icon本当の薄毛対策

道具の選び方・使い方
ヘルメットではげる心配をしている男性必見!はげないための対策方法

ヘルメットではげる心配をしている男性必見!はげないための対策方法

ヘルメットをかぶるとはげる4つの原因

ヘルメットをかぶるとはげる可能性が高くなる理由として、摩擦、蒸れ、雑菌、血行不良の4つが挙げられます。それぞれについて、くわしく検証していきましょう。

摩擦

ヘルメットを着用している時に、頭が揺れるような動きをすると、ヘルメットと頭皮とが擦れます。痛みを感じないようなごく軽い摩擦でも、何度も擦れることによって頭皮に傷がついてしまいます。摩擦に限らず頭皮や髪の毛が刺激を受けると毛根が弱まり、抜けやすくなるのではげる原因となるのです。 バイク用のフルフェイスヘルメットは、しっかり固定されるので摩擦は起きにくいです。しかし工事現場で着用する工事用ヘルメットの場合は固定が不充分なため、摩擦が生じやすくなるので注意しましょう。

蒸れ

ヘルメットは帽子よりも密着度が高く、中のクッション素材の厚みもあって、非常に蒸れやすい構造になっています。そのため、長時間着用していると夏場はもちろん冬場でも蒸れてしまいます。 頭皮が蒸れて、汗や皮脂が過剰分泌されると、頭皮の毛穴が詰まりやすくなります。すると、頭皮環境の悪化を招き、抜け毛を引き起こしてしまうのです。

雑菌

ヘルメットを洗ったことがあるという人はほとんどいないと思いますが、実はヘルメットの内部は雑菌であふれています。ヘルメットには頭皮の皮脂や汗、汚れなどが付着しているため、雑菌が繁殖しやすい環境になっているのです。 雑菌が繁殖しているヘルメットが蒸れた頭皮に付着すると、さらに雑菌が増えて頭皮は炎症を起こしてしまいます。頭皮の炎症は毛根のダメージとなってヘアサイクルを見出し、薄毛の原因となるのです。

血行不良

頭のサイズより小さめのヘルメットを着用していたり、アゴひもを強く締め過ぎたりすることによって、頭が締め付けられてしまいます。また作業によって汗をかいて体内の水分量が少なくなると、血液がドロドロになります。そのため血行が悪くなってしまいます。頭皮が血行不良になると、育毛に必要な酸素や栄養素が届かなくなり、髪が弱まってしまうのです。 ヘルメットをかぶるだけで薄毛を招く原因がこんなにあるとは、想像もしていなかったかもしれません。 「原因はわかったけど、仕事上ヘルメットは必ずかぶらないといけない、どうすればいいんだ?」という不安をもった人のために、効果的な対策方法を提案します。

ヘルメットではげないための対策方法

手のひらの上のメジャー

ここで紹介する対策方法は、全て簡単でシンプル、すぐにできるものばかりです。

ヘルメットの下に専用のアンダーキャップをかぶる

まずは摩擦対策です。ヘルメットの下にかぶる専用の「アンダーキャップ」という帽子をかぶることで摩擦を軽減できます。直接クッション素材に頭皮が触れないですし、汗や皮脂を吸収してくれるというメリットもあります。 タオルを巻いてその上にヘルメットをかぶっている人も多いようですが、ヘルメットがずれて外れる、タオルがずれ落ちてきて視界をふさぐ、などの危険性があるので避けましょう。

通気性が良いヘルメットを選ぶ

ヘルメットにはさまざまな機能を付加したものがあり、通気性が良いもの、また内部構造の工夫で風通しが良いものもあります。これらを選べば蒸れはかなり軽減できるでしょう。価格3千円程度のお手頃なものでも、通気性の高さをアピールしたものがあります。 またファンが付いたヘルメットもおすすめです。主に夏場の使用を前提にしたもので、ヘルメット自体に扇風機が付いているので強制的にヘルメット内の湿った空気を吹き飛ばしてくれますし、暑い日や温度の高い現場でも涼しく過ごせます。こちらは5千~1万円程度で購入できます。 今使っているヘルメットの通気性が悪いという人は、買い替えをおすすめします。

ヘルメットを洗う

ヘルメット内を清潔に保つためにも、定期的に洗うようにしましょう。

ヘルメットの洗い方

  1. 内装を分解して、きれいなタオルで汚れを拭き取る (※構造が複雑なものを使っている人、再度組み立てるのに不安がある人は、分解せずに拭き取る)
  2. 耳アゴひもを取り外し、中性洗剤で丸洗いする
  3. 直射日光に当ててしっかり乾燥させる
  4. 乾燥したら各パーツを組み立てて元に戻す

ていねいに洗う、拭きとることも大事ですが、しっかり乾燥させることも大事です。生乾きの状態では雑菌が繁殖して掃除の効果がなくなってしまいますし、いやな臭いの原因となります。天日干しでしっかり乾かしましょう。 また使用後の保管には風通しのよい場所を選ぶ、ヘルメットを容器がわりにして何かを詰めたりしない、といった日々の心がけも必要です。

自分に合ったサイズのヘルメットを使う

工事用ヘルメットは、ヘッドバンドのアジャスターで調整できますが、一般的な調節範囲は55センチ~62センチです。約10センチの調整は可能ですが、頭が大きめの人がぎりぎりまで大きめに調節してかぶっても窮屈に感じるでしょうし、血行不良の原因になる可能性もあります。 工事用ヘルメット専門店では、最大65センチまでと大きいサイズのヘルメットも取り扱っています。一般的なヘルメットでサイズが合わない場合、職場支給のものでサイズが合わない場合は、大きいサイズのヘルメットを探してみましょう。

できる対策から始めてみよう

ガッツポーズする作業員姿の男性

ヘルメットではげる原因と対策方法をまとめると、次のようになります。

 

  • 摩擦:ヘルメットの下にアンダーキャップをかぶる
  • 蒸れ:通気性が良いヘルメットをかぶる
  • 雑菌:ヘルメットを洗う
  • 血行不良:自分に合ったサイズのヘルメットを選ぶ

 

ヘルメットは頭部を衝撃から守るために作られたもので、髪や頭皮の環境を保つことについては2の次どころか考えられていないものがほとんどです。そのため自分の髪の毛を守るには、自分自身で対策をする必要があります。

今回ご提案した方法の中から、まずはできることから始めてみてください。

今までヘルメットを洗ったことがないという人は、今日にでもヘルメットを洗って清潔にしましょう!

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!