詳しくは→白髪の原因へ)。髪色のメラニンを作る細胞を守るには、紫外線などによる活性酸素の発生・DNAの損傷を防ぐことが大切です。頭皮に降り注ぐ紫外線から細胞を守りましょう。

頭皮の紫外線対策

外出の際はできるだけ帽子をかぶりましょう。頭皮に日焼け止めを塗ることも有効です。クリームやジェルタイプは塗りづらいので、スプレータイプがお勧めです。使う前に、シャンプー(石鹸)で落とせるかどうか確認しましょう。

頭皮環境を守る白髪ケア・頭皮ケア

細胞にダメージを与える活性酸素の発生原因は紫外線だけではありません。頭皮の皮脂が酸化することによっても活性酸素は発生します。頭皮が乾燥することも悪影響。それだけではありません。白髪染めに含まれる脱色剤の過酸化水素水は頭皮に多大なるダメージを与えているのです。白髪を隠し美しく見せるための白髪染めが、白髪を増やす結果となってしまっては悲しいですよね。頭皮環境を守るために、保湿しながら洗浄する良質なシャンプー&トリートメントを使い、頭皮にやさしい脱色剤フリーの白髪染めトリートメントを選ぶことをお勧め します

生活習慣や食事を見直そう

寝不足やストレス、不規則な生活も白髪の原因になります。細胞は日々分裂し、新しく作り変えられています。その過程で、良質な栄養を送り込んであげなければ、細胞の老化は早くなってしまいます。また、髪色を作り出すメラニンを生成する色素幹細胞を活発に働かせるために必要なビタミン・ミネラルが豊富な食事を心がけましょう。

髪が喜ぶ栄養素一覧

ビタミンC: カラダを錆びから守る抗酸化成分の代表。フルーツや野菜に多く含まれます。
銅: メラニンの生成をサポートする成分。納豆やきなこなど大豆製品に多く含まれます。
カルシウム: 神経の伝達を助ける働きをし、イライラを軽減します。乳製品や小魚に多く含まれています。
ヨウ素: 甲状腺ホルモンをサポートする、昔から美髪を育てると言われる栄養素。昆布やわかめなどに多く含まれます。
亜鉛: 成長ホルモンをサポートする栄養素。牡蠣やレバーなどに多く含まれます。
食事で摂りづらい栄養素は、サプリメントを利用してもいいでしょう。

大豆食品と一緒にトウガラシや海苔を添えて

チロシンの吸収を高めるためには、ビタミンB6、B9と一緒に摂ることがよいとされています。ビタミンB6はトウガラシやニンニクに多く含まれています。 ビタミンB9は葉酸と呼ばれ、海苔やパン酵母に含まれています。

関連記事

PAGE TOP
-->-->