icon薄毛のギモン

乾燥にもベタベタ頭にも!頭皮ケアにはオイルマッサージが効く

乾燥にもベタベタ頭にも!頭皮ケアにはオイルマッサージが効く

頭皮をオイルマッサージすると何がいいの?

オイルには皮脂のバランスを保ち、皮脂汚れを取り除いて頭皮環境を整える効果があります。これを最大限に活かしたオイルマッサージはヘッドスパのメニューにも取り入れられているほどです。 オイルマッサージは自宅でもかんたんにできますので、ぜひ試してみましょう。 まず、頭皮のオイルマッサージの特徴、長所を確認しましょう。

頭皮のオイルマッサージをするメリットは?

オイル

頭皮の乾燥を防ぐ

ドライヤーでの乾かしすぎ、洗浄力が強すぎるシャンプーの作用などにより頭皮が乾燥することがあります。乾燥した頭皮はダメージを受けやすく、フケやかゆみの原因となり、また髪が育ちにくくなるのですが、オイルを使ったケアで皮脂バランスを整え、保湿することで乾燥を改善できます。

毛穴に詰まった皮脂・汚れを落とす

オイルが皮脂詰まりと毛穴の汚れを落とし、シャンプーの洗浄効果を高めます。 油は別の油となじみやすい性質をもっており、オイルを頭皮に塗ることで皮脂はオイルになじんで毛穴から 浮き出ます。この状態でシャンプーすることで、皮脂が浮き出て洗い流しやすくなります。 頭皮を清潔に、皮脂汚れや毛穴詰まりのない状態に保つことで、髪は育ちやすくなるのです。

頭皮の皮脂量を適度に保つ

乾燥肌の人は頭皮も乾燥しやすく、また脂性の人は頭皮の皮脂も過剰分泌されがちです。頭皮の皮脂量は少なくても多すぎても問題で、適度に保つことが理想的です。 「乾燥にも脂性にもオイルがいい」と聞くと妙に感じるかもしれませんのでそれぞれの作用をご説明しましょう。頭皮が乾燥している場合、オイルが皮脂の代わりとなって保湿の役割を果たし、頭皮環境を改善します。 頭皮の皮脂が多い場合、油分同士はなじみやすい性質があるため、ケア用のオイルによって余分な皮脂は溶かされて浮かびあがり、入浴時に落ちやすくなります。結果、適度な量の皮脂が残り、バランスが保たれるのです。

頭皮の状態が改善される

頭皮が硬い状態は血行不良で栄養が毛根に届きにくく、髪の成長の妨げにもなります。 頭皮を適切にマッサージすることで頭皮は柔らかくなって髪が育ちやすい状態になり、また血行が促進されて毛根への栄養補給につながります。 「試してみたいけど自分に合わなかったら、買ったオイルが無駄になるな…」と心配するかもしれませんが、実は食用油を使うこともできます。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

頭皮ケアにはどんなオイルがいいの?

頭皮ケアのオイルには、美容目的の専用アイテムだけでなく食用油を選ぶこともできます。とはいえ、どれでもいいというわけではありませんので、適切なものを選びましょう。

食用油のオイルマッサージ適性評価

サラダ油:★☆☆☆☆

匂いが強くないため使用時の不快感は心配ないものの、保湿効果とその持続性が他に比べて劣ります。残念ながら頭皮オイルマッサージには不向きです。

ごま油:★★★☆☆

油の中では比較的酸化しにくく、また肌に浸透しやすいため、マッサージオイルとしての適性は高めです。

オリーブオイル:★★★★☆

髪のツヤを守るオレイン酸、髪の栄養になるビタミンEやポリフェノールなどを含み、髪の栄養補給が期待できます。匂いも少なく、食用油の中では最もオイルマッサージに適しているといえるでしょう。 洗い流さないトリートメントの代用として毛先につけ、パサつきを抑えることもできます。頭皮につかないよう注意しましょう。

本当に食用油をマッサージに使ってもいいの?

手に入りやすく安価であること、兼用できることから食用油の使用を提案しました。食用、調理用ですから食事で体内に入っても問題のないものです。油の種類ごとに向き不向き、得意不得意はありますが「肌につける専用のものではないから問題だ」ということはありません。 ひとつだけ注意したいのは「化学処理されていないオイルを選ぶ」ということです。 植物油は植物から果実や種を絞って作ります。これを食用・調理用の商品にするためにさまざまな化学的な加工や他の油と混ぜるものもあります。これらは食用としても質が低く、頭皮につけるのも望ましくありません。 こうした不安なく使えるよう、エクストラバージンオイルと明記されたものを選びましょう。これは「材料を絞って生成したのみの、余計な化学処理などを施していない油」であることを指す言葉で、オリーブオイルでよく目にします。 オリーブオイルは頭皮マッサージに適性がありましたし、「オリーブのエクストラバージンオイルを選ぶ」と決めてしまってもいいでしょう。

頭皮のマッサージに向いたオイル

「せっかくだから食用以外の、頭皮ケア専用オイルを使いたい」という人もいるでしょう。代表的なものを特徴とともに紹介します。

ホホバオイル

ホホバの種子から抽出したオイルです。肌への刺激が少なく、さらさらとした手触りで肌になじみやすいのが特徴です。また酸化しにくいので長持ちします。 もともとやけど治療の殺菌用として重宝されていたことからも、肌につけるオイルとしては安心感があります。

オリーブオイル

食用以外の美容目的専用のオリーブオイルもあります。人間の皮脂に近い成分、オレイン酸が肌を乾燥から守り、保湿します。 ただしオレイン酸は頭皮に付くと洗い流しにくいため、シャンプー時に丁寧に洗い落とすことが重要です。

アルガンオイル

アルガンノキという樹木の種子から抽出したオイルです。抗酸化作用に優れたビタミンEが豊富で、アンチエイジング効果もあります。

椿オイル

古くから髪の美容に愛用されてきたオイルです。オレイン酸が豊富で保湿作用が高く、頭皮を柔らかくする作用に優れ、バリア機能もあるので外部からのダメージにも強くなります。 殺菌作用があるサポニンを含んでおり、頭皮ニキビなどの炎症への予防効果も期待できます。

馬油

馬油(ばーゆ)とは食用馬から採取した動物性油脂で、美容向きの油でもとくに人気です。頭皮と毛髪に潤いを与え、油分不足を補います。 それぞれのオイルに得意分野や香り、手触りの違いがありますし、頭皮や髪質との相性もあります。オイルを少量手に取れるショップもありますので、店頭で試してから選ぶことをお勧めします。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

頭皮のオイルマッサージ方法

使いたいオイルを選んだら、さっそく頭皮のオイルマッサージに挑戦しましょう。

頭皮のオイルマッサージ手順

直後に洗い流す必要があるので、入浴時のシャンプー前に行います。

1.ブラッシングする

先にブラッシングし、髪の表面や頭皮の汚れを浮かせます。毛の絡まりもほぐれるのでシャンプー時の効果も高まります。

2.オイルをなじませる

オイルを手のひらの上に、500円玉くらいの量をめやすにとります。手のひら全体になじませてから、指の腹を使って頭皮全体に行き渡るよう、地肌にオイルを塗ります。

3.指の腹で円を描くようにマッサージする

オイルがなじんだ頭皮の毛穴から汚れを揉み出すイメージで、頭皮全体を指でマッサージします。指の腹を軽く押しあてながら、円を描くように動かすのがコツです。爪を立てて肌を傷つけないよう注意しましょう。

4.時間をおいてなじませる

蒸しタオルやヘアーキャップで頭を覆って5~10分ほど待ち、皮脂とオイルをなじませます。保温して待つことで、効率よくオイルが浸透します。 蒸しタオルの用意は、濡らしてから絞ったタオルを電子レンジで温めるのが簡単な方法です。

5.シャワーでオイルを流す

40度以下のぬるま湯に設定したシャワーで、オイルを洗い流します。オイルになじんだ余分な皮脂や汚れも一緒に落ちます。 オイルが残らないよう、シャンプー後のすすぎよりも長めくらいの時間をかけて行ないましょう。

6.シャンプーし、洗い流す

オイルをしっかり落としてからシャンプーで洗います。頭皮の汚れは浮き出ているので、力を入れたり擦ったりする必要はありません。残ったオイルの油分を落とせるよう、泡立てとすすぎを念入りに行いましょう。 以上でオイルマッサージは終了です。オイルマッサージをした日は地肌への油分補給は済んでいるので、コンディショナーは頭皮の地肌よりも髪の毛、とくに毛先優先で使いましょう。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

オイルは保湿ケアにも有効

頭皮に使えるオイルは、オイルマッサージだけではなく保湿ケアにも使えます。頭皮の乾燥が気になる人にはとくにおすすめです。

オイルを使った頭皮の保湿ケアの手順

入浴後の髪を乾かす前に行います。オイルマッサージをした日とは別のタイミングのほうがよいでしょう。

1.タオルドライする

シャンプー後の清潔な地肌をタオルでやさしく乾かします。力を入れてごしごしと拭くと、髪や頭皮に余計なダメージを与えてしまうので、髪をはさんで軽く水気を切る程度に留めます。

2.オイルを塗る

オイルを100円玉より小さいくらいの量だけ手のひらにとり、指先につけます。1か所に多量につかないよう気をつけ、髪をかき分けて頭皮全体につけます。

3.指でマッサージする

オイルをやさしく頭皮になじませるイメージで、指の腹でマッサージします。頭皮マッサージアイテムを使うのも有効です。

4.ドライヤーで乾かす

マッサージ後、髪の水分をドライヤーで乾かします。乾かしすぎにならないよう、ドライヤーは1か所に長くあてず、こまめに位置を変えます。また完全に水分を乾かしきるのではなく、8割の乾き具合で終わらせると髪に必要な皮脂と水分を保てます。 仕上げに冷風を当ててキューティクルを引きしめます。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

髪と頭皮の乾燥防止に、オイルケアを取り入れよう

オイルと櫛と髪

頭皮は適度な皮脂量を保つことが大事です。皮脂汚れや毛穴詰まりを改善するためにも、オイルを使ったマッサージや保湿ケアで頭皮の皮脂バランスを保ちましょう。オイルは美容の専用アイテムがなければ食用油、オリーブのエクストラバージンオイルでも充分に効果があります。 頭皮の乾燥が気になる人にはとくにおすすめの方法です。オイルのサポートで乾燥を防ぎ、清潔で健康な頭皮環境を整えましょう。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!