髪の先生 byアンファー

薄毛予防3原則

OTOKOドック

  • google+
  • facebook
  • twitter

編集部のおすすめ

髪のお悩み別ヘアスタイル

食事・睡眠・運動の対策

アプリのご紹介

薬用シャンプー スカルプDやエイジングケア商品の公式通販サイト(http://www.angfa-store.jp/)がお届けする公式アプリです。

髪のせんせい > ドクター直伝 本当の薄毛対策 > AGA(男性型脱毛症)とは

ドクター直伝 本当の薄毛対策

AGA(男性型脱毛症)とは

発毛治療について

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(男性型脱毛症)とは

関連ワード

代表的な薄毛であるAGA(男性型脱毛症)とは

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)のことを略して、AGAと呼びます。日本では、約1300万人の男性が悩んでいると言われています。AGAは、大きく壮年性脱毛症と若年性脱毛症のふたつにわかれます。多いのは、壮年性脱毛症で発症する世代は40〜50歳代。若年性脱毛症は20〜30歳代で、早い人だと10歳代から現れる人もいます。もしかしたら、という不安や兆候は20歳代後半~30歳代に現れる人が多いと言われています。

脱毛の状態は人それぞれですが、思春期を過ぎてから、おでこの生え際部分や頭頂部のどちらかが薄くなったり、両方とも薄くなった実感がある人は、AGAの可能性が高くなります。

発症する原因には、男性ホルモンが関係しています。思春期を迎えると男性ホルモンの分泌が盛んになります。男性ホルモンの中の“テストステロン”が、毛根にある5α還元酵素の働きで、“ジヒドロテストステロン”という成分に変わります。この成分が毛根を萎縮させてしまい、毛髪の成長に影響を与えてしまうことで、AGAは発症するのです。

また、遺伝も関与していると考えられています。

アドバイス

次のチェック項目に心当たりがある人は、AGAの初期症状が始まっているかもしれません。

●抜け毛が毎日トータルで100本以上

●短く切れる細い毛が増えた。

●毛が細くなった気がする

●毛が伸びない

●地肌が透けて見える

●髪のセットに時間がかかるようになった

●頭皮が脂っぽい

●髪が少なくなることに対する不安が大きくなった

 

上のチェックに当てはまった人だけでなく、AGAかどうか判断できない人は、発毛治療専門クリニックの受診をおすすめします。

そのほか髪の毛に関するギモンや質問は、ドクターに相談のコンテンツから直接頭髪専門医が解答してくださいますので、ぜひ投稿してみてください!

関連ワード

関連記事

髪に関するお悩みはドクターに相談

ドクターに相談する 髪の毛に関する気になる疑問や悩みにドクターがお答えします。

ニックネーム※必須
性別※必須
年代※必須
相談内容※必須

相談する際に、症状がわかる画像などがあれば送付してください。

画像

ファイルを選択選択

相談にあたっての注意
  • ※すべての相談にお答えできるわけではありません。
  • ※採用・不採用に関するお問い合わせはお受け致し兼ねます。Webサイトへの掲載をもって発表とさせて頂きます。
  • ※質問内容を掲載させて頂くにあたり、文言を一部変更させて頂く場合もございますので、予めご了承下さい。
  • ※個人が特定できる画像を送付された場合、一部加工をさせていただく場合がございます。予めご了承下さい。

投稿ありがとうございました!

ドクターから回答がありましたらアップさせていただきます。
更新情報をチェックしてお待ちください!

  • ※すべての相談にお答えできるわけではありません。
  • ※採用・不採用に関するお問い合わせはお受け致し兼ねます。Webサイトへの掲載をもって発表とさせて頂きます。
  • ※質問内容を掲載させて頂くにあたり、文言を一部変更させて頂く場合もございますので、予めご了承下さい。
  • ※個人が特定できる画像を送付された場合、一部加工をさせていただく場合がございます。予めご了承下さい。

髪のせんせいのコンテンツ一覧

編集部のおすすめ

髪のお悩み別ヘアスタイル

食事・睡眠・運動の対策

アプリのご紹介

薬用シャンプー スカルプDやエイジングケア商品の公式通販サイト(http://www.angfa-store.jp/)がお届けする公式アプリです。

PAGE TOP
^