解禁。スカルプDのドライヤー。

揺らす頭皮。芽生える自信。生える髪。芽生える自信。

スカルプD スカルプドライヤー5スカルプD スカルプドライヤー5
今すぐ購入する 今すぐ購入する

振動  ×温風  ×アタッチメント 付属のブラシアタッチメントを装着して、スカルプD Hモードを使用することで、振動と温風がまるでヘッドスパを受けているような心地よさを再現。さらに、頭皮ケア成分の浸透※を高めます。          ※角質層まで
振動  ×温風  ×アタッチメント 付属のブラシアタッチメントを装着して、スカルプD Hモードを使用することで、振動と温風がまるでヘッドスパを受けているような心地よさを再現。さらに、頭皮ケア成分の浸透※を高めます。          ※角質層まで

商品特徴:

1.毎分3,700回の振動と2種類の風で頭皮をサポート1.毎分3,700回の振動と2種類の風で頭皮をサポート

スカルプD Hモード

約42℃の温風・遠赤外線・毎分約3,700回の振動で、地肌をじんわり刺激。温めながら頭皮を動かすことで、理想的な頭皮環境へと導きます。

※スカルプヘッド (大) 装着、無負荷時。

スカルプD Cモード

涼風と振動で地肌に栄養とうるおいを閉じ込めます。頭皮ケア成分とヘアトニックの浸透サポート、スタイリングの仕上げにも。

※角質層まで。

2.遠赤外線×低温風でヘアドライ2.遠赤外線×低温風でヘアドライ

遠赤外線を搭載!

遠赤外線は、可視光線より波長の長い、一種の光線です。遠赤外線には、有機物に吸収されやすいという特性があり、吸収されると熱に変わるため、ものを温める効果があります。通常の熱が、熱伝導によって物質の表面を温めるのに対し、遠赤外線は物質の内部を温めるという違いがあります。

理由がある60度の低温風

一般的なドライヤーが約80~100℃の温風を採用しているのに対し、スカルプドライヤーは約60℃の温風を採用。髪への熱ダメージを低減。60℃だからこそ、高温風に比べて、キューティクルがはがれにくく、しなやかな髪を守ります。

理由

スカルプドライヤー(60℃)と80℃の温風ドライヤーを各々の毛髪に19分当てた時のダメージ指数を比較 (国立岐阜大学調べ)。

3.選べるアタッチメント3.選べるアタッチメント

スカルプヘッド(大)
太めのブラシが頭皮をやさしく包み込み、やわらかくケアします。
スカルプヘッド(小)
細めのブラシが髪をかき分け、頭皮をダイレクトにケアします。
セット用ノズル
風の広がりを抑えながらブローすることが出来ます。毛先のスタイリングなどに。

使用方法:

①シャンプーで洗髪後、軽くタオルドライ
②ドライモードで髪をいたわりながら乾かす
③スカルプD Hモードで、頭皮をじんわりもみ流す
④スカルプD モードで、もみ込む

製品情報:

  • 商品名:スカルプD スカルプドライヤー5
  • 価格:19,440円(税込)
  • 付属品:スカルプヘッド(大/小)・
        セット用ノズル
  • 消費電力:約850W (DRY運転時)
  • 温風温度:DRY運転時:
         約60℃(噴出口から10cm)/
         SCALP-D H運転時:
         約42℃(噴出口から3cm)
         [周囲温度 25℃]
  • 風量:約1.0(㎥/分)
  • 外形寸法:約W112×D194×H297mm
         (本体のみ)
  • 製品質量:約630g(本体・電源コード含む)
  • 電源コードの長さ:約1.8m

振動×浸透 振動×浸透

今すぐ購入する 今すぐ購入する
PAGE TOP