icon本当の薄毛対策

発毛治療について
育毛剤を使う?AGA治療薬を選ぶ?費用や効果を徹底比較

育毛剤を使う?AGA治療薬を選ぶ?費用や効果を徹底比較

関連ワード

AGA治療薬と育毛剤を徹底比較

 

髪を気にする男性

薄毛が気になり何か手を打とうと思ったとき、育毛剤を使うか、それともAGA治療を受けるかで迷う人もいるでしょう。そもそも育毛剤とは何なのか、薄毛の治療とは具体的にどんなことをするのかもわからない人のほうが多いのではないでしょうか。 育毛剤とAGAの治療薬、それぞれの基礎知識を確認したうえで、自分にはどちらが向いているかを判断しましょう。それぞれの長所、費用や効果の違いなど、気になる要素ごとに比較します。

治療薬と育毛剤の比較

AGA治療は、クリニックで専門医の診察を受け、処方された薬を服用して経過を見る投薬治療が中心です。AGA治療薬と育毛剤を気になる要素ごとに比較し、違いを確認しましょう。

月あたりの費用

AGA治療薬:1万円前後~
育毛剤:5千円前後
AGA治療は保険適用外で自由診療となるため、クリニックにより費用は異なります。また症状や進行度合いによっては複数の薬を併用することもあります。 おおむね月1度の通院で1万円前後の費用が相場といえるでしょう。 育毛剤もメーカーや商品ごとに値段は異なりますが、おおむね5千円以下のものが多く、気軽に手を出しやすいですね。 治療薬も育毛剤も、継続することが前提ですから、「この費用で済む」というわけではありません。

効果

AGA治療薬:薄毛を改善する 育毛剤:進行を遅らせる 薬のほうが効果は高く、また薄毛対策としての効能もはっきりとうたわれています。育毛剤はAGAを改善するほどの効果はなく、症状がかなり進んでいる人は治療から始めたほうがよいでしょう。 ただし、薬の効果が高いということは副作用が起きる可能性も高まります。とはいえ治療薬は医師が診察の結果を踏まえて処方しますから、危険な賭けに出るわけではありません。 なお副作用は、ごくわずかな発症率ではありますがED、性欲減退、精子量の減少などが報告されています。

成分

AGA治療薬:効果が高いものが使われている 育毛剤:効果の出方が穏やか 効果の比較結果と重複する部分が多くなりますが、治療薬は効果を期待できる成分を効果が出る量だけ配合していますし、医師が必要と判断すれば濃度や用量を上げることもできます。 ただ育毛剤に効果が期待できないわけではなく、髪や頭皮の栄養補給を意識するなど、商品ごとにさまざまなアプローチで作用します。

比較の結果をまとめると…

育毛剤は薄毛の進行を遅らせたい人や、早めに予防対策を始めたいという人に、AGA治療薬はすでに薄毛の症状が始まっている人や、かなり進んでいる人に向いています。

AGA治療薬と育毛剤、それぞれどんな人に向いている?

続いて、互いの比較結果ではなく、それぞれの特徴から「AGA治療薬が向いている人」「育毛剤が向いている人」を判定しましょう。

こんな人は…AGA治療薬を選ぼう

  • 育毛剤を使い、効果を実感できなかった
  • 育毛剤の匂いが苦手だ
  • どうせなら高い育毛効果を期待したい
  • 薄毛がすでにかなり進行している

育毛剤を試したものの、効果が感じられない、使い心地が好きではない、という人はAGA治療薬を試してみるとよいでしょう。 また、AGAの症状がかなり進んでいる場合はAGA治療薬を選びましょう。 ざっくりと言うと、「体内の男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素により強力な男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、これが育毛を阻害して脱毛を促す」、これがAGA発症の原因と過程です。 AGA治療薬はそれぞれ効果が異なる複数の種類が存在しますが、

  • 5αリダクターゼを抑制する(ジヒドロテストステロンに変わるのを防ぐ)
  • ジヒドロテストステロンを抑制する(育毛阻害や脱毛促進を阻む)
  • 発毛を促進する(塗った部分の血行を良くして髪が生え、育ちやすい状態にする)

といったものがあります。 明確に症状が現れているならば、このようにAGAの過程それぞれに作用する薬の中から症状の種類と進行度合いにあわせて、直接的に解決策を図ることができるのです。 治療薬はAGA専門治療を行なっているクリニックで処方してもらうのが一番です。 メンズヘルスクリニック東京AGA専門外来を据え、治療実績も豊富です。170万人ものAGA治療をしてきたというのですから、もはや「膨大」といったほうが正確かもしれません。これだけの実績があるのですから信頼できますよね。 信頼できるクリニック選びはAGA治療の重要なポイントです。 また本格的に治療に取り組みたいが費用面が心配、という人にも安心です。 治療費用はサイトに明確に提示されていますし、初回診察時のカウンセリング時にも確認できます。薬の処方のみなら、月あたり1万円前後ですし、「もっと積極的に治療に取り組みたい」という人は、積極的な発毛治療を行う「アドバンスト治療」を選ぶこともできます。 また「診療を受けるかどうかを相談したい」という段階であれば、無料のカウンセリングのみの実施も可能です。

こんな人は…育毛剤を選ぼう

  • 薄毛予防を早めに始めたい
  • 頭皮環境を整えたい
  • 自宅近くにAGA専門クリニックがない
  • AGA治療薬の副作用が心配だ
  • あまりお金をかけたくない
  • AGAが原因ではない薄毛、脱毛症状がある

AGAは年齢とともに進行しますから、まだ若いうち、症状がないときから副作用のリスクを考慮しつつ治療薬を…というのは考えすぎでしょう。 ※ただし20代では発症率が低いというだけで、発症する人もいますし、10代からの発症も報告されています まだ薄毛ではないけど予防の意味で対策をしたいという人は、育毛剤からスタートしましょう。AGA治療薬と比べると価格も手ごろで「試してみたい、始めたい」という気持ちにはぴったりです。 また、薄毛の原因は必ずしもAGAとは限りません。ストレスや生活習慣の乱れ、栄養不足、毛穴の皮脂詰まりなど様々です。これらが原因の薄毛であれば、育毛剤を取り入れながら、それぞれの原因に向いた対応を始めるほうがよいでしょう。 おすすめの育毛剤はスカルプD スカルプジェット<http://www.angfa-store.jp/ITEM/SDJTN000A1>です。 頭皮と毛根に届けたい栄養素や有効成分を配合し、また特殊ノズルのジェット噴射で気になる部位にピンポイントで届けます。 ジェットの爽快感がクセになる、という愛用者が多く、忘れず習慣にできる点からも効果を期待できます。様々な有効成分を配合していながら、3,240円(税込)と手ごろなのもうれしい特徴です。

スカルプジェット

スカルプD スカルプジェット

育毛剤か治療薬か、進行度合いで選ぼう

男性の頭部

AGA治療薬も育毛剤もそれぞれの長所があります。

  • AGAの薄毛が進行していて、改善したいならば治療薬を
  • 薄毛を予防したい、進行を遅らせたいならば育毛剤を

と考えるとよいでしょう。 それ以外にも「気長に安心して対策するなら育毛剤、医師と相談して副作用のリスクを抑えながら真剣に改善を図るならAGA治療薬」など、自分が優先したい考え方によっても判断できます。ここまでに挙げた判断材料をもとに検討してみましょう。 もちろん、「クリニックで治療薬を処方してもらいながら、毎日育毛剤で念入りにケアをする」という併用も可能です。

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!