icon本当の薄毛対策

メンタルケアも
ストレスと抜け毛の関係って?原因と対策を徹底解剖

ストレスと抜け毛の関係って?原因と対策を徹底解剖

関連ワード

■もしかしてストレス?こんな抜け毛の症状は要注意

鏡を見ながら頭を触る女の人

正しい方法でシャンプーをしていなかったり、ブラッシングをしすぎていたりと、抜け毛の原因はさまざまです。中には、ストレスが原因で抜け毛の症状が現れている場合もあります。ストレスが原因で起こる抜け毛には、以下の症状があげられます。

 

・円形脱毛症

円形脱毛症は、ストレスが引き金で現れる抜け毛の代表的な症状です。その名称から分かるとおり、円形に髪の毛が抜けてしまう特徴があります。小さな子どもから大人まで発症する症状で、30代以下の若年期に発症することが多いとされています。一度発症すると、別の場所で再発するケースもよくみられるので根気強い治療が必要です。

 

・びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、女性の脱毛の中で最もよく知られている症状です。髪の毛が突然抜け落ちるのではなく、頭髪全体が少しずつ均等に薄くなっていくのが大きな特徴です。髪のボリュームが減ってしまい、髪型のオシャレが楽しめなくなるので女性にとっては非常に深刻な悩みです。びまん性脱毛症を発症するのは、40代以上の女性が多いとされています。その一方で、20代から30代で発症するケースも増えてきています。

 

・女性男性型脱毛症

「FAGA」とも呼ばれる症状です。女性の体内には女性ホルモンだけでなく男性ホルモンも存在しており、普段は女性ホルモンのほうが圧倒的に多く存在しています。女性ホルモンには健康で美しい髪の毛を育てる役割がありますが、分泌量がストレスなどにより衰えると男性ホルモンの影響が強くなり、女性であっても男性型脱毛症を発症してしまうのです。

 

・毛根が変色する

抜けた毛を確認して、毛根が黒ずんで見えた場合、ストレスが関係していると考えられます。ストレスによって血行不良が起こると、抜けた毛の毛根が黒ずんで見えることがあります。加えて、ストレスが引き金で色素細胞に異常が起こり、抜け毛の毛根が黒く変色するケースもみられます。

 

ストレスで引き起こされる抜け毛の症状はさまざまです。こうした症状に悩まされているのであれば、まずは生活習慣を見直してストレスの軽減に努めることが大切です。

■ストレスが抜け毛を引き起こす理由

うなだれている男性

上述したとおり、ストレスは抜け毛を引き起こす要因のひとつだとされています。そのメカニズムのいくつかを、以下で解説します。

 

・血行不良

心身にストレスが蓄積すると自律神経が乱れ、血行不良が引き起こされます。血行不良が起こると、必要な栄養が毛根まで行き渡らずに、髪の毛が弱ってしまいます。その結果、抜け毛の症状が現れるのです。

 

・亜鉛不足

心身がストレスを感じると、「亜鉛」という栄養素を大量消費して自律神経や内分泌系の働きを正常に保とうとします。亜鉛とは髪の毛を形成するのに必要な栄養素のひとつで、豚レバーや生牡蠣などの食材に多く含まれています。ストレスによって亜鉛が不足すると、タンパク質が十分に生成されなくなり薄毛や抜け毛につながってしまうのです。さらに、髪の毛の正常なサイクルに悪影響を与える「5αリダクターゼ」の分泌が抑制できなくなり、薄毛や抜け毛の症状が進行してしまうことも考えられます。

 

・睡眠不足

睡眠不足も、抜け毛が発生する原因のひとつです。これには、夜間に分泌される成長ホルモンが大きく関係しています。成長ホルモンの分泌は、夜22時から深夜2時の間に活発化するとされています。睡眠がきちんと取れていなければ、成長ホルモンが十分に分泌されずに髪の毛の成長が阻害されてしまいます。その結果、丈夫な髪の毛が育ちにくく抜け毛が増えてしまうのです。

睡眠不足は、体の新陳代謝を滞らせる原因でもあります。新陳代謝が悪いと血行不良につながり、髪の毛が十分な栄養を補給できず抜けやすくなってしまいます。

 

睡眠不足は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体をリラックスさせる副交感神経が鈍ることで引き起こされます。良質な睡眠を取って抜け毛を防止するためにも、ストレスの軽減にはしっかりと取り組みましょう。

■ストレスが原因の抜け毛は回復できるのか?

ストレスにより毛が多く抜けてしまっても、その部分はずっとそのままなのではなく、強いストレスを感じなくなることで次第に次の髪の毛が増えてくる可能性があります。抜け毛の症状がひどいのであれば、適切な治療を受けることが一番の対策ですが、ストレス環境から脱することにも努めるようにしましょう。

■ストレスが原因の抜け毛回復法

抜け毛を予防・改善するためには、日常的なストレスを解消することが大切です。健康的な食事メニューを意識したり、入浴や睡眠などリラックスする時間を見直したりして、ストレスの解消に努めていきましょう。以下で、具体的な方法をいくつかご紹介します。

 

・食事

まずは、普段の食事メニューを見直してみましょう。健康で抜けにくい髪の毛を作るためには、タンパク質やミネラル、亜鉛などさまざまな栄養が不可欠です。例えば亜鉛は、髪の毛を作るのに必要なケラチンを合成する働きがあります。亜鉛を多く含む食べ物は、豚レバーや生牡蠣、チーズや豆類などがあげられ、普段の食卓に取り入れやすいのが特徴です。加えて、亜鉛はクエン酸やビタミンC、動物性タンパク質と一緒に摂ると吸収率が高まります。レモンや梅干し、鶏のささみといった食材と一緒に摂取するよう意識してみましょう。

 

・睡眠

上記で解説したとおり、睡眠不足は抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。成長ホルモンの分泌が活発になる夜22時までにしっかりと睡眠を取るよう意識しましょう。

 

・運動

適度な運動をすると、血行が促進されて体全体の新陳代謝アップが見込めます。その結果、頭皮や毛根にも栄養が行き渡りやすくなり、健康な髪の毛を作ることができます。さらに、ジョギングやウォーキング、水泳といった有酸素運動はセロトニンなどの伝達物質を増加させ、多幸感を生む効果も期待できます。したがって、血行促進だけでなくストレス解消にも適しているといえるのです。

 

・入浴

普段の入浴方法についても、見直すことが大切です。シャワーでサッと済ませるのではなく、湯船にお湯を張ってしっかりと体を温めるようにしましょう。体全体が温まることで血行が促進されるので、頭皮にも必要な栄養が行き渡りやすくなります。

 

・趣味

できるだけ趣味の時間を作って、ストレスの軽減に努めてみましょう。「趣味がない」という方は、これを機に親しい友人と一緒に趣味を見つけたり、新しいことに挑戦したりしてみてください。

 

・休息

音楽鑑賞や映画鑑賞、旅行など好きなことを楽しむ時間をできるだけ作りましょう。上手に気分転換をすることが大切です。

 

・クリニックで治療を受ける

抜け毛を効率的に改善したいのであれば、クリニックに通うのもおすすめです。専門医師の診断で、自身の体質や抜け毛のタイプを正確に把握することができます。自身に合った治療のタイプも選ぶことができるので、効率的に薄毛を予防・改善できます。まずは各種費用や治療の流れなどを事前に確認し、信頼できるクリニックを見つけるところから始めましょう。

■ストレスと上手に向き合って抜け毛を減らそう

体のさまざまな部分に悪影響をもたらすストレスは、抜け毛の原因にもなります。ストレスの解消は、抜け毛の改善にもつながるのです。この機会に、ストレスと上手く向き合う方法を模索して、抜け毛の予防・改善に努めていきましょう。

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • 髪に関するQ&A
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関するよくある質問に発毛クリニックの専門ドクターに答えてもらいました。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!