icon本当の薄毛対策

ヘアスタイルのこと
軟毛でお困りの人へ 髪をキープさせるスタイリング方法

軟毛でお困りの人へ 髪をキープさせるスタイリング方法

関連ワード

よく使われる3種類のヘアワックスの違い

  1. ファイバー系

キープ&セット力:◯

ツヤ感:◎

ボリューム:×

扱いやすさ:◎

 

細かい繊維が入っているファイバー系ヘアワックスは、固めで伸びがいいのが特徴です。油分が多めで髪にツヤがでますので、髪のボリュームを抑えたい人に選ばれるヘアワックスです。簡単に毛先に動きをつけることができて、スタイルを作りやすくなっています。

 

ただ、髪質がやわらかい人の場合は、髪がヘアワックスの重みに耐えられずに崩れてしまうので注意が必要です。

 

  1. マット系(クレイ系)

キープ&セット力:◎

ツヤ感:×

ボリューム:◎

扱いやすさ:△

 

マット系のヘアワックスは、ファイバー系とは反対にツヤ感がまったくでないワックスです。油分が少なく、髪のテカリを抑えてより自然な仕上がりにできます。

軟毛の人でも髪にふんわりとした動きをつけることができ、スタイリングも崩れにくいのが特徴です。ですが伸びが悪く、うまくつけないと髪に固まりができてしまうので、少々コツが必要になります。

 

  1. クリーム系

キープ&セット力:◯

ツヤ感:◯

ボリューム:◯

扱いやすさ:◯

 

クリーム系はちょうどマット系とクリーム系の間のような使い心地です。マット系よりも伸びてツヤ感があり、ファイバー系よりも髪にボリュームをつけやすいヘアワックスです。目立った特徴がないぶん、ほどよいボリューム感とツヤ感で、はば広いスタイリングに対応することができます。髪質であまり左右されない使い心地ですが、軟毛の人にとってはキープ力が物足りないと感じてしまうかもしれません。

 

軟毛の人向きのヘアワックスはどれか

大きく分けてヘアワックスにはファイバー系・マット系・クリーム系の3種類がありますが、ショートの軟毛の人に向いているものはマット系(クレイ系)です。

 

理由として、軟毛の人が油分の多いヘアワックスを使うとヘアワックスの重みに負けて髪がつぶれてしまうからです。だから、油分のほとんどないマット系ワックスが最適です。

髪のスタイリングはブローが重要

ヘアスタイリングの道具

男性はタオルドライだけで、ドライヤーを利用しなくても充分だと思っている人も多いでしょう。ですが、男性のヘアスタイルの良し悪しはほとんどがドライヤーで決まります。

 

髪というのは濡れると水素結合が切れて、やわらかい状態になります。そして、水素結合が切れた髪が乾くと、ふたたび水素が結合し髪に癖がつきます。ドライヤーをつかったスタイリングは、この性質を利用します。

 

髪を充分に乾かさずにヘアワックスをつけると、意図しない方向に癖がついてしまうので、ワックスをつける前に、ドライヤーでヘアスタイルをととのえるのが重要です。

 

さて、ドライヤーで髪を乾かして、ヘアワックスでセットするまでの一例を紹介します。

 

基本のブロー方法

  1. 髪を濡らし、タオルドライで全体的に水気をふきとります。
  2. 髪は毛先に比べて根元のほうが乾きにくいため、ドライヤーをつかって髪の根元に温風をあてるようにして、乾かします。
  3. 髪が8割がた乾いてきたら、ヘアブラシを使って髪を流したい方向にブローしながら、ドライヤーで乾かします。
    くせ毛をまっすぐにしたい場合は、髪を頭皮に押し付けるようにブローします。ボリュームを出したい場合は、髪を下から毛先に向かって持ちあげるようにブローします。
  4. 髪のセットが終わったら、ドライヤーを冷風モードにして髪の毛全体を冷やします。最後に冷風をあてることで、熱で開いた髪のキューティクルを閉じさせることができます。キューティクルが閉じることで髪を保護することができ、髪にツヤがでてきます。

 

ヘアワックスのつけ方

  1. まず、適量のワックスを手にとります。一度にたくさんつけすぎると、ヘアワックスが上手く伸びないので、最初は大豆1粒くらいの大きさを手にとりましょう。
  2. 手に取ったヘアワックスを手のひら全体に伸ばしていきます。半透明になるまで伸ばしてください。
  3. 髪の根元からヘアワックスをつけます。このときヘアワックスが地肌につかないよう気をつけてください。
  4. ヘアワックスが足りなければ、また1~3の工程を行ってください
  5. 手ぐしで髪全体をととのえていきます。髪のボリュームをつぶしてしまったときは、また根元から立ち上げましょう。
  6. 毛先をととのえます。毛束感をだしたいときは、髪を優しくねじりましょう。
  7. ヘアスタイルをキープするために、ヘアスプレーを髪の毛全体に薄く吹きかけて完了です。ヘアスプレーを髪から30cm離して使用するのが、薄く吹きかけるコツです。

2種類のヘアワックスを混ぜ合わせて使う

異なるヘアワックスの特性を組み合わせる

ヘアワックスの使用に慣れてくると、「使い心地はいいけれど伸びが足りない」、「キープ力はいいけれど、もうちょっとボリュームをだしたい」といった考えが生じるはずです。

 

すると、自分が理想とするヘアワックスを探すために、いろんな商品を購入しては試すといったことになりがちです。

 

そこで、ヘアワックスを混ぜるという方法を試してみてはいかがでしょうか。たとえば、マット系とクリーム系のヘアワックスを混ぜることで、マット系の強みを活かしながら、マット系が苦手としているツヤを補うことができます。この方法を使えば、新しくワックスを購入する費用を抑えられますよ。

 

混ぜるときのポイント

ヘアワックスを混ぜるときに気をつけることは、「なるべく同一ブランドのヘアワックスを使用する」ということです。別ブランドのヘアワックス同士がいけないというわけではありませんが、同一ブランドのヘアワックスを使用すると、ワックス同士の良さを引き立てながら上手に配合させることができます。

 

また、混ぜ合わせるときは2種類までにするのがいいでしょう。3種類以上混ぜてしまうと、どうしても配合が難しくなります。

 

ヘアスプレーでキープ力をサポート

さらにしっかりスタイリングをキープするために、ヘアスプレーをとりいれるのも効果的です。おすすめのヘアスプレーは、<スカルプD Dスタイル スプレー デザインフリーズ>です。

 スカルプDスプレー

 

ヘアワックスでととのえた髪にデザインフリーズを使用することで、軟毛の人でもヘアスタイルをキープすることができます。また高いキープ力をありながらも、お湯で簡単に落とすことができるのも魅力です。

 

さらに、デザインフリーズはヘアスタイルをキープすることだけでなく、頭皮の環境を考えた育毛成分が配合されています。これこそ、このヘアスプレーの最大のメリットです。

軟毛でもヘアスタイルはキープできる

おしゃれな男性

いかがでしたでしょうか。軟毛に適したヘアワックスやヘアスプレーを選び、正しいスタイリング方法を行うことで、1日通してヘアスタイルをキープすることができます。

 

まずは、軟毛に最適なヘアワックスを見つけて、理想のヘアスタイルをキープしましょう。

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!