icon本当の薄毛対策

食事のこと
どれぐらいの飲酒なら許されるの? アルコールは薄毛に関係する?

どれぐらいの飲酒なら許されるの? アルコールは薄毛に関係する?

関連ワード

アルコール分解に髪の生育に必要な栄養素が奪われてしまうことも!

タバコだけでなく、お酒も髪に影響することがわかってきました。

大きく4つの理由があります。

 

①お酒を飲むと、アルコールを分解しようと肝臓では、アセトアルデヒドという有害物質が発生します。お酒を飲んで酔っ払うのもこのアセトアルデヒドの仕業です。この有害物質のアセトアルデヒドは、それ自身も極めて毒性が強いのですが、蛋白質への反応性も高く側鎖と結合し、様々な悪影響を引き起こします。

 

②アルコールを飲み過ぎると利尿作用が活発化されて、脱水症状が起きます。適度なアルコールは私たちの血流をよくする作用がありますが、飲み過ぎると逆にこの脱水症状で血流も悪くなってしまうのです。血流の悪化は頭皮にも髪にも悪影響を与えてしまいます。

 

③適度なアルコールは、ストレス解消にもなりますが、飲みすぎというレベルになると逆に生体へのストレスを増やし、ストレスホルモンの分泌を促し、気持ちが高ぶってイライラしたり、心が乱れたりします。ストレスも薄毛にはよくありません。

 

④メタボと薄毛には因果関係があることがわかってきました。お酒は、糖質が高いものが多く、さらに、味が濃く、脂っこいおつまみをついつい食べ過ぎてしまうという傾向も否めません。深酒の〆はラーメン、なんていうのは最悪です。脂っこいものは頭皮の皮脂分泌にも影響を及ぼし、頭皮環境を悪くしてしまうこともあるのです。

 

こういった理由から、過度なアルコールはおすすめできないのです。

 

アルコールの「適量」=ほどほどでやめる量

アルコールは適量ならばいいと説明しましたが、この適量とはどれぐらいの量なのでしょうか。

アルコールを分解できる能力などによって、その量は異なりますが、目安としては、ある程度飲める人で、ビールなら500mlぐらいワインなら1/4本までが適量の目安です。ただこれは人それぞれなので、酔うほどではなく、気持ちよいところのほどほどで終わるのが理想です。

 

仕事や付き合いなどでどうしても飲まないといけない場合は、チェイサーなどを用意して、アルコールの量を調節するよう心がけましょう。また、炭水化物中心のおつまみは控え、脂肪分が少ない焼き鳥や焼き魚などをでしっかりタンパク質を補うことも重要です。

  • 薄毛のギモン
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛や抜け毛に関するギモンを、あなたの薄毛の進行度合いに合わせてドクター が解決します!

  • 本当の薄毛対策
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    薄毛対策は日々のケアが大切です。何気なく使っているアイテムが実は薄毛を招く原因かも!?本当の薄毛対策をご紹介。

  • 髪の雑学
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    あらゆるジャンルの専門家に聞く“頭髪”の雑学!知っているようで意外に知らない髪の毛に関する情報を毎週更新していきます!

  • 髪の実態調査
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    500人にアンケート実施!見えてきた髪の毛の実態とは?

  • ドクターに相談
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    髪の毛に関する気になる疑問や悩みに、発毛クリニックの専門ドクターがお答えします。

  • 女性の悩み
    【薄毛の前兆って?】シャンプーした時にこんなにも抜け毛が!! どのくらい抜けていたら異常なの?

    他人に相談しにくい女性の薄毛や抜け毛の悩みをドクター が解決します!