icon薄毛のギモン

将来ちゃんと治る?
「フィナステリドの効果が出ない」という人も…効き目が分かれる理由

「フィナステリドの効果が出ない」という人も…効き目が分かれる理由

関連ワード

フィナステリドの効果・仕組み

「AGA治療のためフィナステリドを飲んでるけど、効果が感じられない…」

「他の人は変化があるのに、なぜ自分にはないんだろう」

という悩みの声をネットの口コミや体験ブログなどで目にすることがあります。治療の現場であるクリニックでも、担当医師にこのように相談する人がいるのは事実です。

 

自身がフィナステリドでの治療を提案された場合にこれらを思い出して「効き目が出ないかもしれない」「そうしたら時間もお金も無駄になるし精神的にはマイナス」と不安を抱えるかもしれません。

 

フィナステリドの効果を実感できない場合の考えられる理由、取るべき対策方法についてお話しします。

 

AGA発症の仕組み

フィナステリドの話の前に、AGA発症する仕組みを再確認しましょう。

 

⬛AGAが発症の流れ

  1.  毛根にある毛乳頭細胞の中へ5αリダクターゼという還元酵素が入り込む
  2.  男性ホルモン、テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンへ変化する
  3.  男性ホルモンのレセプター(受容体)とジヒドロテストステロンが結合
  4.  ジヒドロテストステロンの作用で毛母細胞の活動が鈍化し、髪の毛が生えなくなる

 

さらに細かくいうと、5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、2型によって作られるジヒドロテストステロンがより強力であり、AGAを発症させる可能性も高いようです。

 

さて、今回の話題、フィナステリドはAGA治療に用いられる内服薬の成分名であり、かいつまんでいえば「薄毛に効く薬の成分」です。

⬛フィナステリドの効果

  • テストステロンの作用を阻害
  • 2型の5αリダクターゼを阻害

(※1型の5αリダクターゼへの阻害作用はない)

フィナステリドはこの2つの作用により、AGA発症の原因を阻害できると期待できます。

 

注意したいのは、フィナステリドに発毛効果がない、ということです。

フィナステリドはあくまで薄毛発症の原因を阻害する薬です。フィナステリドの効果の有無について考察する前に、「毛を生やすのはフィナステリド以外の治療方法である」という前提を再認識しておきましょう。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

フィナステリドの効果が出ない理由

考える男性

引き続き「フィナステリドを使っているけど、効果を感じない」というケースについて、分析してみましょう。

 

効果を感じないケースでよくある原因

フィナステリドの効果を実感できないという患者さんは主に4つのいずれか、あるいは複数に当てはまります。

 

⬛フィナステリドの効果が実感できないときの原因

・ミノキシジルを併用していない

発毛効果のあるミノキシジル外用薬を使えば、発毛の可能性もあります。薄毛の進行を阻害するというフィナステリドの効果は「毛が生える」という効果に比べれば地味であり、実際は効いていても体感できずにいる、ということもあります。

 

・1型の5αリダクターゼが原因のAGAである

フィナステリドは2型の5αリダクターゼを阻害しますが、1型の5αリダクターゼには阻害作用がありません。1型が原因のAGA症状に対して改善が見られないのは必然ともいえます。

 

・服用期間が短い

フィナステリドは即効性のある治療薬ではないのですが、飲んで数週間で「何も変化がない」と嘆く人もいるようです。

 

・薄毛の原因がAGAではない

薄毛の原因に対する阻害効果がフィナステリドの役目です。AGAが原因の薄毛ではない場合、フィナステリドのアプローチでは改善効果を期待できません。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

フィナステリドの効果が出ない場合の対応

フィナステリドの効果が感じられない場合は、服用する薬の追加や変更も含めた対応をとり、引き続き治療を続けます。具体的にどのようなケースがあるのでしょうか

 

治療薬を追加、変更する

フィナステリドの効果を実感できない場合、まず発毛効果があるミノキシジルを併用する方法が考えられます。

アメリカの公的機関、FDA(※日本での厚生労働省の役割に近い機関)によってフィナステリド、ミノキシジルの併用による発毛効果は認定されており、「薄毛解消」というゴールをめざすうえでも合理的な判断といえるでしょう。

 

また、1型5αリダクターゼによるAGAである場合、2型5αリダクターゼに阻害効果をもつフィナステリドでは効果が期待できないため、1型、2型両方の5αリダクターゼを抑制する治療薬、デュタステリドに切り替えることになるでしょう。

 

ミノキシジル併用、デュタステリド切り替えのいずれのケースについても、フィナステリドの効果が実感しづらいことがきっかけで、その人のAGAの症状や原因について理解を深めた結果の対応が可能になったわけですから「フィナステリドを使っていた期間が無駄だった」というわけではありません。

引き続き、前向きに治療を続けましょう。

 

引き続きフィナステリド服用を続ける

フィナステリドは、最低3か月は服用を続けて効果の有無を確認しますが「3か月で効いてくる」というよりは「早い人は3か月で効果を実感できることもある」といった方が実状に近いでしょう。効く、効かないの判断のために1年間は飲み続けてほしいところです。

 

フィナステリドの服用期間と効果については、1年間服用し続けた人のうち

  • 6割の人に発毛効果が認められた
  • 4割の人に薄毛進行が止まる、あるいは遅くなる効果が認められた

というデータがあります。

1年は長い、と感じる人もいらっしゃるでしょう。ただ1年の服用でこれだけの結果を得られるのは充分に効果のある薬だといえます。

 

フィナステリドの効果が実感できない原因としてもうひとつ、AGA以外の脱毛症状である可能性があるとお伝えしました。このケースについて詳しく説明しましょう。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

AGA以外の脱毛である場合、また「すぐに生やしたい」場合の対処法

フィナステリドを1年以上服用して効果がない場合、別の脱毛症の可能性があります。

 

AGA以外の脱毛症

いくつかの脱毛症状について症状の特徴や原因を紹介します。

 

脂漏性脱毛症

毛穴から皮脂が過剰分泌され、毛穴をふさぐことで毛の成長が阻害される症状です。

皮脂で脂ぎっててかりがある、毛穴に詰まった皮脂が見えるなど、見てすぐわかるほどに皮脂分泌が過剰な状態です。毛穴で炎症が起きており、かゆみ、皮膚の赤みなどが起こります。

 

皮脂の過剰分泌により頭皮の常在菌が異常増殖することが原因です。自然治癒はほぼ期待できず、医療機関で診断と治療を受けます。治療には炎症を抑えるために抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤、ビタミンBの内服、また増殖した常在菌を殺菌するための外用薬を使用します。

 

ただ症状が進むと「これはAGAの脱毛ではなく脂漏性脱毛症だ」とわかりやすいので、この脱毛症状に効果のないフィナステリドを長期服用したすえに気づく、というケースはごく稀でしょう。

 

抜毛症

精神的な原因で起きる症状で、意識的または無意識的に自分自身で髪の毛を抜いてしまいます。

毛が抜けるというよりは「毛を抜く」ことが原因ですので、AGAを含めた他の薄毛・脱毛症状とは異なる面が多々あります。

無意識に抜いている場合が多いため、「抜くのをやめればよい」と意識しても治らないことがほとんどです。根本的な解決をめざすには心療内科で診療を受け、カウンセリングなど様々なメンタル面へのアプローチが必要です。

 

 

薄毛治療が遅すぎたならば「最後の手段」

AGAはたいてい内服薬を中心とした投薬治療です。それだけ内服薬での治療効果が高く見込めるということなのですが、かなり薄毛症状が進行した場合、率直に言えばフィナステリドにより抜け毛、薄毛の進行を止めるのでは間に合わない場合には、自毛植毛という方法もあります。

 

自毛植毛術

文字通り、自分の髪の毛を使った植毛方法です。AGAでの抜け毛、薄毛が起こりにくい後頭部から髪の毛を集め、薄毛の部分に植毛します。髪の毛をつくる組織、毛包も一緒に移植するので、植毛した部分の髪の毛は成長し、再び髪の毛が生えるようになります。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

フィナステリドの効果が見られなくても、有効な治療を続けられる

医者

フィナステリドはAGA治療に有効な薬ですが、もしも効果が感じられない場合には医師に相談しましょう。服用期間や他の症状の有無などを確認のうえ、新たな治療方針を検討してもらえるでしょう。

 

  • ミノキシジルを併用して発毛を促す
  • 1型の5αリダクターゼが原因ではないか確認、1型であれば内服薬をデュタステリドに切り替える
  • AGA以外の薄毛、脱毛と判明したらその症状にあった治療を始める
  • 自毛植毛術を検討する
  • といった対応が考えられます。薄毛治療は根気よく継続することが肝要です。あきらめずに治療を続けましょう。

予防医学のアンファーストアから抜け毛予防初心者の方へ、おすすめのケアをご提案いたします。

すでに抜け毛予防を始めている方たちの口コミ

ニックネーム 

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!